BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

カンパニョーロ・ボーラ ウルトラ 50 クリンチャースぺシャルエディション限定発売

「Campagnolo(カンパニョーロ)」から「ボーラ ウルトラ 50 クリンチャースペシャル・エディション日本限定リム・ブレーキ・バージョン」が限定発売された。

レッドフランジ採用のカルトハブにレッドラベルのリム

1998 年に発表されてから20年、トップ・エンド・ホイールとして今日でも最高のパフォーマンス・レベルを維持している。
今回登場したボーラ50はWTO(ウィンド・トンネル・オプティマイズド)シリーズではなく、オリジナルボーラの50㎜ハイトモデル。ハブにはカルトベアリングを採用している。これはリムブレーキモデルのみ、リムブレーキホイールを選ぶならボーラだと呼ばれるほどの傑作だ。通常のブライトラベルとも違い、レッドステッカーを採用のグラフィックがバイクをよりレーシングな印象に仕上げてくれる。

通常はブラックに仕上げられたハブフランジが、レッドアルマイトで仕上げられている

ハブの剛性の差で最後の伸びを感じるウルトラ

CULTベアリングとUSBベアリングは同じグレードのセラミックベアリングだがカップアンドコーンの処理が異なる

ボーラウルトラはボーラワンに比べ、カーボンボディを採用しているためやや硬く感じる印象だ。きれいな路面やヒルクライムで実力を発揮する。ボーラワンのほうがどちらかといえばマイルドな乗り心地だが、ゴールスプリントなどの最後のひと踏みはウルトラのほうが伸びそうな印象だ。

ボーラ ウルトラ 50 クリンチャースペシャル・エディション日本限定リム・ブレーキ・バージョン

 

SPEC

リム・ブレーキ カンパニョーロ FWボディー / 41万1000円(税抜)
リム・ブレーキ HG FWボディー / 41万2000円(税抜)

重量:1435g
用途:ロード
ハイト:50mm
クラス:C17
タイヤタイプ:クリンチャー
リム径:28″-700C
外幅:24mm
スポーク:フロント18本、リア21本、G3スポークパターン
ニップル:アルミ製、ブラック、セルフ・ロック式

カンパニョーロジャパン
https://www.campagnolo.com/JP/en

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load