BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ついに7キロ台に突入! コーダーブルーム新作クロスバイク「RAIL LIMITED」

「KhodaaBloom (コーダーブルーム)」から新製品が登場。完成車重量 7.8kg のクロスバイク RAIL (レイル) シリーズ最上級モデル「RAIL LIMITED (レイル リミテッド)」がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

KhodaaBloom 最上級クロスバイクが誕生

RAIL LIMITED は RAIL シリーズ共通の特長である 1,350g というロードバイク並みに軽量なフレーム重量を活かし、この軽さに徹底的に磨きをかけた KhodaaBloom 最上級クロスバイクです。完成車重量 7.8kg は国内販売中のクロスバイクにおいて最軽量※を誇ります。

RAIL のフレームの軽さは、重量剛性比の高いアルミ合金パイプの肉厚を 3 段階に変化させるトリプルバテッド加工によって生み出されます。力のかかる部分の肉厚は厚く、力のかからない部分は最薄部「0.85mm」まで薄くパイプを加工することで、フレームの強度を保ちながら効果的な軽量化が可能になりました。溶接はパイプの接合部分に 2 重の溶接と手作業による研磨を行う「スムースウェルディング」技術を用いることで、応力集中の原因となる溶接部の急激な肉厚の変化を除去して強度を高めています。耐久性アップと同時に美しい外観も手にしました。

ジオメトリーにも走りの軽さを生み出す秘密があります。BB 位置を上げることで俊敏性を高めるとともに、フロントセンターを他ブランド同等サイズクロスバイクより約 20mm 長くすることでフラフラとしない高い安定感を持たせています。コーナリング時にペダルが地面に擦りにくく、またつま先が前輪に当たりにくくなるので初心者が楽に安心してサイクリングを楽しむことができます。
部品選定においては金属よりも軽量なカーボン部品をフロントフォーク、ハンドル、シートポスト、ギアクランクに取り入れることで、軽さだけでなくカーボンならではの振動減衰性で上質な乗り心地も付加されています。走りをしっかり支えるタイヤ、ブレーキなどの足回りにも Contineltal やシマノの高グレード品を採用し、安全に配慮しました。

フレーム色「シャイニーブラック」は遠目には黒色に見えるカラーですが、光の下で近づいて見ると青色ラメが煌めきます。特徴的なカラーリングが最上級モデルにふさわしい高級感を演出します。

RAIL LIMITED (レイル リミテッド)

希望小売価格:140,000 円(税抜)
サイズ/適応身長:400mm(155-170cm) 440mm(165-180cm) 480mm(170-190cm)
カラー:シャイニーブラック
重量:7.8kg(480mm)
付属品:ベル、リフレクター、ペダル
取扱店舗:全国の KhodaaBloom ディーラー
https://khodaa-bloom.com/bikes/rail/rail_limited/
※2021 年モデルに継続

軽量なカーボン製クランク

税別定価 1 本 8,200 円のContinental GRAND PRIX 5000

効きの良いシマノ DEORE グレードVブレーキ

太陽光の下で青色のラメがきらめくシャイニーブラックの塗装

バテッド加工イメージ画像。上からトリプル、ダブル、バテッドなし

 

KhodaaBloom (コーダーブルーム)
https://khodaa-bloom.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load