BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【ソルトワールド基礎講座】メタルジグのフックセット

メタルジグのフックは前に付ける? 後ろに付ける?

海底にメタルジグを沈めて根魚やマダイ、青物など様々なターゲットをねらうジギングは、オフショアの人気釣りもののひとつ。難しいキャスティングも必要なく、ベイトタックルならリールのクラッチボタンを押すだけ、スピニングタックルならベイルを開いてラインを放出するだけでゲームを開始できる手軽さも魅力です。

手軽と言えば、最近はジギングのカテゴリーも普通のジギングから「ライトジギング」、「スーパーライトジギング」、「マイクロジギング」へとライト化が進んでいます。そのため釣り場が近く、体力的な負担も少なく、よりいっそう入門しやすい釣りになりました。

さてそのジギングですが、メタルジグのフックはフロント(ヘッド側)とリア(テール側)、どちらに付けていますか? 前だけ? 後ろだけ? それとも両方? 「あまり気にしていないよ」なんていう人もいるかもしれませんね。でも、これによって釣果が変わってしまうこともあるので、ケースバイケースで最適なフックセッティングを行いたいものです。

フックを付けるのは、言うまでもなくアタックしてきた魚を掛けるためですから、単純に考えれば前と後ろ、両方付けておいたほうがフッキングの確率は高くなります。また、フックが二つ付いていれば、片方が口に、もう片方がエラなどに掛かってバラシにくくなるという二次的なメリットも生まれます。

フロント、リア両方にフックがあればヒットの確率が上がる。しかし…。

しかしそのいっぽうで、ゴツゴツと起伏の激しい地形の底ギリギリを繰り返し探る釣りでは、リアフックがあることで根掛かりの確率も高くなってしまいます。そこで、狙うレンジやターゲットの捕食方法によってフックのセッティングを変える必要が出てきます。そこで、フロントフックとリアフック、それぞれの役割を考えてみましょう。

フロントフックは遊泳力に優れ、ベイトフィッシュを頭から襲うターゲットや状況で効果的。ブリなどの青物はこのタイプです。リアフックがないぶん、ジグの動きも良くなるため、テクニカルに誘って喰わせるケースでもフロントフック単体での使用が有利です。

ただ、ある程度長いジグの場合、フロントフックだけではハリ掛かりしそうにないという不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。その不安からアシストフックのラインを長くして、ジグの中央までフックを伸ばすケースも見受けられますが、これは逆効果。なぜならラインが長ければ長いだけ、フォール時はフックがジグ本体から離れてしまうからです。

アシストラインが長いほど、フォール時にはフックがジグ本体から遠くなってしまう。

もともとフロントフックはベイトフィッシュを頭から飲み込むケースを想定しているので、ジグ全体を覆う必要はありません。目安はジグ本体の三分の二くらいまで。もしもジグの下半分を喰ってくるなら、リアフックを付けることをお薦めします。リアフックはフォールでのヒットが多い状況やターゲットに効果的。また、ジグを追尾して後ろから喰ってくる魚にもリアフックが有効に働きます。根魚やマダイ、イサキといったターゲットがこれに該当します。

リアフックに掛かったアオハタ。タダ巻きのジグに後ろからアタックしてきた。

しかしフォールのアタリが多い場合でも、リアフックのみ付けるケースはそれほど多くありません。ベイエリアでのシーバスジギングにおいて下の写真のようなセッティングがありますが、リアフックのみのセッティングはレアケースと言えるでしょう。

シーバスジギングではリアフックのみというパターンもあり。巻きで喰わせる時に有効だ。

以上を総合すると、状況が許すならフロントとリア両方にフックを付けるほうが安心と言えそうですが、前述の通り、リアフックにはふたつの問題があります。

ひとつは、リアフックを付けることで根掛かりのリスクが増えること。岩礁帯のボトムを攻めるときはとくに注意が必要です。もう一つはリアフックの抵抗でジグの動きが悪くなってしまうこと。大きなフック、重いフックほど動きに悪影響が出ます。

根掛かりは避けたいし、ジグの動きが悪くなるのもイヤ。でもリアフックを付けないとフッキングしない…という場面ではどうするのがベターでしょうか。完璧な答えはありませんが、テールフックをトリプルではなくシングルフックに変え、シングルのなかでもハリ軸の細いものを選ぶようにすることは効果的です。シングルにすることでジグの動きと根掛かりの問題が軽減され、細軸にすることで仮に根掛かりしてもハリが伸びて回収できる可能性があるからです。

リアフックをシングルにすれば根掛かりのリスクも軽減できる。

特殊なケースとしては、タチウオ釣りにおいてリアにバーブレスのトリプルフックやフォースフックをセットするパターンもあります。

また、エキスパートのなかには、ジグの姿勢をコントロールするために前後のフックでバランスを取る人もいます。つまり、ジグのアクションに対してはフックの抵抗がマイナスになることもありますが、それを逆手にとってジグの動きをセーブしたり、姿勢を整えたりすることもできるということですね。

次回はフックの種類と使い分けについて考えてみましょう。

 

 

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load