BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

大阪市北区・シマノスクエア【TOUR de CAFE-サイクルカフェ物語-】

お店のコーヒーもサンドイッチも「シマノクオリティ」

世界最大の自転車パーツメーカー、シマノが経営するコミュニティスペース。店内に入るとカフェの奥にある、シマノ製品の展示に思わず目を奪われる。パーツの分解展示、歴代デュラエースのディスプレイなど、マニアならずとも時間を忘れて見入ってしまうものばかりだ。自転車があるライフスタイルのすばらしさを、そんな展示を通じて感じてほしいと話すのは、シマノ企画部文化推進室の社員であり、ここシマノスクエアの副店長も務める宮脇恒太さん。「ここは私たちがパーツメーカーであることを直接お客様に伝える場であり、同時に自転車の文化を広く理解していただく場でもあります。メニューも自分たちで考えて作っています。ですからここで出されるコーヒーもサンドイッチも、みんなシマノクオリティです」。
展示を見ながら「これ使ってましたよ」というお客様の話に、聞き入ってしまうこともしばしば。説明する立場が、自分が生まれる前の製品の話など、逆に教えてもらうことも多く、そんなコミュニケーションも楽しいという。
宮脇さんは、父親の影響もあり子供のころから自転車が大好きだった。サイクリングは家族のコミュニケーションの場だったという。
「もっと多くの人に自転車と釣りの楽しさを知ってほしい。健康な人生を送る、自転車はその役に立つと信じています」。そう語る宮脇さんの目は真剣だ。
「その人が生き生きと過ごせる、ライフスタイルのお手伝いをする。それが私たちの仕事なんです」。その言葉は、シマノという企業の、そして全社員の思いを背負ったものに感じられた。

写真右の「散走バー」(300円/税抜)は、サイクリング時の携帯性や食感にもこだわったもの。ナッツや果物の配合など、季節感も楽しめる。
また「初心者向けのコースなどもご相談ください」とサイクリングの相談も受け付けてくれる!

左/カフェの奥にはこんなスペースが。トークショーなどのほか、「夜のシマノスクエア」と題したアフターファイブの変速調整やパンク修理講座などを開催 中/歴代デュラエースの展示には思わず見入ってしまう 右/店舗はグランフロント大阪北館のいちばん奥、ナレッジキャピタルの4階。海外の珍しい自転車なども展示する

 

SHIMANO SQUARE
大阪府大阪市北区大深町3−1 グランフロント大阪 北館ナレッジキャピタル
TEL. 06-4256-6789
営業時間:10:00 〜 21:00 定休日:月曜日
席数:38
サイクルラック:なし
地下駐車場4 時間ごと150円(最初の2時間無料)
https://www.shimanosquare.com/

過去から最新のバックナンバーまで連載はこちら

TOUR de CAFE-サイクルカフェ物語

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load