BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

Jプロツアー選手がお家でオンライン自転車レース! 地域クラブ対抗マッチレース開催

国内最高峰の自転車レース、Jプロツアーの4チームが、オンラインサイクリングコミュニティのZwift(ズイフト)を利用し、『Zwift 地域クラブ対抗マッチレース〜地域の誇りとプライドを掛けた戦い〜』を5月6日(水)に開催する。(以下、プレスリリースより)

自転車ロードレースチームによるオンライン仮想レースを開催

国内UCIコンチネンタルチーム であり、地域密着型クラブチームでもある、宇都宮ブリッツェン、さいたまディレーブ、那須ブラーゼン、ヴィクトワール広島の4チームは、オンラインサイクリングコミュニティのZwift(ズイフト)を利用し、『Zwift 地域クラブ対抗マッチレース〜地域の誇りとプライドを掛けた戦い〜』を5月6日(水)に開催します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、ゴールデンウィーク期間中はステイホームが推進されています。選手およびサポーターは自宅に居る事を余儀なくされてしまいますが、自宅にいながらも 選手はレース参戦が出来、サポーターに向けても各チームのYouTubeチャンネルからバーチャルレースのライブ配信をお届けする事が出来ます。

今回のZwiftレースでは、優勝者予想クイズも実施され、ゴール残り10kmまでに、Twitterで『優勝予想選手名』と『#zwift地域クラブマッチ』 のタグを付けて投稿いただき、見事予想を的中した全員に4チームのエンブレムや選手がデザインされた『ZOOM背景(PC版)』をプレゼントします。

《イベント概要》

開催日時:2020 年5 月6 日(水)11 時スタート
コース:London – Triple Loop 40.8km/544m
※ミートアップでの開催により、4 チーム限定でのレースとなります。

予定出場選手

◆宇都宮ブリッツェン(出走人数3名)
小野寺玲、鈴木龍、堀孝明
スマートトレーナー:Wahoo KICKR
◆さいたまディレーブ
小野康太郎、岸崇仁、藤田涼平、高木三千成(出走人数4名)
スマートトレーナー:TACX
◆那須ブラーゼン(出走人数8名)
西尾勇人、渡邊翔太郎、谷順成、柴田雅之、西尾憲人、竹村拓、佐藤大志、佐藤宇志
スマートトレーナー:TACX
◆ヴィクトワール広島(出走人数7名)
原田裕成、冨尾大地、桂慶浩、白川幸希、中川智、平林楓輝、西田優大
クラシックトレーナー: GROWTAC GT-Roller F3.2 GT-Roller M1.1

映像配信

各チームのYouTube チャンネルによりライブ配信を行ないます。
・宇都宮ブリッツェン:
https://www.youtube.com/channel/UC3F1wbeNSRGbqK5ivi_bVMw/featured

・那須ブラーゼン:
https://www.youtube.com/channel/UCGyft6hjKM56yCm2laytuWA/featured

・ヴィクトワール広島:
https://www.youtube.com/channel/UCSSR_fqWgZ67Ryf_EaofNFA/featured

各チームのコメント

■ 宇都宮ブリッツェン 清水裕輔監督のコメント
新しい試みで非常に楽しみです。新型コロナの影響により複数でのトレーニングおよびレース活動が出来ない状況ですので、バーチャルレースがサイクルロードレースの新たな価値を創出する事を期待しています。今回のレースで宇都宮ブリッツェンの出走人数は少ないですが、どのように影響するか解りませんが、やるからには勝利を狙います。

■さいたまディレーブ 長沼隆行GMのコメント
新型コロナの影響によりレース活動の中止や多人数でのトレーニングを自粛している中、新たな試みとして、自宅に居ながらでも地域や自転車業界を盛り上げようという動きは大変喜ばしい事だと思っております。選手・スタッフ一同楽しみにしております。今シーズンから初参戦のさいたまディレーブですので、楽しく全力で勝利を目指します。

■ 那須ブラーゼン 若杉厚仁代表のコメント
今回、またひとつ新しい取り組みのスタートを切れることをとても嬉しく思います。バーチャルレースはヨーロッパを中心に既に開催されてきましたが、日本国内のプロチームが手を携えてバーチャルレースを実施するという取り組みは初の例です。この新型コロナ禍は特に地域密着型チームにとっては今後さらに大変厳しい現実が待っているものと思います。今回のサイクルロードレースの新たな可能性と共に、光を見いだしたいと考えています。

問い合わせ:

宇都宮ブリッツェン
https://www.blitzen.co.jp/

埼玉ディレーブ
https://saitamadreve.com/

那須ブラーゼン
https://nasublasen.com/

ヴィクトワール広島
http://victoirehiroshima.com/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load