BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

今夜発表されるMacBook Proに、何を期待すればいいのか?

いよいよ今夜、『M1の次』が分かる

2020年6月のWWDCで、ティム・クックが「2年以内にApple Siliconへの移行を完了する」と言ったので、あと、9カ月ほどの間に最上位機種のMac Proまで、Apple Silicon版が登場することになるはずだ。

しかし、現在のところ発表されたチップセットは昨年11月に発表されたMacBook Airに搭載されたM1のみ。このM1はiPad Proに搭載されていた、A12Z Bionicをちょっと拡張したようなチップセットだったので、今のところ上位モデルに関してアップルがどういう戦術で出てくるのか、まったくわからない。

この1年弱で分かったのは、そのM1がものすごく高性能で、その性能幅を使って、MacBook Air、MacBook Pro 13インチ(の下位モデル)、Mac mini(の下位モデル)、iMac(の下位モデル)をラインナップしていったということだ。チップセットを自社のためにゼロから作るのは容易ではないので、ひとつのチップセットで、なるべく多くの機種をカバーする戦術であることはわかる。

しかし、残りのモデルを作るには、絶対に大幅なパワーアップが必要になる。その大幅に発表されたチップセットを搭載したモデルが今夜登場するはずなのだ。ある意味では、今後のMacの運命を占う一夜だと言ってもいい。

新型のチェックポイントは以下!

この新しいMacBook Proに対して期待されていること、チェックすべきポイントをリストアップしておこう。

・M1を拡大したモデルを複数作って行くのか? それともM1(もしくはその上位機種)をたくさん積む作戦か?
・メモリーは何GBまで搭載可能になるか?(現状は16GBまで)
・Thunderboltポートは増設されるか?(現状は2ポートまで)
・3枚以上のディスプレイの利用は可能か(現状はThunderbolt接続の外部ディスプレイは1台のみ)
・GPUはどうなる? ディスクリートGPUは使われるのか?
・eGPUは接続可能になるのか?

現状のM1は2ポートまでしか搭載できない。しかし、プロ用としては、これでは不便。この2ポート縛りは解消されるのか?チップセットの仕様に関するチェックポイントはだいたい以上のようなものだろう。あとは本体に関して。

・13.3インチモデルは14インチモデルに更新されるか?
・電源はThunderboltで供給されるか?(MagSafeという噂は根強。フリック!としては否定的)
・Thunderboltのみというポート構成は変わらないか?(HDMIやSDカードスロットが搭載されるという噂は根強い。フリック!としては否定的)
・Touch Barはあるか?(Touch Barがなくなるという噂は根強い。フリック!としては否定的)
・価格は?
・同一チップセットを使うMac miniやiMacの発表はあるか?

M1は、MacBook Air、MacBook Pro(下位モデル)、Mac mini(下位モデル)、iMac(下位モデル)に搭載された。今回発表されるチップセットは、他機種の上位モデルにも搭載されるのか?

 

フリック!としては、拡張性を重視して、多チップセット搭載という線が面白いと思うのだが、M1の倍ぐらいのCPUやGPUを積んだ、単一のチップセットが用意されるという噂が根強い。その場合、14インチと16インチの差別化や、Mac Proはどうなるのだろうか? そんなに多くのチップセットを作るのだろうか?

ポートはせめて4ポートまで増えて欲しいし、メモリーはできれば64GBまで拡張できるようにして欲しい。外付けディスプレイも1枚じゃ足りないシーンも多いだろう。ポートは、Thunderboltだけでいいし、Touch Barも残したっていいと思う。

どこまで希望が叶えられれるかは分からないが、Apple Siliconの本領発揮となれば、処理能力は驚くほど高いものになるに違いない。その分、お値段も高くなるのではないかと危惧しているが(今の為替相場的にも日本モデルは高くなりそう)。

今夜、26時からの発表会が楽しみだ。


(村上タクタ)

(最新刊)
flick! digital 2021年10月号 Vol.120
https://peacs.net/magazines-books/flick-906/
デジタル超整理術 リモートワーク編
https://funq.jp/flick/magazines/20164/

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load