BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

在宅時間が増えた今だからHomePod miniに惹かれる。サイズも日本に合う

安価な価格、拡張性が面白い

1万0800円(税別)と安価。

ひとつ買えは、iPhoneの外部スピーカー的に、いつでも部屋に音楽を。「Hey Siri !」でいろいろと調べモノもできる。

ふたつ買えば(2万1600円)、ステレオペアとして認識させて、より深みのあるオーディオ体験を。

三つ買えば(3万2400円)、家の各所に置いて、どこでも音楽体験を。また、インターコムのように家中のHomePod miniが連携して家族に声をかけてくれる。なお、三つ買っても従来のHomePodより安い。

四つ買えば……と、どんどん広げて行く拡張性がある。

強力なネオジウム磁石を使用したフルレンジドライバーが深い低音とクリアな高周波数を実現、独自のアコースティックウェーブガイドが底部から音を響かせて360度の音場を作り出す。Apple Watch Series 5に内蔵されていたS5チップが、複雑なアルゴリズムをリアルタイムで演算し、どんな音量レベルでもバランスの取れた正確なサウンドを実現する。

フォースキャンセリングパッシブラジエターが低音を驚くほど広げ、4つのマイクが連携してノイズと、自らの発生しているサウンドをキャンセル。確実に「Hey Siri !」を捕らえ、クリアな音声を伝えるという。

miniなら日本の家にフィットしそう

フルサイズのHomePodは大音量で鳴らすと楽しい。豪邸のリビングからオープンテラスに向けて、何台か置いて大音量でクラブミュージックを鳴らしたら楽しいだろうなぁ……と思う感じのサウンドだし、実際にそのパワーもある。

しかし、筆者のように賃貸マンション住まいで、そのあたりの音量を楽しもうとするとご近所からのクレームで追い出されるのは間違いない。そんなわけでHomePodで小さい音で音楽を聞いているのだが、それはアメリカンマッスルカーで渋滞の県道をノロノロと走っているのに近い感じがする。

HomePod日本この夏発売。ホームパーティ好きは絶対に2個買うべき!

HomePod日本この夏発売。ホームパーティ好きは絶対に2個買うべき!

2019年08月13日


『HomePod』日本未発売のAppleのスマートスピーカーを試してみた

『HomePod』日本未発売のAppleのスマートスピーカーを試してみた

2018年03月26日


発表から2年遅れ。3万2800円で登場のHomePodは、日本で使う値打ちがあるか?

発表から2年遅れ。3万2800円で登場のHomePodは、日本で使う値打ちがあるか?

2019年07月10日


HomePodが日本語対応! いよいよ、日本での発売が近い? その価値は?

HomePodが日本語対応! いよいよ、日本での発売が近い? その価値は?

2019年07月25日

もちろん、いろいろ便利だし、音もいいのだが、ちょっともったいない。

その点、iPad miniは日本の家屋での利用にもフィットしそうだ。実際に試してみるまではなんとも言えないが、Appleのデバイスなら音がダメということはないだろうと思える。

HomePod miniはスマートスピーカとして、iPhone、iPad、Mac、Apple TVなどの外部スピーカーとして活用できるし、単独でも音楽を再生することができる。

在宅勤務の間BGMを探すのにもいいし、ちょっとした調べモノや、計算などに使うのも便利。たとえば、筆者の日常で言うと「16文字×92行で何文字か?」みたいな計算をキーボードから手を放さずにできるのはなかなか便利だ。もちろん、照明やエアコン、空気清浄機などと連動させていれば、音声でそれらを操ることもできる。

2台あれば、ステレオペアとして認識させて、ステレオスピーカーとして使える。HomePodの時の経験から言っても、ステレオペアとして活用すると、ずっと音が良くなるはずだ。日本の家で使うなら、HomePod mini×2台はベストソリューションな可能性がある。

スマートスピーカーなら、AlexaやGoogle Homeがあるよ! という声もあるだろうが、iPodを作ったメーカーであるAppleの製品のサウンドクオリティは、やはり他のIT企業と一線を画すものがあるだろうし、なんといってもiPhoneやMacを使う人にとっては、SiriやApple Musicが使えるのは便利なはずだ。

複数の部屋に置いて、インターコムを使ってみたい

ちょっと注目しておきたいのが、U1チップを使った挙動だ。U1チップは狭いエリアでの位置、近接状態を検知できる。これにより、iPhoneを近づければ、家族の誰でもないその人のプレイリストを再生することができる。

このU1チップの機能は、GPSやBluetoothよりもっと狭いエリアでの人の位置の特定いn機能すると思っていたのだが、まずはこんな機能から表に出たわけだ。

また、複数の部屋に置いたHomePodはインターコムとして連動するので、違う部屋にいる人と会話するのに使うこともできる。

たとえば、「Hey Siri ! 「試合は始まった?」とリビングに連絡」で、リビングにいる人に話かけることができるし、「Hey Siri ! ごはんができたとみんなに伝えて」で家中のHomePodに連絡することもできる。

また、このインターコム機能は家族のAppleデバイスを登録してい使うことができるので、AirPodsで音楽を聞いていても伝えられれるし、外出している家族のiPhoneや、AirPods、Apple Watchにもメッセージを伝えられる。

(年内に各デバイスのアップデートで使えるようになるようだ)

今のところ、注目度は高くないHomePodだが(わが家は使っている)、miniが導入されたら置いてない部屋にも購入して、家中をインターコムで繋げてみたい。そもそも3LDKのマンションなので、大声を出せば聞こえるが(笑)

(村上タクタ)

月額300円(税別)で『フリック!』が読み放題!

『フリック!読み放題プラン』なら月額300円(税別)で、過去のフリック!と関連ムック150冊以上が読み放題。さらに、ここでしか読めない有料記事(隔週配信)の購読や、会員限定イベントへの参加など、特典も盛りだくさんです。

flick!読み放題プラン

YouTubeチャンネル「flick! TV」もスタート!

「flick! TV」では、多彩なゲストをお招きしてのトークセッションや、最新・注目アイテムのレビューを配信中です。「flick! TV」のチャンネル登録もお願います!

YouTubeチャンネル「flick! TV」

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load