レリックから冬用の起毛タイツ「ネレイドαライトビブタイツ」が登場

「reric(レリック)」から、新製品が登場。2019年の秋冬コレクションとして、8~14度の気温帯での使用を想定した冬用の起毛タイツ「ネレイドαライトビブタイツ」がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

Nereid α Light Bib Tights(ネレイドαライトビブタイツ)

品番:1191101
カラー:ブラック
サイズ:S、M、L、XL、XXL
販売価格:21,000円+税

8℃~14℃の気温帯での使用を想定したビブタイツです。非常に保温性が高く肌触りの良い裏起毛素材イタリアカルヴィコ社ヴェルタを採用。ショルダーストラップはフリーカット仕上げで、肌への当たりがよく快適な着心地となっています。パッドは肌との一体感に優れたrericオリジナルの「RBC-00 BIO」を採用しました。前モデルのネレイドライトタイツにはあった、足首を通すループストラップをなくし、足首までの丈となり、個人の足の長さの差によるタイツのズレがなくなり、よりフィット感が向上しています。
運動量や発汗量が多いライダーにとって防風素材を使った素材はオーバースペックになることもあります。そんな問題を解決してくれる「ネレイド アルファ ライトビブタイツ」は防風素材を使用せず起毛素材のみで作られているので冬場に本気でライドする方に最適です。

POINT1 レリック定番素材 「ヴエルタ」

タイツ部分は秋冬ウェア定番素材のカルヴィコ社「ヴエルタ」を採用。起毛が滑らかで柔らかいので肌触りがよく、また保温と速乾性が高いので秋冬にピッタリな素材です。タイツ部分を全て「ヴエルタ」にすることで暖かい起毛が優しく肌を包んでくれるので着用時の冷っと感がなくなり、柔らかい履き心地により締め付けを軽減。
ビブと足首部分にレリックで最も採用されている「レヴォリューショナル」を使用し吸水速乾・通気性を重視しました。フリーカット仕上げにしているので、肌当たりがよくごわつきを軽減します。また背中の一部分はメッシュ素材にし通気性を高めムレを防止。

POINT2 改良されたパターン

ヒザのパターンを変更したことで、フィット感が高くなりペダリングがよりスムーズになりました。ループストラップ仕様もなくし丈のたるみやツッパリの問題を解消。ソックスのインとアウトもどちらも対応可能に。レリックロゴ入りのリフレクターで夜間の視認性を確保。

POINT3 オリジナルパッド

■RBC-00 BIO for Men
イタリアでパッドを専門としているエンジニアとの共同開発により完成したレリックのオリジナルパッドです。サドルと一致するように幾何学的なラインを実現することで最もダイナミックな反応を体感できます。

■回復力・圧縮強度・抗張性が高いウレタンフォーム
厚みが80mm〜120mmのウレタンはプレミアム品質のイタリア素材を採用。ウェーブデザインはスムースな移行ができ、スレに寄るストレスを軽減します

問:イノセントデザインワークス
http://reric.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load