BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【真鍋未央のランニングフォーム診断&改善メニュー】腕振りの引きが弱い

ランニングコーチ真鍋未央さんが、頑張る市民ランナーのフォームをチェック。
いまより美しく、快適に走れるフォームへの改善ポイントや、すぐに取り組めるエクササイズなどをレクチャーします!

【今回のチャレンジャー】
坂元千絵さん

7年前にダイエット目的で始めたランニング。コツコツと練習し記録を更新し続け、サブ4を達成! いずれはサブ3.5で完走するために、フォーム改善を目指す。

坂元さんのRun Data

ラン歴

7年半

月間走行距離

150km

ランニング頻度

週2〜3回

1回あたりの距離

10km以上

自己ベスト

3時間53分/フル

目標

サブ3.5

【BEFORE】坂元さんのフォームをチェック!

悩み

腕振りや姿勢が気になる

トラブル例

  • 体がブレやすくなる
  • 推進力を得られない
  • 腰を痛めやすい

【真鍋コーチのフォーム診断】
肩甲骨を柔軟にして、美しい腕振りを!

姿勢がよく脚運びもスムースですが、腕振りが気になりますね。まず、腕振りの引きが弱く、前にばかり大きく振ってしまっています。これにより、体を左右にひねってしまい、上半身にブレが生まれています。これでは、推進力を得にくいことはもちろん、腰を痛める可能性も。ストレッチなどを取り入れ、快適なフォームを体得しましょう。

NGポイント

  • 腕振りの引きが弱い
  • 体をひねってしまう

フォーム改善に役立つエクササイズ&ストレッチ

上半身を柔軟にするストレッチ

四つん這いになり、大きく息を吸いながら胸を引き上げる。めいっぱい胸を引き上げたら、大きく息を吐きながら肩甲骨を引き寄せる。これをラン前に5〜10回取り入れる。

じっくり時間をかけて行おう

呼吸をラクにする壁ストレッチ

壁に片手をつき、姿勢を正す。反対側の肩と腕を外側に開いていき、徐々に胸を張っていく。鎖骨から肩甲骨が伸びていることを意識しながら行う。ラン前に左右5回。

伸ばす筋肉を意識して深呼吸

【AFTER】安定感のあるスピーディーなフォームに!

動画でもっと詳しくフォーム改善エクササイズをチェック!

コーチ紹介

真鍋未央
現役時代、資生堂で実業団選手として活動した経歴をもつランニングアドバイザー。現在は、楽しく、美しく、速くをモットーに、クラブや企業などを対象にしたランニングイベントを開催。
公式ブログ:「Miobiyori 〜Beautiful Running Life〜

ランニングスタイルフォームチェックyoutube動画一覧へ

出典

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

No more pages to load