BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

山や自然になじむメイクとスキンケア講座~前編~|ランドネ山大学ONLINE

山を安全に楽しむための学びコンテンツをYouTubeで配信している「ランドネ山大学ONLINE」。そのテキストブックとなるのが、この企画です。今回はヘアメイクの鈴木智香さんに、日焼け対策のためのスキンケアやメイク術を教えていただきました!

ランドネyoutubeで公開中の「山や自然になじむメイクとスキンケア講座」がこちらからご覧ください>>>>>

教えてくれたのは

ヘアメイク 鈴木智香さん
ファッション誌をはじめ、ショーや広告などを中心に活躍。ランドネのモデル撮影を担当することも。海あそびや高尾山ハイクなどを楽しんでいる。

普段よりももっとナチュラルなメイクを

絶景の稜線や、木漏れ日の心地よい森を歩いているときも、どこかで気になっているのがメイク崩れや日焼け。汗をかいたり、太陽の光と紫外線を浴びることは、どうしたって避けられないのが山歩き。けれど、汗をかいても崩れにくいメイクをして、紫外線を感じても日焼けしにくい対策をしておくことは、そんなに難しくない。楽しい山歩きのあとに、写真を見たり、鏡を見て後悔しないために、ここで大切なお肌や笑顔を守る術を学んでおきませんか。
「山や自然になじむメイクは、普段よりもさらにナチュラルを心がけることです」そう教えてくれる鈴木智香さん。

「ナチュラルメイクだと、気になる肌の状態をカバーしたり、紫外線対策がしっかりできるのかが心配、と思うかもしれませんが、選ぶアイテムとメイク&スキンケア方法がしっかりとていねいにできていれば大丈夫です。いわゆる、ベースメイクの塗り方の基本といわれる5点塗り(両頬、額、鼻、あご)だと、山や自然のなかでは多すぎる。ファンデーションも、崩れたときに汚くなるので、使わなくてOK。ここ10年くらいでナチュラルメイクが浸透し、アイメイクや眉毛の形はアップデートしている方がほとんどですが、ベースメイクは以前のままという方が多い印象です。ぜひここで学んだメイクとスキンケアを実践し、いま以上に山歩きを楽しんでください」

日焼け対策には保湿が重要!

「日焼け対策のためには、UV クリームを塗る以外に、肌の水分量を保つことがとても重要です。干物がよく焼けるように、乾燥した肌はとても焼けやすい状態。水分量が多いとリカバリーが早いため、保湿は普段の2 倍以上がおすすめです。山歩きをしたり一日中外にいた日の夜は、ぜひ保湿パックをしましょう。また日焼けをしているときは肌トラブルが起こりやすいため、山小屋などに持っていく化粧水や乳液は、使い慣れているものが安心です」

山小屋でもケアできるコットンパック

自宅のほか、山小屋などでも行ないたい保湿パック。コットンパックは、化粧水をしみ込ませたコットンを5枚に割いて、両額、頬、鼻、あごへ。時間の目安は1回5分ほど。手で化粧水を塗る場合は、2、3分おいて2回くり返すと◎。

おすすめアイテム

トーン/スターターキット(M)
どんな環境でも、みずみずしく澄んだ肌に導いてくれるスキンケアアイテム(クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液、オイル)がひとつになったセット。各容器は環境に配慮した素材を使用。4,180円。

ファミュ/ルミエール ヴァイタルマスク
肌のキメを整えクリアな印象へと導く美容液とシートマスクのセット。乾燥によるくすみもケア。ジャスミンやゼラニウムなどのフローラルベースに、アオモジ、ユーカリ、レモンの精油をブレンドした清々しい香り。5袋入り4,840円。

忘れがちなくちびるのUVケアも!

オールグッド/リップバーム(CO) SPF20
サンゴ礁や海洋生態系に有害な紫外線吸収剤を使用しないリップバーム。ラベンダーエキスやヘラオオバコ葉エキスなど、自然の治癒効果をもつオーガニックハーブをブレンドし、荒れたくちびるの修復を助ける。990円。

メイク直しにはUVパウダーを

トーン/デューイ モイストプレストパウダー 01 SPF14/PA++
山歩きの途中、手軽にメイク直しをしたいときは、汗を拭きとったあとにパウダーを使えばOK。SPF入りで紫外線ケアにも。ひと塗りで崩れたメイクが朝の仕上がりに戻り、透明感ある肌に。3,520円。

メイクを始める前に…

ティッシュや手ぬぐいでオフ
スキンケアをしたままの状態からメイクをし始めると、肌の表面には化粧水や脂が残っているため、メイク崩れの原因にも。下地を塗る前には必ず余分な脂をティッシュや手ぬぐいで優しく吸い上げると◎。

メイクを落とすときは…

シートは広げず、厚みのあるまま使用
山小屋ではお風呂がなく、水を使う量も必要最低限にするべき場所もあるため、一日くらいメイク落としをサボってもいいかと思うことも。しかし、肌のことを考えるならNG。メイク落としシートは、畳んだまま拭くと、指が肌に当たりにくく優しく拭き上げられて◎。

商品問い合わせ:コスメキッチン TEL.03-5774-5565

「山や自然になじむメイクとスキンケア講座~後編~」はこちらから>>>

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load