BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

7月から自転車の集団走行が可能に! オランダの今をオリンピアン與那嶺がレポート

オランダで活動するオリンピアン、女子ロードの與那嶺恵理選手が、先日、オランダ王立自転車連合から発表されたコロナ対策のアップデートについてレポートをくれた。オランダでは7月1日からは運動時のソーシャルディスタンス1.5mをとらなくてよくなり、レースも再開へ向けて動き出している。

8月1日のシーズン再開に向け、ハードワーク!

ベルギー アルデンヌ地方で練習を行う與那嶺恵理

こんにちは! 日本の皆様!

私は8月1日から再開されるワールドツアー、ストラーダ・ビアンカに向け、レースに即したトレーニングメニューを開始しています。

強烈なメニューですが、コンディションの向上も感じられる手応えがあるので、シーズン初戦まで集中してメニューを行います。

私が出場するレースカレンダーも確定し、10月末のパリ・ルーベまで長いシーズンの準備を進めています。

さて、オランダ王立自転車連合から先日新しいコロナ後の取り組みが発表されました。要約をすると7月1日より、運動時の1.5m距離保管の必要は無くなりました。これにより、レースの再開が可能となります。グループライドが可能となります。しかし常識を持ち、安全マージンをしっかり取って、この素晴らしいスポーツを楽しみましょう。(全文訳は以下参照)

とのことです。前向きなメッセージとレース再開に向けた準備が進んでいることを伺わせます。

日本の全日本選手権が中止されたことは本当に残念ですが、ヨーロッパではレース再開が近づいてきています。

皆さんも怪我なく、サイクリングを楽しみましょう!

全てを力に変えて與那嶺 恵理

トレーニングの補給には、前田製菓・WayToGo與那嶺恵理チャンピオンパッケージ

オランダ王立自転車連合のガイドライン

※この記事の最終更新日は、6月25日木曜日午後6時です。コロナウイルスに関する最新情報については、RIVM(オランダ国立公衆衛生環境研究所)のWebサイトを参照してください。
https://www.rivm.nl/

6月24日の記者会見で、内閣はオランダのスポーツに良い知らせがありました。

7月1日水曜日から、運動時に1.5メートルの距離を保つ必要がなくなります。これは、大人も運動中に距離を保つ必要がないことを意味します。これにより、サイクリングレースを再度開催することも可能になります。この記事では、これがグループや組織的な競技スポーツのトレーニングにとって何を意味するかについて詳しく読むことができます。

グループでトレーニングする

7月1日水曜日から、互いに1.5メートル離れることなく、公道をグループでサイクリングできます。もちろん、他の道路利用者にも注意してください。他の人を追い越すときは、可能な限り距離を保つようにしてください。

常識を使う

最後に、今より多くのことができるようになった今、あなたの常識を使用してください。サイクリングは地球上で最も美しいスポーツですが、私たちの集団的健康はより重要です。また、サイクリング中に鼻を「空にする」ことで、汚染物質が伝わらないようにしてください。代わりに、ティッシュで鼻をかむために少しの間停止する方がよいでしょう。責任を持って、RIVMからの更新を注意深く監視してください。

コンテスト開始フェーズ

内閣は7月1日から、誰もが1.5メートルの距離を保つことなく運動できることを示しました。現在、競技スポーツの再開に取り組んでいます。私たちはこれについて大会主催者と協議しており、内閣とNOC * NSF(オランダオリンピック委員会*オランダのスポーツ連盟)の一般的なスポーツプロトコルによる新しいリラクゼーションに現在のアドバイスを取り入れています。私たちの最優先事項は、クラシックや基準などの全国大会を始めることです。クラブの試合は、来年の全国試合の前任者になると期待しています。

関係当局との協議

実際に競技スポーツを始めるためには、NOC * NSF、大会主催者、競技主催者、自治体、安全地域など様々な関係者との協議が必要です。ルールとガイドラインは、このコロナの時期に競争を組織できるようにするために、今回の危機以前よりも厳しくなっています。競技会の許可は今では受け入れられません。安全地域にも新たな状況が生じています。これは、多くの地域で、カレンダーで試合を行うためにより多くの時間が必要であることを意味します。

また、競技に参加するボランティアが新しいプロトコルを知っていることも重要です。これは、競技前後の1.5メートルを保証するためです。これは、とりわけ、審判員バス内の審判員メンバー間の1.5メートルの距離、名誉プロトコル、競技会の観客、および新しいプロトコルを必要とする他の多くの事項を保証することに影響を及ぼします。

250人以上の観客が予想される屋外イベントへの対処方法については、NOC * NSFおよびその他のスポーツ協会と協議しています。ここでは、1.5メートルの距離での制御は非常に困難です。セキュリティ地域は、イベントの組織においてこれを執行する責任を負うことが期待されています。

9月1日のサイクリング開始の行動計画はほぼ準備が整っていましたが、内閣の最新の緩和に適合させる必要があります。具体的なガイドラインとアドバイスは、関連する安全地域からの許可を申請できるように、来週、大会主催者と競技主催者に通知されます。コンテストカレンダーでメンバーに十分なオファーが提供されることを願っています。

KNWU オランダ王立自転車連合のWEBサイトはこちら
https://www.knwu.nl/nieuws/de-wielersport-start-weer-op

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load