BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

南カリフォルニアで生まれた「トラヴィスマシュー」のウエアは、なぜ他のゴルフアパレルと違うのか

アメリカ南カリフォルニア生まれのライフスタイルブランド「トラヴィスマシュー」。その魅力はアメリカ西海岸のもつポテンシャルや文化と深い関わりがある。なぜトラヴィスマシューはこれ程の存在感を持つに至ったのか。彼らを紐解く短期連載、初回はブランドの成り立ちと強みについて。

世界のサーフスポット「ハンティントンビーチ」が育んだ心地良さ

 

「トラヴィスマシュー」。数あるゴルフウェアの中でも、他のどんなブランドとも似て非なる、完全なる独自性を打ち出すアメリカン・ブランドだ。そのルーツは南カリフォルニアの中心都市であるロサンジェルスから、さらに南下したハンティントンビーチにある。自治体自らが公式にサーフ・シティと名乗るほど、ハンティントンビーチはサーフィンのメッカ。安定した波が立つことから、毎年8月に世界中のファンが注目するサーフィン・ワールドカップが開催される事を知れば、それも頷けるというものだろう。

ビーチタウンとしての街の顔である大きなピアを中心にダウンタウンが栄えるハンティントンビーチは、南北13㎞に渡って砂浜に面する。アメリカ西海岸を代表するビーチタウンの一つで、延々と続く美しく整備されたパームツリーや、奥行きが50m以上にもなる広大な砂浜が特徴的。こうしたわかりやすいサーフィンカルチャーを醸成する街の出で立ちもあって、ハンティントンビーチはサーファーたちを始めに、この街を愛するローカルやビジターを魅了して止まない。

2007年、そんなサーフタウンで産声を上げたトラヴィスマシューは、ゴルフアパレルとしての機能性をキチンと備えながらも、デザインのルーツをサーフカルチャーに持つブランドだ。誕生の地ハンティントンビーチを“愛すべきローカルコミュニティー”と捉え、何処までもひろがる太平洋、広くて高い空、街全体をオレンジに染める夕陽……、そうした豊かな環境とサーフカルチャーにインスパイアされたデザインを、彼らのラインナップからは強く感じ取る事ができる。

堅苦しいスポーツ然としたゴルフウエアではなくサーフアパレルのような、自由でストレートに“着心地の良い”ゴルフウエアを生み出したいという創業者の想いが、現在のアイテムにも着実に継承されている。デザインの基本コンセプトに、クラシックやトラディショナルというキーワードを盛り込み、さらに20世紀中盤のサーフカルチャーやミュージック・シーンの影響も感じるデザインは、現在のライフスタイル全般を見据えたもので、ゴルフという特定のシチュエーションだけではなく、いつでも街着として使える事が最大の特徴である。派手な原色を避けながらブランドロゴを最低限のサイズで目立たない位置に入れるなど、フィジカルな着心地に加え、着る人の心理まで心地良くさせてしまうアレンジといえようか。

従来のスポーツウェア然としたゴルフウエアから、普段の暮らしの中でもサラッと着こなせる馴染みの良いデザインが揃っっていること。これがトラビスマシュー最大の特徴なのである。

 

 

サーフ&ゴルフ大国カリフォルニアのローカルたちが認めた上質さ

 

優れたデザイン性に加え「トラヴィスマシュー」のもう一つの特徴といえるのが機能性や着心地へのこだわりだ。ヘッドクォーターが位置する海沿いの街ハンティントンビーチは、もう少し広いエリアで捉えるとロサンジェルスを含む南カリフォルニアとも言える。温暖な気候で常に湿度が低い同地域は、コーストラインでは涼しい海風を感じ、一年中快適に過ごせる。全米だけでなく世界中の人々が憧れる、高い快適指数を誇る地域だ。 

海や山、豊富な自然にも恵まれるため様々なアクティビティが揃い、マリンスポーツはもちろん、ゴルフ場は街中も含め、星の数ほどプレーできる環境が揃っている。そんな南カリフォルニアのゴルフ場で感じるのは、それぞれのプレーヤーが本当に楽しみ、そして格好良くゴルフと付き合っているという事。前述の通り温暖な気候であり、かつ厳しすぎるドレスコードもないため、年間の殆どの季節は、ショートパンツでラウンドを楽しむ事ができる。

ファッション感度が高く、お洒落にプレーしたいという同地のゴルファーたちにとって、トラヴィスマシューの誕生は大歓迎された。既存のスポーツウエア然としたものから、ライフスタイルを感じさせるセンスの良い色彩やグラフィック、そしてシェイプが新風をもたらしたのだ。

 

 

中でもサーフ&ターフなライフスタイルを持つ彼の地のユーザーたちを魅了したのが、素材選びへの徹底したこだわりだった。商品開発において、トラヴィスマシューがデザインとともに重視しているのが、マテリアルのクオリティ感。年間になんと1万点以上のサンプル素材を調達し、その全てを徹底的にテスト。例えばハードに洗濯機や乾燥機にかけた後でも、縫い目に伸び縮みやほつれが無いかを徹底的にチェック。厳しいテストをパスしたわずか1%にも満たない素材だけを使って、商品企画とデザイン過程に進むという。その結果企画から商品が誕生するまでに、平均して18ヵ月もの時間を要するのだから、クオリティに対するこだわりは並大抵では無い。これには、北米西海岸のもう一つの側面である、高級感やハイエンドなユーザーに訴求できるブランディングと無関係ではないだろう。いずれにしても、袖を通せば誰もがブランドのこだわりを肌で感じる事ができるブランドがトラヴィスマシューなのである。

洒落ものからトッププロまでPGAプレーヤーも認めるクオリティ

キーガン・ブラッドリーもトラヴィスマシューを着用
バスケットシューズをカスタムしたゴルフシューズなど洒落者プレーヤーであるキーガン・ブラッドリーもトラヴィスマシューを着用。ZOZO選手権で久しぶりに勝利を挙げた。

 

デイリーユースに違和感のない高いファッション性やデザインに加え、スポーツウェアとしての本分もまたトラヴィスマシューのブランド価値を証明するものといえる。先日日本で開催された「ZOZOチャンピオンシップ」で優勝したキーガン・ブラッドリーに、PGAトッププロの一角であるジョン・ラーム、アマチュア時代から日本ゴルフ界のファッションアイコンであり続ける石川遼ら、彼らが「TEAM」と呼ぶアンバサダーたちによる活躍ぶりは、厳しいトーナメントの世界で、プレーヤーが高いポテンシャルを発揮するための“ギア”として彼らのウエアが選ばれている証といえるだろう。ちなみにトラヴィスマシューはゴルフ以外にも、テニスやサーフィン、バスケットにホッケー、野球の各分野で活躍する選手たちをアンバサダーとして迎えている。信頼できるウエアだからトップアスリートになれるのか、トップアスリートが選ぶから信頼にたるのか、少なくとも人気ゴルフアパレルの一角でありながら、こうした多様なアンバサダーを迎えているブランドは彼らぐらいだろう。

南カリフォルニアのサーフカルチャーやライフスタイルに由来する心地良さと着まわしやすさ、徹底した品質管理とゴルフウエアに求められる機能性。これらすべてを備えたブランドがトラヴィスマシューなのである。

 

世界のトッププレーヤー、ジョン・ラームもアンバサダー。アメリカ西海岸生まれの出自を感じるボタニカルプリントがほどこされたトラヴィスマシューを着用。
世界のトッププレーヤー、ジョン・ラームもアンバサダー。アメリカ西海岸生まれの出自を感じるボタニカルプリントがほどこされたトラヴィスマシューを着用。

 

Information

(問) TravisMathewカスタマーサービス 0120-300-147

https://www.travismathew.jp/

 

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load

x