BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

登山で活躍するスマートウォッチの選び方・おすすめ機種8選

最近、山登りが好きな方の中では、登山用のスマートウォッチが急速に普及しています。

山の情報、経路、自分の身体情報などを把握しやすく、手首に収まるので手を塞ぐこともありません。

そこで今回は、登山向きのスマートウォッチの機能や選び方、オススメのアイテムを紹介させていただきます。

これから購入したいけど、どれを選べばいいかわからないという方は参考にしてみてください。

登山で活躍するスマートウォッチとは?

登山用のスマートウォッチは、一般的なフィットネス用のスマートウォッチと比べてかなり多機能です。

気圧や高度、マップ表示などを備えているタイプが多く、さらに頑丈で防塵防水、耐衝撃設計と山好きにとっては至れり尽くせりですね。

もちろん充電の必要があるし、多機能な分、普通のスマートウォッチより高価なモデルが目立ちますが、一度使うと手放せなくなるでしょう。

登山用スマートウォッチの必要機能を紹介!

それでは、登山用スマートウォッチの代表的な機能をいくつか紹介させていただきます。

一つでも重要だと思う機能があるなら、登山用スマートウォッチの利用を検討するのはどうでしょうか。

自分の登山情報を知る

登山中にスマートフォンで位置確認するのはかなり危ないですよね。

特にトレッキングポールなどで腕がふさがっている場合は、ストレスがたまります。

一方で、登山用のスマートウォッチで地図やコンパスを確認できるならとても便利です。

簡単にチェックできるので、確認する頻度も増え、道を間違える可能性も一段と下がるでしょう。

ですから、登山用スマートウォッチを購入するなら地図機能とコンパス機能は必須です。

パソコンやスマートウォッチで登山ルートを設定して取り込めるモデルもあり、ルートから外れると警告してくれる製品もあります。

山の情報を知る

気圧計や高度計を搭載しているモデルもあります。

天候は気圧の変化により左右されるため、随時、気圧計を確認することで、今後の天候を予想しやすくなります。

また、高度計で現在の標高を確認すれば、登山の進行度が確認しやすく、大きなマップで現在位置を把握するときにも役立ちます。

こうした機能は登山初心者にとっても助かる機能で、天候の移り変わりを経験則で判断したり、地図で現在位置を把握するのが苦手な方の大きな助けとなるでしょう。

ベテランにとっては便利アイテム、初心者にとってはお助けアイテムといっても過言ではありません。

身体状況を把握する

登山用スマートウォッチは心拍計を搭載しているモデルが一般的です。

心拍数は、運動量がアップすれば数値があがっていくものなので、運動強度を知るのに役立ちます。

登山中のペース配分はかなり難しく、「もうすぐで休憩場所だ!」「頂上まで後ちょっと!」となると無理しがちですよね。

そんな時、登山用スマートウォッチで心拍数を把握していれば、自分に無理のない運動範囲に納めることでペース配分がしやすくなります。

自分の体調は、ベテランでも把握しずらく曖昧なものですが、心拍数で管理すれば一目瞭然。体調によるトラブルを未然に防ぐことができます。

実用的で便利な機能

登山情報や山情報、身体状況の把握以外にも便利な機能がいくつかあるので、まとめて紹介させていただきます。

防塵防水

山の天気は移り変わりが激しいので、防水機能はほぼ必須といって良いでしょう。

天気が悪い時に頼れないのであれば意味がないので、防水機能や防塵機能のチェックは重要です。

ソーラー充電

登山用スマートウォッチは、多機能であるがゆえにバッテリー消費が激しい製品が多いです。

ソーラー充電機能があれば、バッテリーの減りを緩やかにすることができますし、休憩中に充電させることもできるのでかなり便利です。

カラー表示

カラー表示できるモデルは一長一短です。

地図が見やすくなるという大きなメリットがある一方、バッテリー消費が激しくなるので、長時間の登山では困ることもあるでしょう。

カラーモデルが欲しい場合は、休憩するタイミングでモバイルバッテリーから充電することを前提で運用したほうが安心です。

モバイルバッテリーは容量に比例して重くなっていくので、登山に持っていくデジタルギア(スマホやタブレット、LEDライトなど)を考慮した上で、最適な容量を選びましょう。

よくわからないという方は、10000mahくらいがおすすめです。(スマホフル充電1回、登山用スマートウォッチフル充電1回しても余裕がある)

登山用スマートウォッチの選び方!

それではいよいよ、登山用スマートウォッチの選び方を説明させていただきます。

どれも重要なので、必ず確認しましょう。

対応OSやソフトウェアで選ぶ

登山用スマートウォッチはスマートフォンと同期するモデルが一般的です。

自分の持っているスマートフォンのOS(AndroidなのかiOSなのか)に対応しているかは必ず確認しましょう。

機能で選ぶ

前述の「登山用スマートウォッチの必要機能を紹介!」で取り上げた機能はもちろんとして、「カラーとモノクロを切り替えできる」など、細かな機能を多数搭載しているモデルもあります。

必須機能や価格で候補を絞ったら、その他の機能も確認してみましょう。

仕様で選ぶ

防水防塵や充電方式もしっかり確認しましょう。

USB-Cに対応しているか、急速充電できるのか、ソーラー充電できるのかなど、充電周りの仕様は特に重要です。

おすすめ登山用スマートウォッチ8選!

それではオススメ登山用スマートウォッチを8つ紹介させていただきます。

CASIO(カシオ) プロトレックスマート WSD-F30

カシオのプロトレックスマートシリーズは少々高価ですが、高品質で高耐久、国内時計メーカーならではの信頼感があります。

G-SHOCKで培われた堅牢なボディ構造は多くの登山家に愛されており、防塵防水だけでなく衝撃や落下、低温にも強く、プロの登山家も利用しています。

最大3日間、オフラインでもGPSや地図が利用できますし、省電力モード(エクステンドモード)にすればモノクロ表示とカラー表示を切り替える事も可能です。

ブランド的に圧倒的な信頼感があるので、「カシオなら安心だ!」と感じる方は、ぜひ検討してみてください。

お財布的にプロトレックスマートでもOKなら、最もオススメしたいアイテムです。

機能
心拍数計 あり
GPS あり(衛星3測位対応、低消費電力GPS搭載)
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 なし
防水 あり
その他の機能 ・CASIO MOMENT LINK(仲間と位置情報を共有し、テキストメッセージを送受信)
・カラー表示
・3つのバッテリーモード搭載
通常モード:全ての機能を使える
エクステンドモード:時刻、センサー、地図のみ(省電力)
マルチタイムピースモード:時刻とセンサー情報のみ(超省電力)

CASIO(カシオ) プロトレックスマート WSD-F30SC

プロトレックスマートWSD-F30SCは、前述したWSD-F30の高級モデルです。

使用できる機能は変わりませんが、より強固なガラス、バンド、筐体になっており、ビスやボタンの強度も上がっています。

どうせ登山用スマートウォッチを買うなら、最も堅牢なモデルを選びたいという方はこちらもおすすめです。

機能
心拍数計 あり
GPS あり(衛星3測位対応)
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 なし
防水 あり
その他の機能 ・CASIO MOMENT LINK(仲間と位置情報を共有し、テキストメッセージを送受信)
・カラー表示
・3つのバッテリーモード搭載
通常モード:全ての機能を使える
エクステンドモード:時刻、センサー、地図のみ(省電力)
マルチタイムピースモード:時刻とセンサー情報のみ(超省電力)

SUUNTO(スント) TRAVERSE (トラバース)

スント(SUUNTO)
¥47,176 (2024/05/21 07:55:12時点 Amazon調べ-詳細)

SUUNTO(スント)のTRAVERSEは、カシオのプロトレックスマートシリーズと比べるとかなりお手頃価格です。

モノクロ表示でマップはシンプルとなっており、すべて登山用スマートウォッチで管理するのではなく、時折スマホをチェックしながら、本機でサポートするタイプです。

専用のsuntoアプリが用意されており、心身の健康状態やSMSとリンクすることも可能で、日々のヘルスケアにも役立つでしょう。

そんなに厳しい登山をするつもりはない、家族でのんびり山登りを楽しむ程度というならば、かならいおすすめです。

フィンランドの人気ブランドであり、見た目がスタイリッシュでカッコいいのもポイント。アウトドアだけでなくビジネスシーンで装着していても違和感がありません。

機能
心拍数計 あり
GPS あり
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 なし
防水 あり
その他の機能 ・フラッシュライト
・ストームアラーム
・液晶画面反転機能

公式ページはこちら

SUUNTO(スント) Spartan Ultra HR (スパルタン ウルトラ エイチアール)

SUUNTO(スント) Spartan Ultra HRはカラー表示が可能となっており、地図も見やすくなっています。

登山だけでなく様々なアウトドアシーンを想定して作られており、スイミングやサイクリングでも活躍するでしょう。

「SUUNTOが気に入ったけど、モノクロは嫌だ」という方は、より堅牢でカラー表示が可能なこちらがおすすめです。

機能
心拍数計 あり
GPS あり(GPS、GLONASS)
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 なし
防水 あり
その他の機能 ・睡眠分析

SUUNTO(スント) SUUNTO9 BARO(スント9 バロ)

SUUNTO9 BAROはSUUNTOの登山用スマートウォッチの中でもハイグレードな最新機種です。

Spartan Ultra HRとの違いは、より長寿命のバッテリー、精度の高いセンサー類を搭載しています。

省電力モードであっても、GPSと加速度センサー機能を使って距離や軌跡を正確に保存できるため、使い勝手が更によくなっています。

ベゼルがステンレススチールになっているので、より頑丈な点も見逃せない点でしょう。

機能
心拍数計 あり
GPS あり
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 なし
防水 あり
その他の機能 ・インテリジェントバッテリーモードで4つのモードを選択可能(パフォーマンス、エンデュランス、ウルトラ、ツアーモード)
・25時間から最大170時間の記録が可能

公式ページはこちら

GARMIN(ガーミン) アウトドアウォッチ Instinct

GARMINのInstinctは、SUUNTOよりもアウトドア向きらしいデザインとなっており、見た目通り頑丈なわりに軽量で扱いやすい登山用スマートウォッチです。

ストレス計測や睡眠計測も可能で、日常に健康管理にも向いており、様々なシーンで活躍するでしょう。

登山は好きだけど、年に2~3回しか行かないという方は、日常でも役立つ本機がおすすめです。

機能
心拍数計 あり
GPS あり(GLONASS /補完信号:準天頂衛星みちびき / Galileo)
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 なし
防水 あり
その他の機能 ・超軽量
・ストレス計測

GARMIN(ガーミン) Instinct 2/2S Dual Power

ガーミン(GARMIN)
¥56,430 (2024/05/21 07:55:14時点 Amazon調べ-詳細)

Instinct 2/2S Dual Powerは、GARMINのInstinctシリーズの最新機種であり、ソーラー充電にも対応したモデルです。

元々のバッテリー容量が多い上にソーラー充電可能なので、稼働時間はかなり長め。そこそこ天気のいい日であれば、バッテリーはほとんど減りません。

登山だけでなくサーフィンにも向いており、潮の満ち引きが確認出来るタイドグラフも表示可能です。

機能
心拍数計 あり
GPS あり(GLONASS /補完信号:準天頂衛星みちびき / Galileo)
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 あり
防水 あり
その他の機能 ・超軽量
・ストレス計測
・サーフィン機能

公式ページはこちら

GARMIN(ガーミン) fenix 7X Sapphire Dual Power

ガーミン(GARMIN)
¥98,182 (2024/05/21 07:55:15時点 Amazon調べ-詳細)

fenix 7X Sapphire Dual PowerはGARMINの登山用スマートウォッチの中でも最も高性能な機種です。

画面内で詳細なマップを表示出来る上に、ソーラー充電も可能なので、カシオのプロトレックスマートと比べても遜色ありません。

その分、お値段もかなり高くなっているので、ソーラー充電が必要かどうかが大きなポイントとなるでしょう。

機能
心拍数計 あり
GPS あり(GNSSマルチバンド)
コンパス あり
高度計 あり
気圧計 あり
ソーラー充電 あり
防水 あり
その他の機能 ・軽量
・フラッシュライト

公式ページはこちら

登山用スマートウォッチのおすすめアプリ

登山用スマートウォッチにインストールしたいオススメのアプリを2つほど紹介させていただきます。

どちらも便利なので、是非ともチェックしてみてくださいね!

その他の便利なアプリは以下の記事で紹介しているので、ご確認ください。

もう悩まない、今年こそ決めたい登山用GPSアプリ! メジャーな4アプリを徹底比較!

もう悩まない、今年こそ決めたい登山用GPSアプリ! メジャーな4アプリを徹底比較!

2022年03月11日

地図の見やすさで選ぶなら「YAMAP」

YAMAPは自分のルートを作成し管理するのに便利なアプリで、おおよそのタイムスケジュールも計算してくれます。

無料版では地図のダウンロードは月に2枚まで。また、自分が歩いた軌跡や撮影した写真を登山日記として保存することができます。有料版では50枚まで地図のダウンロードが可能です。

地図の保存枚数は公式HPをご確認ください。https://help.yamap.com/hc/ja/articles/900006306006

安全性で選ぶなら「ヤマレコ」

ヤマレコも地図をダウンロード可能で、無料版は2枚という制限があります。

ルートを作成すると、予定時間、距離、高低図も表示され、他のヤマレコユーザーが辿った軌跡も確認できます。

とても人気のあるアプリなので、使ってみて便利だと感じたら有料版にアップグレードするのも良いでしょう。

スマートウォッチを使って、安全で快適な登山にしましょう!

登山用スマートウォッチを使えば、山登りが楽になることは明白です。

ベテランの方はもちろんのこと、山登り初心者の大きな助けにもなるデジタルギアなので、持っていて損はありません。

普通のスマートウォッチと比べるとお値段が高い印象ですが、その分機能も充実しており、Apple Watchにはないメリットも沢山あります。

気になる方は、ぜひとも検討してみてくださいね!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load