BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

琵琶湖と富士山がサイクリングを軸に連携をスタート

琵琶湖と富士山という、日本一の湖と山を抱える地域同士が自転車で連携・交流していくための初めての意見交換会が2月6日、滋賀県守山市の琵琶湖マリオットホテルで開かれ、3県の財務事務所を仲介役に滋賀、静岡および山梨の3県の官民の関係者20名が顔をそろえた。

同会議は、今後東京五輪を機にインバウンドの増加も見込まれる中、「日本一」の強みを生かしたルートの連携により、サイクリングを軸とした観光誘客や情報発信の相乗効果を目的として、滋賀県守山市が財務省へ提案したことがきっかけで実施されたもの。初会合では、連携の第一弾として共通のパンフレットの制作が決定した。

そのほかにも受け入れ体制や走行環境整備の課題、ノウハウの共有、両ルートを走破した方への認定証や記念グッズの検討、関係者による両ルートの試走などの意見が出される中、今後連携の主体となっていく「ぐるり富士山風景街道」の田中孝治・サイクルネット研究会座長は「琵琶湖、富士山は日本の象徴。この連携を通して自転車を楽しむ人をさらに増やしていきたい」と意気込みを語った。

今回の意見交換会を主催した大津財務事務の橋本博紀所長は、「地方創生の取組が全国で進む中、3県をまたぐ連携を通して、それぞれの地域はもちろん、日本全体が元気になってほしい。こうした意見交換会が、そういう将来的な目的、地域活性化につながることを期待している」とコメント。

「ビワイチ(193km)」は、昨年11月に国土交通省にナショナルサイクルルートの指定を受け、「フジイチ(146km)」は、2020年東京五輪の自転車ロードレースの競技コースに一部が採用されている。この3県をまたぐ日本一の湖・山の連携の今後の取組に期待が高まる。

【DATA】
開催日:令和2年2月6日(木) 午前10時から正午まで
会場:琵琶湖マリオットホテル 会議室
主催:財務省近畿財務局大津財務事務所/協力 守山市

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load