BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

雪山登山、キホンのキ!|歩くよりも慣れるよりも先に、まずは知ることからはじめよう

雪山と聞いたとき、あなたはなにを思い浮かべるだろうか。寒い、雪が降りっぱなし、雪崩や凍死もあって危ない……。まずは季節や環境による違いを頭に入れて、そんな先入観とはおさらばしよう。

文◉エフェクト古澤 Text by effect Furusawa
イラスト◉高橋未来 Illustration by Miki Takahashi
出典◉PEAKS 2016年12月号 No.85

遊びのフィールドは、ふたつの季節で変わる

下界にはそれぞれの特徴を持った四季があるように、雪山にも気温や積雪量の違う季節がふたつ存在する。同じフィールドでもその表情は大きく変わる。自分に合ったフィールドにでかけてみよう。

残雪期:晴天の雪山を狙うならココだ! 高い山にも挑戦してみよう

3月から5月、山域によっては6月までが「残雪期」と呼ばれる期間。
気温も高くなりつつある時期だ。冬季通行止めだった林道が開通したり、天候が安定して晴天日が多くなったりと、登山のチャンスがぐっと増える時期でもある。

その分、気温上昇による雪崩や、強い日差しには注意。登高時は想像以上に汗をかきやすいので、レイヤリングでの体温調節やこまめな水分補給を心がけよう。
雪山のなかでは比較的初心者でも高山に足を運びやすく、雪山を楽しむにはもってこいなシーズン。

厳冬期は低山で雪山に慣れ、残雪期にはレベルアップした山行を、というのが雪山ビギナーにはオススメの流れだ。

たとえば……

3、4月には、北アルプスの後立山連峰などの日本海側エリアでも天候が安定しはじめ、登りやすくなる。飯豊連峰など東北の山々へも登山のチャンスが増える。

厳冬期:厳しさの先に待つ絶景を求めて、装備はしっかり整えよう!

その名のとおり、雪山のなかでもっとも厳しい時期が「厳冬期」。一般的には12月後半から2月の間とされる。気温は氷点下が当たり前で、大量の雪に足を取られながら登る。

滑落を防止するため、靴は12本爪アイゼンが装着できるものを選ぼう。アルプスや八ヶ岳などのとくに寒さが厳しいエリアでは保温材入りの冬山用がオススメだ。また、天候が安定しない日が多いので、ビバーク装備を充実させておこう。

荷物がかさむからといって準備を怠ると、いざというときに命に関わる。始めは経験者やガイドといっしょに装備を確認するよう心がけたい。厳しさを乗り越えた先の絶景を見れば、その魅力の虜になるはずだ。

たとえば……

厳冬期なら丹沢や奥多摩など、首都圏から近く、標高の高くない山でも雪山体験ができる。初心者は、まず低山から慣れて、徐々にステップアップしていこう。

 

きっと読者のみなさんも、夏は美しい稜線を歩き、テント場や山小屋で語り合ったことだろう。そんな季節も終わりを迎え、秋山を経て、いよいよ季節は冬へ。

寒い、厳しいといった冬山のイメージから入山者は減っていくが、じつは魅力的な登山シーズンがここからはじまるといってもいい。
そこには静かで洗練された空間が広がっており、引き締まった雪を踏みしめる心地良い音だけが聞こえる。

花の観察や沢登り、軽い装備での縦走など一般的な登山シーズンだけの楽しみもあるが、澄んだ夜空の天体観測やアイスクライミング、初心者でも楽しめるスノーシューハイキングなど、冬だけの魅力的なアクティビティも満載だ。

輪郭だけを残して雪化粧した稜線を眺めれば、いままで雪山に興味がなかった人でも感動することは間違いないだろう。確かに気温は低いが、太陽が顔をだすと暑く感じることさえある。

つまり冬山は決して手の届かない別世界なのではなく、数ある山の表情のひとつ、ということだ。
登山はやるけど、雪山には登らない、という人は多い。しかし、高山帯では、雪のある時期は1年の半分以上。

それをイメージだけで敬遠してはあまりにもったいない。正しい知識と装備を身に着ければ、あなたの山の楽しみは倍以上に広がるはずだ。

雪山を知っている人は、その風を知っている

木々に囲まれた樹林帯と、視界の開けた稜線上。このまったく違うエリアが合わさってひとつの雪山となる。つまり、雪山を満喫するということは、その両方を楽しみ尽くすことにあるのだ。

稜線:絶景を楽しむなら森林限界の上へ! 風から体温を守ることが大切

せっかくの雪山。その絶景を楽しむなら、やはり森林限界の先の頂上を目指したい。そのためには稜線歩きが必須となるが、樹林帯と違い、冬の風を一身に受けることになる。アウターシェルには防風性の高いものを選ぼう。

また、グローブやバラクラバなどの小物もしっかりと使い、肌を露出させないよう心がけるのが大切だ。一般的に、風速が1m強くなるごとに、体感温度は1℃下がるといわれている。ただでさえ寒い雪山で、体温の保持は第一の優先事項。

風への対策はしっかりと行なおう。積もった雪面は、夏道よりも高度感が増す。慣れないクランポン歩行にとまどわないよう、歩き方を練習しておこう。

たとえば……

アルプスの稜線はもちろん、那須岳や浅間山など火山系の山々も木々はない。その分、眺望は最高だ。天候が良ければ、一面の銀世界を堪能できるはず。

樹林帯:幻想的な樹林帯を歩こう! スノーシューで初心者も楽しく

冬の冷たい風から登山者を守ってくれる樹林帯。休憩や食事で足を止める際は、その防風性がうれしい。深く雪の積もった閑静な森を進むと、幻想的な空間が広がり、北欧の山々を描いた物語のなかを冒険している気分にさせてくれる。

しかし、登山道が雪に埋まって、道に迷いやすいため注意しよう。また、降り積もった雪に足を取られるため、予定以上に時間がかかる可能性も。そんなときスノーシューがあれば踏み抜くこともなく歩行できて便利だ。

初心者なら、いきなり冬季登山に挑戦するのではなく、気軽に雪山が体験できるスノーシューハイキングがオススメ。ツアーも充実しているのでチェックしてみよう。

たとえば……

森林限界が高い南アルプスの樹林帯は広大なので、ルートを見失わないように注意しよう。スノーシューハイキングなら美ヶ原や東北の吾妻山などが有名スポット。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load