BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

新型「クラウン モデリスタ」でパートナーと出掛ける週末ツーサムラウンドは心躍るゴルフジャーニーだ

ハンドルを握るドライバーも助手席のパートナーも、誰もが心地良くなれるゴルフビークルとはどんなものだろう。余裕を持った上質な走り、快適な空間、ライフスタイルを想像させる特別なスタイル。「クラウン・モデリスタ」とはそういう存在だと思う。

新型クラウンは旧来の価値観に捕らわれない

「セダン」、「クロスオーバー」、「エステート」、「スポーツ」の全4モデルで展開される新型クラウン。昨年シリーズ第一弾としてリリーされた「クロスオーバー」はSUVとセダンの中間的モデル。ベースモデルの流麗なデザインに磨きをかけたのが「クラウン モデリスタ」だ。

 

リフトアップされた流麗なスタイリングと刷新されたプラットフォーム。昨年16代目として発表された新型トヨタ・クラウンが“らしい”かといえば感想はそれぞれだろう。だが、ひとたび実車に触れれば、搭乗者全員が快適にすごせる空間や上質な走り、フォーマルな佇まいなど、長年培ってきたクラウンの本質は変わってはいないと多くの人が感じることができるだろう。

その証拠に新型クラウンは既存のクラウンオーナーだけでなく、積年の課題だったオーナーの若返りまで成し遂げ、好調なセールスを記録中だという。国産車か輸入車か、セダンかSUVかという旧来の価値観の外側に存する、絶対的な魅力をこのクルマはまとっていると感じる。

後部座席専用ではなく、自らハンドルを握って積極的に人生を楽しむ。そんなオーナー像が思い浮かぶのが新しいクラウンなのだ。そういう向きならばこそ、「モデリスタ」のカスタマイズは響くと思う。

 

クラウン モデリスタはオーナーのときめきを増幅する、特別なラグジュアリー

 

トヨタCROWN MODELLISTAクラウンモデリスタリアビュー
[CROWN MODELLISTA] エアロパーツセット(※塗装済422,400円)と21インチアルミホイール&タイヤセット(462,000円)などでドレスアップした一台は、メーカー直系ならではのマッチングの良さだ

 モデリスタとは、トヨタ/レクサス車向けのカスタマイズパーツの販売を手掛けているブランドだ。トヨタ直系ならではのマッチングの良さと豊富なラインナップを誇り、新型クラウンにも早速設定されている。

ドレスアップパーツというと派手な出で立ちを想像するがそこはメーカー直系。フロントスポイラー、サイド/リアスカート、カラードフェンダー、サイドドアガーニッシュといったエアロパーツ類や21インチタイヤ&ホイールで仕立て直されたルックスは、ベース車両のデザインをいかしきり、一切の後付け感がなく、クラウンの高いデザイン性をさらなる高みへと昇華する。

これならトヨタの人気車種では避けては通れない、ゴルフ場の駐車場カブり問題も心配無用。同伴競技者とのウェアやクラブのカブりを気にする御仁にもうってつけの、大人のカスタマイズといえようか。

 

 

フロントスポイラー、サイド/リアスカート、カラードフェンダー、サイドドアガーニッシュのエアロパーツセットと21インチタイヤ&ホイールなどでカスマイズされたMODELLISTA仕様。ワイド&ローが強調されよりグラマラスに。

 

ゴルファーがクラウン・モデリスタを手に入れると、例えばこんなライフスタイルが実現するのだ。

クラウン・モデリスタのある週末ゴルフライフストーリー

 

朝のスタートはゆったりめな時間に設定。リフトアップした着座位置が高めなボディは、乗降性が良いとパートナーの評判は上々。マンションのエントランスなど、ガラスに映りこむ美しいエクステリアデザインに思わず見とれてしまい、頬が緩む。

 

 

ラゲッジの容量は450Lで、9・5インチのキャディバッグが横置きで3つ搭載できるパッケージングは、ゴルフカーとしても文句なし。トランクに二人分のクラブを積みこんだら、往復100㎞程の行程となるコースへ出発。ハイブリッド仕様なので燃費も安心だ。

 

 

エンジンは時代を反映した4気筒2.5リッター、出力は137kW(186PS)/ 221Nm。ここに88kW(119.6PS)/202Nmのモーターを組み合わせたシステム上の最高出力は172kW(234PS)。4WDの安定感のある余裕のある走りは、移動にともなう疲労感を軽減してくれる。

 

 

コースへ着いたら、先日お揃いで買った「ランバンスポール」のウェアに着替えてラウンドへ。快適ドライブはスタート直後のバタバタを回避して気持ちも安定、ティショットもまずまずの位置をキープ。

 

肌触りの良いウェアはパートナーと同じブランドで揃えたリンクコーデ、食事が評判のコースの選択など、さりげない悦びの積み重ねがラウンドの記憶に彩りを加える。

 

 

ハーフ終了後、ホテルクオリティと評判のランチが美味しいコースで、パートナーもご満悦。

 

 

残り9ホール、ハーフ2時間があっという間に過ぎていく。

 

[メンズ]キャップ10,450円、モックネックシャツ28,600円、グローブ5,390円(すべてランバン スポール問デサントジャパンお客様相談室)、スニード\28,600円(マッジア問グラストンベリー)、パンツ13,200円、シューズ24,200円(ともにフットジョイ問アクシネット ジャパン インク)、その他 スタイリスト私物。

 

[レディス]サンバイザー14,300円、ベスト39,600円、2枚襟ハイネックシャツ27,500円、スカート30,800円、グローブ[両手]12,100円(すべてランバン スポール(問)デサントジャパンお客様相談室)、シューズ22,000円(ともにフットジョイ問アクシネット ジャパン インク)、その他 スタイリスト私物

 

 

夕日がさしこむ時間帯ゴルフコースは一層美しさを増す。まだ見ていたいと後ろ髪をひかれつつ帰路へ。とはいえ、週末の渋滞にとびこまず、寄り道がてらカフェへ立ち寄り、軽く反省会。

 

 

お替わりコーヒーをタンブラーに淹れたら、もう一か所、とっておきの経由地へ。砂浜ぎりぎりにクルマが停められる秘密の場所へとご案内。

 

[メンズ]ジャケット59,400円(ボブ問タキヒヨー)、ニット36,300円(ジョン スメドレー問リーミルズエージェンシー)、シャツ\23,100、パンツ27,500円(ともにコーディングス問真下商事)、キャディーバッグ123,200円、ヘッドカバー[DR]10,450円、[FW]9,350円、[ UT]8,250円(すべてレザクション問レザレクション トーキョー)、その他 スタイリスト私物。[レディス] ジャケット69,300円、ワンピース58,300円(ともにランバンスポール問デサントジャパンお客様相談室)、バッグ56,100円(レザクション問レザレクション トーキョー)、キャディーバッグ38,500円(フットジョイ問アクシネット ジャパン インク)、その他 スタイリスト私物

 

夜風が少しひんやりとする中、ストールと立ち寄ったカフェで淹れてもらったコーヒーを渡す。夕日が映りこんだクラウンとパートナーをスマホに収める。「夕食はどうする?」という問いに「行ってみたいお店がある」という返事。クラウン・モデリスタで出掛けると、週末の時間はゆっくり長く感じられる。次のラウンドはもう少し遠くへでかけてみようか。

 

 

Information

モデリスタコールセンター TEL.050ー3161ー1000

https://www.modellista.co.jp/product/crown/

出典

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load