BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【バイシクルオブザイヤー2020】PINARELLO・DOGMA F12 DISK

今年も始まった「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020」!
栄えある栄冠はどのバイクに!? 選考委員会による10台のインプレッションをレポートする。

偉大過ぎる前作を超えたレーシングバイクその実力を知らぬ者はいない

ツール・ド・フランス2019での印象的な総合優勝が記憶に新しい、エガン・ベルナルらチームイネオスが駆るバイクがドグマF12だ。チームはおもにリムブレーキモデルを採用するが、バイシクルオブザイヤーではあえてディスクブレーキのドグマF12ディスクをノミネートした。これまで世界最高峰のロードレースで輝かしい実績を残し、もはや改良の余地をおもに残さないほど完成されたF10をリファイン。F12においてディスクブレーキとリムブレーキモデルは、それぞれ別のプロセスで開発されたが、共通した至上命題となったのが、優れたエアロダイナミクスと軽さと剛性を備えつつ、オールラウンダーとしての特性を維持することだ。ケーブル類をすべて内装化し、フレームとフォークの形状を最適化してドラッグを軽減。またBBとチェーンステー部分の剛性も向上。専用設計のディスクモデルにおいてはブレーキング時のフォークのねじれを軽減した。偉大すぎる前作を超えたオールラウンダー、F12の実力は、誰もが知るところだといえる。

ピナレロ・ドグマF12ディスク

Spec.
●137万円(完成車/税抜)
●フレーム:トレカT1100 1K ドリームカーボン ウィズ ナノアロイテクノロジー
●フォーク:オンダF12 Tトレカ T1100G 1K ナノアロイ ウィズ フォークフラップ
●コンポーネント:シマノ・デュラエースDI2
●ホイール:フルクラム・レーシングスピード40
●タイヤ:ピレリ・Pゼロベロ4S
●サイズ:42、44、46.5、47、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5、62
●実測重量(ペダルレス):7.57kg(470)
※試乗車スペック

高い剛性感が際立つレーシングバイク

【IMPRESSION RIDER】山口博久
レーシングバイクらしく、高い剛性が際立つバイクだ。ただ、レーシングバイクとして考えると、路面からの情報を素直に伝えてくれる扱いやすいバイクだといえる。具体的にはフォーク先で少し振動を吸収しながらも、それをスポイルすることなく伝えてくれるが、いっぽうで大きな衝撃がきたときにはうまく吸収して逃がしてくれる。腰が浮いている感じがなく、しっかり接地感がある。さらにハンドリングはピナレロらしく、倒すとスパッと曲がっていけるので、きびきびと走ってくれる。

まさしくロードバイクの頂点そのもの

【IMPRESSION RIDER】難波賢二
素材面で飛び道具のトレカT11001Kを使用している点以外は、極めて普通に仕上げてきたドグマだが、それでこそ王様。インデュライン時代から変わらないピナレロらしい盤石な走りとハンドリングに、新型のF12は若干以上の快適性も手に入れていると感じた。打てば走るし、打たずとも尊厳とともに走れる。こんな自転車は世の中にそうそうないだろう。ディスクブレーキを感じさせることなくここまで自然な乗り心地を手に入れている点がやはり素晴らしく、レーシングバイクの頂点そのもの。

問:ピナレロジャパン
www.riogrande.co.jp/pinarello_opera

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load