BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

Zoom越えの最強サービスに? Android、Windows版のFaceTimeの開発をアップルが発表!

リモートワーク普及にアップルは的確に対応

アップルが、世界の変化に的確に対応している。

春に発表されたiMacのビデオ会議用カメラ(アップルではFaceTimeカメラと呼ぶ)は非常に高画質で、肌色良く映るし、ヘッドセットがなくても3アレイのマイクと、6スピーカーで、非常に快適に高い音質でビデオ会議を楽しむことができる。新らしいiPad Proには112度の視野角と1200万の画素を持つカメラが内蔵されており、まるでカメラが話者を追うかのように画像をトリミングしてくれるシステム……センターフレームを採用している。

続いて、テレビ電話用のシステムであるFaceTimeも大幅に進化し機能を強化している。さらには、喜ばしいことに、AndroidやWindowsへの対応も発表された。これは、FaceTimeの可能性を大きく広げてくれそうだ。

※この記事は、秋公開のiOS 15、iPadOS 15、macOS Montereyのパブリックベータに基づいた記事です。Apple Beta Software Programで知り得た情報は、その内容について誰かに話したり、ウェブ記事にしたり、SNSに投稿したりすることは禁じられていますが、flick!は取材に基づく特別な許可を得て記事化しています。

Android、Windows版が出ることで、誰とでも使えるサービスに

アップルユーザーの多くはご存知だと思うが、FaceTimeは非常に高画質、高音質で、かつ使い勝手のよいテレビ電話サービスだ。

しかし、なかなか普段使いに利用できないのは、アップル製品ユーザーしか対応できないシステムだったからだ。たとえば、5人でミーティングをするとして、そのうちひとりでもAndroidやWindowsを使ってるユーザーがいると、FaceTimeでミーティングすることができない。家族や親戚との会話でも同様だ。

だから、そういう場合はZoomやWebex、LINEなどを使うことになる。いちいち、「FaceTime使えますか?」と聞いて回るのは面倒だがら、最初から選択肢から外れてしまっているのが現状だろう。

しかし、このたびアップルがAndroid版とWindows版のFaceTimeを発表した。これで上記のような問題はなくなるから、必要があればFaceTimeでミーティングすることができる。

もちろん、インフラというのは「これまで、使っていたもの」を使う方が面倒は少ないので、急に多くの人がFaceTimeでミーティングを始めるとは思えないが、少なくとも選択肢として俎上に上がったし、iPhone、iPad、Macのユーザーが多いエリアから利用者が増えていくのではないだろうか?

FaceTimeで語り合いながら、一緒に映画を見よう!

FaceTimeも単なるテレビ電話のサービスから、ビデオ会議のサービスに変化しようとしている。多くの人をタイル表示できるようになったのもその一環だ。もちろん、資料などの画面共有も可能だ。

さらに今回のアップデートで強化されたのはFaceTimeを介して『一緒に何かする』という機能だ。

たとえば、FaceTimeに参加している人と一緒に映画を見るところもできるし、音楽を楽しむこともできる。地図アプリなどアプリの画面を共有して、一緒に旅のルートを考えたり、引っ越し先を考えたりもできる。

高音質、高画質、さらに話をしている人がちょっと大きく表示される……など、アップルらしい使い勝手の良さに多くの人が気付いた時、スモールサイズのミーティングや、家族、仲間とのコミュニケーションにはFaceTimeが使われるという流れができるかもしれない。

なんといって、FaceTimeはiPhoneやMacに最初からインストールされているアプリなのだ。

(村上タクタ)

(最新刊)

flick! digital 2021年8月号 Vol.118
https://peacs.net/magazines-books/flick-824/
デジタル超整理術 リモートワーク編
https://funq.jp/flick/magazines/20164/

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load