BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

M1 ProとM1 Maxが登場。今後のMacのロードマップはどうなるか?

残り3モデルは、いつM1シリーズ搭載機になるのか?

2020年11月にMacBook Air搭載でM1登場。そして、2021年10月にM1 ProとM1 Maxが登場。

ティム・クックの「2年以内に移行を完了する」という談が実現するなら、2022年の6月まで、つまり8カ月以内に移行が完了するということになる。

まだ、インテルCPU搭載機として販売されているのは、Mac mini上位モデル、iMac上位モデル、Mac Proということになる。製品構成さえ変更されなければ、これらのモデルが、来年の6月までにApple Silicon搭載機になるということだ。

これら、残りのモデルがいつ、どういうモデルチェンジを受けるのか考えてみよう。

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load