BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

新技術GaN II(ガンツー)で革命的に小さい、電源アダプターAnker Nano II 45Wが超お勧め!

GaN II搭載Nano II 45W、本日17時発売!

この困難な状況下で上場し、逆風の中グローバルで前年対比40%、2011年の創業時からすると1万4400%という飛躍的成長を遂げいてるモバイル電源業界の雄Ankerから、新技術GaN II(ガンツー)を使った充電器、Anker Nano IIシリーズが発表された。

30W、45W、65Wの3種類が発表されたが、その中の45Wは本日17時発売となっている。

Anker Nano II 45W Powerd by GaN II
https://amzn.to/3bTeMUZ
価格:3390円(税込)

従来のシリコンを用いた電源アダプターだと、交流を安全に直流に変換するにはそれなりの大きさ、重さが必要だったが、アンカーは独自にGaN(窒化ガリウム)の技術を使い充電器を飛躍的にコンパクト化。ライバルメーカーも窒化ガリウム技術を使い追いすがる中、新たにさらに小型軽量化を進めた新技術GaN IIを搭載したNano IIシリーズを発表した。

新技術のキモは、ノイズを抑制したスイッチング周波数の高速化

新技術の内容は多岐に渡り、内部基盤部品の小サイズ化、電源変換効率の向上、放熱性の向上、ノイズの抑制など複合的な技術の集積の結果なのだそうだ。

とりわけキモとなっているのはスイッチング周波数の向上。つまり、速くスイッチすれば1周期あたりの電力が小さいので、電子部品をコンパクト化できる。
しかし、そうすることにより発熱とノイズが大きくなるのだが、そこに、Anker独自のPCBA 3Dスタッキングを盛り込み、熱源部品の分散配置、回路構成の最適化、回路部品の最適化、電子部品配置の最適化などにより、発熱とノイズを抑制し、結果的に飛躍的なコンパクトネスを実現している。

パソコン、タブレット、スマホ用の充電器として、圧倒的にお勧め

一番大きな65Wが、約36×42×44mmで、約112g。3990円で7月下旬発売予定。

真ん中の45Wが、約35×38×41mmで、約68g。3390円で本日発売。

一番小さな30Wが、約32×30×38mmで、約47g。2990円で7月下旬発売予定。ちなみに、30Wだけはブレード部が折り畳めない。

表示スペックでいうと、一番大きな65WがMacBook Proにフィットするが、多少充電が遅くても構わないのであれば、16インチのMacBook Proでも使える。

13インチのMacBook Proだと、フィットするのが65Wだが、同じく充電が遅くてもいいなら45Wでもいい。iPhone、iPad、MacBook Airは30Wで十分だが、ブレードが折り畳めることを考えると、筆者は45Wの方が使いやすいと思う。出力的には余裕だが、そこから30Wにしなければならないと思うほどサイズに差はない。むしろ45Wの余裕の出力で充電すると、発熱も少なくて済むかもしれない。

サイズと出力、価格など総合的に考えて、この小さなGaN IIをひとつ持っていれば、たいていのデバイスは充電できることになる。充電器として、多くの人に圧倒的にお勧めできる商品だといえるだろう。

(村上タクタ)

(最新刊)

flick! digital 2021年6月号 Vol.116
https://funq.jp/flick/magazines/20161/
デジタル超整理術 リモートワーク編
https://funq.jp/flick/magazines/20164/

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load