BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

山での『足のトラブル』どうする?|山のフィジカルトラブル対処法

登山中、医療機関から遠く離れた場所で、専門知識も持たない私たちは、ケガなどに対してどのように向き合えばいいのか。救急医の伊藤 岳さんに、足の指や踵に水膨れができた、歩行中に爪が剥がれたといった「足のトラブル」への対処法を教えてもらった。

足のトラブルへの対処法

水膨れができた、爪が剥がれたなど、足のトラブルは注意していても起こり得る。実際、筆者も過去に靴擦れの経験があり、歩くたびに痛みが走り、トレッキングポールを使いながら家路についたほどだ。下山直後に痛み出したので運が良かったが、そこが山奥だったら下山が遅れていた可能性も十分に考えられる。

対処法は擦り傷・切り傷で紹介したのと同様で「洗浄」「被覆」が基本となる。使う道具も防水手袋、穴を開けたキャップ、洗浄に使う水、傷口を覆うガーゼや、それを固定するテーピング、防水フィルムなどと共通している。

事前対策は自身の足のサイズと形に合った登山靴を履くこと。さらに、靴下の厚みや素材に気を使い、場合によってはインソールの使用も検討する。そして、いずれも専門店の店員に相談しよう。

これらの対策は、登山靴を選ぶ際の注意点として、登山に関する専門書を読めば必ず書かれており、登山専門店に行けば売り場に張り出されていることもある。登山の基本を忠実に押さえること、それがケガを予防する最善策になる好例といえるだろう。

事前対策

サイズと足に合った登山靴を履く

価格やデザインで登山靴を選ばす、必ず何足か試し履きする。そのうえでサイズと足の形に合った靴を見つけよう。登山専門メーカーの登山靴を履くことはいうまでもない。

靴下の厚みや素材に気を使う

素材にコットンが混じる靴下は避ける。化学繊維かウールを使い、つま先と踵にクッションがあるものがいい。別売のインソールでもフィット感やクッション性を調整できる。

登山用品専門店で相談する

登山靴も靴下もインソールも迷うほど種類がある。ひとりで選ばす、まずは専門店にいる知識を持ったスタッフに相談すると良い。最適なアイテムを紹介してくれるはずだ。

具体的な対処法

水膨れ

被覆する

水膨れを破かず、そのまま被覆する。小さな水膨れ用のフィルム製剤も売られている。破かないほうが治りは早い。破れた場合は洗浄後に被覆する。

 

爪の剥離

洗浄して固定する

爪が剥がれかけている場合、洗浄後に爪を元の位置に戻し、テープでしっかりと固定する。完全に剥がれてしまった場合には洗浄して被覆する。

教えてくれた人:救急医 伊藤 岳さん

兵庫県立加古川医療センター救急科長。公益社団法人日本山岳ガイド協会ファーストエイド委員長。2010年から北アルプス三俣山荘診療所で、夏山診療に従事する。

※この記事はPEAKS[2021年3月号 No.136]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

Info

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load