BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

山行のクオリティUP!ストレスなく調理するために。クッキングツール【ガス&アルコールバーナー、固形燃料 編】 |PEAKS MOUNTAIN GEAR COLLECTION 2023

登山においてエネルギーを補給することは、行動の時間、クオリティを上げるために大事な作業といえる。また景色のよい場所で食事をすれば、体だけでなく心も充実。だからこそストレスなく調理できるツールが必要だ。

編集◉PEAKS編集部
文◉ポンチョ
写真◉佐藤雅昭、矢野悠太、山崎勝司(スタジオ玄)

どんな調理をするのか?が選ぶ基準。

クッキングツールは山道具のなかでもっともメカニカル。装備して使いこなせるようになるとレベルアップしたように思え、美味しさだけでなくうれしさも提供してくれる道具だ。選び方は、湯沸かしオンリーなら高効率バーナーやアルコールストーブ、調理するならガスバーナーとコゲつき防止加工のソロクッカーが基本だ。

ガスバーナー/高効率<GAS BURNER>

調理は最小限、シンプルに。とにかく素早く湯沸かししたいなら、これ一択。燃費もよいので長期山行にも最適。

MSR/ウィンドバーナー パーソナルストーブシステム

その名の通り風への強さがウリ。

バーナースクリーンという目の粗いメッシュ状火口を完全に覆うポットで、風の影響は最小。低温下でも出力は安定。高山の過酷な環境で、燃焼エネルギーをロスなく使えるバーナーだ。少々重めだが、ハードな山行ほど力を発揮する。

  • ¥31,900
  • 収納サイズ:11.5×10.7×H18.1cm
  • 容量:1.0ℓ
  • 重量:465g
  • (問)モチヅキ

 

ジェットボイル/フラッシュ

0.5ℓを100秒で最速沸騰ストーブ。

高効率ストーブの元祖で、いくつものラインナップ中、最速で沸騰させる能力がある。沸騰を色の変化で知らせるインジケーターも備わり、吹きこぼれた湯が手に掛かり火傷する心配もない。ストーブ選びに迷ったらコレがいい!

  • ¥18,480
  • 収納サイズ:φ10.4×H18cm
  • 容量:1.0ℓ
  • 重量:371g
  • 問モンベル

 

ジェットボイル/スタッシュ

速さだけでなく軽さも追求。

熱効率を上げる専用クッカーのデザインを一新。連結させず通常のクッカー同様にゴトク上に載せるだけでも高効率を維持。しかもクッカーとバーナーを合わせて200gという超軽量。バーナーは他クッカーでも使える利便性もある。

  • ¥20,350
  • 収納サイズ:φ13×H11.2cm
  • 容量:0.8ℓ
  • 重量:200g
  • (問)モンベル

 

ガスバーナー/一体型<GAS BURNER>

登山用ストーブの定番。火力調節がしやすく、ソロ用クッカーでの調理もしやすい。湯沸かしだけでなく、調理もしたいならコレだ!

プリムス/116フェムトストーブⅡ

ゴトクをひとまとめコンパクトさが◎

折りたためるゴトクは、火口を中心にスライドさせてひとまとめ。スタッキングしやすく64gという軽さも実現。風
に強い集中炎で縦型のソロクッカーで使うと効率がよい。火力調節のツマミはワイヤー式で大きく、扱いやすい。

  • ¥8,800
  • 収納サイズ:5.4×7.4×2.7cm
  • 重量:64g
  • (問)イワタニ・プリムス

 

MSR/ポケットロケット2

安定したゴトクとコンパクト収納。

ゴトク長を伸ばしながら、収納時には付け根から回転させてまとめる仕様で、安定性とコンパクト収納を両立。火口は小さな壁で3つに仕切られ、風に吹かれても消えにくい。火力は強く、公表値では1ℓを3.5分で沸騰させる。

  • ¥9,020
  • 収納サイズ:3.4×4.4×7.9cm
  • 重量:73g
  • (問)モチヅキ

 

SOTO/マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

風と寒さに負けない安定した火力が自慢。

山は大抵寒く、風も吹いている。そんな山の環境下で当たり前に火力を保つ機能を装備するモデル。とくに低温下での安定感は秀逸。標準付属のゴトクは3本だが、別売りの4本ゴトクを使うと調理時の安定感が増すのでオススメ。

  • ¥8,800
    収納サイズ:W4.7×D5.1×H8.8cm
    重量:60g(ゴトクを外した状態)
    問SOTO

SOTO/フォーレックス SOD-460

  • ¥1,980
  • 収納サイズ:W4.7×D7.7×H4.4cm
  • 重量:27g
  • 問SOTO

 

スノーピーク/ギガパワーマイクロマックスウルトラライト

世界最軽量バーナー、それだけでグッとくる。

使い勝手のよさが定評だったマイクロマックスシリーズを徹底的に軽量化。随所にチタンを採用し、ガスのシングルバーナーの世界最軽量を実現。大きめの火力調節ツマミ、拡散する炎で調理のしやすい点も特長だ。

  • ¥9,130
  • 収納サイズ:6.7×3.4×8.0cm
  • 重量:56g
  • (問)スノーピーク

 

EPI/クオストーブ

コンパクトさで愛用者が絶えない。

直噴型と呼ばれる集中炎のバーナーヘッドは小さく、安定感のある4本ゴトクはそのヘッドに沿うように回転、収納することでコンパクトに。超軽量ではないが、そのコンパクトさと風に強い炎で愛用するファンが多い。

  • ¥7,700
  • 収納サイズ:8.9×5.2×5.4cm
  • 重量:98g
  • (問)ユニバーサルトレーディング

 

ガスバーナー/分離型<GAS BURNER>

カップルやグループ分の調理はもちろん、ソロでも大きめフライパンで手の込んだ調理をするなら、安定感のある分離型を選びたい。

EPI/APSA-IIIストーブ

得意のとろ火で鍋料理を楽しもう。

最高出力4,000kcalの高火力を誇りながら、繊細なガス調節が可能なバルブを採用することでとろ火も得意。大きなクッカーに対応するゴトク、安定性の高い分離型のよさを活かして、体がホッと温まる鍋料理に使いたい。

  • ¥15,950
  • 収納サイズ:18×9.6×10.4cm
  • 重量:425g
  • (問)ユニバーサルトレーディング

 

プリムス/ウルトラ・スパイダーストーブⅡ

機能美を感じさせるデザインが魅力。

バーナーは、バーナーヘッドとゴトクという構成ゆえに、どれも似たデザインになるなか、コレは個性が半端ない。しかしそれは機能美。シンプルさと軽量性、安定性を求めた形。しかも低温に強いのだから山で使わない理由はない。

  • ¥14,850
  • 収納サイズ:9.3×10.0×3.5cm
  • 重量:167g
  • (問)イワタニ・プリムス

 

SOTO/マイクロレギュレーターストーブ フュージョントレック

山メシにこだわるソロとグループに。

SOTOの象徴である、連続使用時や低温時の火力低下を防ぐ機能を装備。しかも火力は3,000kcalあり、大クッカーで多人数の料理をつくるのも問題なし。寒い季節の山行で使えば、その性能の高さを実感できるだろう。

  • ¥9,900
  • 収納サイズ:11×6.0×10.0cm
  • 重量:182g
  • (問)SOTO

 

MSR/ローダウンリモートストーブアダプター

一体型バーナーを分離型に合体変更。

前ページで紹介したMSRのポケットロケット2に接続することで安定感のある分離型に変更できる。風と寒さに強いバーナーのよさはそのままに、グループ登山で使えるスペックをプラス。火力調節はガス缶側でできるのも安心。

  • ¥8,800(バーナー、ガス別売)
  • 収納サイズ:13×5×5cm
  • 重量:180g
  • (問)モチヅキ

 

SOTO/ストームブレイカーSOD-372

ガスでもガソリンでも燃焼する二刀流。

冬山登山では、ときに寒さでガスバーナーの火力が落ちてしまうことがある。そんなときは加圧をして火力を安定させられるガソリンバーナーが有効なのだが、どちらも使えたら問題解決だ!と考案されたハイブリッドバーナーだ。

  • ¥27,500
  • 収納サイズ:6.5×6.5×9cm
  • 重量:448g
  • (問)SOTO

 

【COLUMN】じつは便利?ガソリンストーブの有用性。

ガスストーブの火力の安定性と軽量コンパクトさが向上し、最近では使う人がめっきり減ったガソリンストーブ。しかしその堅牢性はガスストーブよりもはるか上。分離型が多く、大クッカーを使っても安定感があり、ポンピングによって長時間使用でも火力を戻せる。だから多人数分の調理をするグループ用バーナーにぴったりなのだ!

MSR/ウィスパーライトインターナショナル

  • ¥25,300
  • (問)モチヅキ

 

オプティマス/ノヴァ

  • ¥28,380
  • (問)スター商事

 

【好評につき再販中!】「SNAP S」パーゴワークスの大人気アイテムがPEAKSとコラボ!

【好評につき再販中!】「SNAP S」パーゴワークスの大人気アイテムがPEAKSとコラボ!

2023年05月30日

 

固形燃料/アルコールバーナー<SOLID & ALCOHOL BURNER>

山道具において故障がほぼないというのは、どんな便利な機能よりも有効。沸騰時間は長いので、炎を遊ぶ余裕のある人向きだ。

トランギア/ミニトランギア

小さいのではなく最小限のツールだ!

アルコールバーナー、ゴトク、クッカー、フライパン、ハンドルと調理に必要な装備をコンパクトなセットに。おままごと的な道具にも見えるが、使い手次第で、ソロめしを自在に調理可能。バーナーはフタで火力調節もでき便利だ。

  • ¥6,160
  • 収納サイズ:φ15×H7cm
  • 重量:350g
  • (問)イワタニ・プリムス

 

エバニュー/アルコールストーブスタンドDXセット

オールチタン製で3種類の熱源対応。

ウルトラライトなチタン製品が得意なエバニューのバーナーセット。アルコールバーナーに加え固形燃料も使えるセットはほかにもあるが、これはさらに小枝を燃やしてネイチャーストーブにすることも想定。もしものときに役立つ!

  • ¥10,560
  • 収納サイズ:φ8.2×H6.0cm
  • 重量:86g
  • (問)エバニュー

 

エスビット/985ml クックセットアルコールバーナー付

アルコールと固形燃料旧きよき二刀流。

クッカー底部が凸形状で、風防兼ゴトクにグラつきなく収まる。火力調節フタ付きのアルコールバーナーと専用トレイを使って固形燃料でも湯沸かしできる。クッカーはフタ側も470㎖の容量があり、料理2品を別々に調理可能。

  • ¥7,480
  • 収納サイズ:φ12.8×H14.7cm
  • 重量:430g
  • (問)飯塚カンパニー

 

スノーピーク/火焔ストーブ コーエン

炎を見て楽しむ竈型バーナーセット。

三角柱型の風防兼ゴトクは一面が開いていて、そこに薪をくべるようにアルコールバーナーをセット。赤い炎の揺らめきの美しさを愛でながら調理。すべてステンレス製でやや重量感があるがその分丈夫。火を扱う喜びのあるセットだ。

  • ¥9,218
  • 収納サイズ:ストーブφ7.5×4.6cm/スタンド13.4×9.5×1.0cm
  • 重量:280g
  • (問)スノーピーク

 

エスビット/ポケットストーブミディアムWS

手ごろで使いやすい山旅の永遠の相棒。

固形燃料と観音開きのゴトクがセットになったエスビット。さらにサイドスクリーン的な風防も装備し風への弱さを抑制。火力は最小限だが気長に待てば調理もでき、エマージェンシー用としても使えるのでつねに装備したい。

  • ¥2,200
  • 収納サイズ:11.5×8.6×2.3cm
  • 重量:176g
  • (問)飯塚カンパニー

 

※この記事はPEAKS[2023年4月号 No.159]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

山行のクオリティUP!ストレスなく調理するために。クッキングツール【クッカー 編】 |PEAKS MOUNTAIN GEAR COLLECTION 2023

山行のクオリティUP!ストレスなく調理するために。クッキングツール【クッカー 編】 |PEAKS MOUNTAIN GEAR COLLECTION 2023

2023年06月29日

自分にあった機能を選ぶ、レインウエア【前編】|PEAKS MOUNTAIN GEAR COLLECTION 2023

自分にあった機能を選ぶ、レインウエア【前編】|PEAKS MOUNTAIN GEAR COLLECTION 2023

2023年05月17日

波乱万丈 白馬岳温泉旅物語 〜私たちがテントを担いだ4日間・前編〜

波乱万丈 白馬岳温泉旅物語 〜私たちがテントを担いだ4日間・前編〜

2021年07月23日

**********

▼PEAKS最新号のご購入はAmazonをチェック

マイナビ出版
¥1,650 (2024/03/03 22:13:06時点 Amazon調べ-詳細)

Info

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load