BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【実釣後編】

イカメタル発祥の地でもある日本海エリアで、現在人気なのがオモリグ釣法。それに対応するNEWアイテムを今夏多数リリースしたメジャークラフトの広瀬達樹さんと柴田正夫さんが、兵庫県浜坂で実釣し、その優れた釣力を見せてくれた。今回は【実釣前編】に引き続き、入れ食い状態だった釣果の様子をたっぷりと紹介する。

特徴の違う釣りを使い分けて大漁捕獲に成功!

「柴田君、アタったの水深何メートル?」

「船長、レンジは?」

広瀬さんは常にレンジを気にしつつ、イカメタルではビッグアイメタル、弾丸TGスッテ、ビッグアイスッテにビッグアイエギスッテとローテーションし、アクションを替え、ときにオモリグに替え、折々変化するレンジに正確に入れ込んで誘い、ダブルヒットなど、次々と釣果を上げていった。

▲トリプルクロスブランクがグッと絞り込まれる。周囲の景色が見えないだけにソリッドにファイトを堪能できる。

▲ベイトタックルは手返しよく繊細なアクションが可能。カウンター付きのリールを使えばレンジを正確に把握できる。

▲キャストするならスピニングがマスト。メジャクラのオモリグ専用ロッドはスピニングのみのラインナップだ。

「ちなみにスルメイカは性格的に荒いので、引きも強くて釣り味は楽しいですが、味はケンサキイカに軍配があがります」

となれば目指すはケンサキイカのダブルヒット。しかし今回はダブルヒットしてもほぼ一パイはスルメイカが混ざってしまったが、これも攻撃的な性格によるのではないかとのこと。

▲ベイトタックルの繊細なアクションに誘われたケンサキイカ。マイカ、アカイカ、シロイカなど地方により多くの呼称がある。

▲最初にダブルヒットを達成したのはなんと前田船長! しかもケンサキイカのダブルだった。

▲広瀬さんのエギスッテとメタルのダブルヒットに、柴田さんのエギスッテの一パイでトリプルヒット!

▲今回の釣行では見慣れたダブルヒット。的確なタックルローテーションで竿頭も夢ではない。

「明るいうちに釣れなかったのが残念ですが、夜になったら入れ食いでしたね」
 
21時半頃までの短時間釣行だったが、柴田さんが最大胴長38センチのケンサキイカを捕獲。数ではふたりで数えきれないほどの釣果となった。

▲柴田さんがエギスッテとメタルのダブルヒット。メタルで釣れたケンサキイカが今回の最大サイズとなった。

▲携帯可能な新製品『メジャーのメジャー』で測定。70cmと130cmの2タイプでカラーは黒と青の2種類(写真は黒)。

「ケンサキイカはボトムべったり、スルメはちょっと浮いていたのでレンジの釣り分け、バーチカルなベイトとキャスティングのスピニング、そして潮の速さによるイカメタルとオモリグと、適材適所のタックルローテーションで釣り続けることができました。でも逆に言えばイカメタルだけ、オモリグだけだったらここまでは釣れていなかったと思います」

▲全ビッグアイシリーズ&弾丸TGスッテと、持ち込んだすべてのアイテムで捕獲に成功。夜の釣行を彩った。

繊細なアタリを繊細なティップで掛けるイカメタル、激しくアクションさせ、強い潮流に負けないウエイトを背負うパワー重視のオモリグと、ロッドや仕掛けの重複はできず、釣り方も大きく違うのでタックルを揃えることが必要にはなるが、それほどの価値はあるはず。

「ツツイカ系は単純に釣って楽しく食べて美味しいので、ぜひイカメタルとオモリグの二刀流でトライしてみてください」

TACKLE

下の写真左
ロッド:トリプルクロス TCX-S732XH/OMORIG
リール:ルビアスLT3000
ライン:弾丸ブレイドエギングSP X8 0.6号
リーダー(1):弾丸フロロショックリーダー3号
リーダー(2):ビッグアイ イカメタルリーダーオモリグタイプ

下の写真中
ロッド:トリプルクロス TCX-B662H/NS
リール:ティエラA IC 150L-DH
リーダー(1):弾丸フロロショックリーダー3号
リーダー(2):ビッグアイ イカメタルリーダーショートWタイプ

下の写真右
ロッド:トリプルクロス TCX-S662M/NS
リール:ルビアスLT2500S
ライン:弾丸ブレイドエギングSP X8 0.5号
リーダー(1):弾丸フロロショックリーダー3号
リーダー(2):ビッグアイ イカメタルリーダーショートタイプ

▲ラインはおなじみ弾丸ブレイドのエギングスペシャル。リーダーもエギング専用モデルを使用した。

【この記事は2021年7月現在の情報です】

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【実釣前編】はこちら>>>

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【実釣前半】

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【実釣前半】

2021年08月30日

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【オモリグ】はこちら>>>
但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【オモリグ】

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【オモリグ】

2021年08月30日

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【イカメタル】はこちら>>>
但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【イカメタル】

但馬浜坂のオモリグ&イカメタルゲーム【イカメタル】

2021年08月31日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load