BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

CIPOLLINI・BOND SIRIES【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

独自性を宿しながらアップデートされた万能型ディスクロード

2020モデルとしてじつに7年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたオールラウンドレーサー「ボンド2」。
前作ボンドからの進化の過程を新旧モデルで比較しながらチェックする

COMPARISON 新旧モデル徹底比較

ハイパワーにも耐えられる高剛性フレームが多いチポッリーニのなかで、軽さと剛性のバランスをとったオールラウンドモデルとして2013モデルとして誕生した初代ボンド。

フロント三角をカーボンモノコック製法で作成し、リアのチェーンステーには特許を取得した「アトムリンク」と呼ばれる独自構造を採用、軽量化と剛性を両立したことで注目を集めた。

BBやヘッドチューブには、最新モデルでも継承されるBB386エボやテーパードヘッドチューブを採用し剛性を高める。

フレームのカーボン素材は、前作までのT700からT800へと変更し、さらなる剛性向上と軽さを実現。フレーム重量は1080gから1020gへ軽量化(ディスクブレーキ仕様)。

ボンド2のもうひとつのハイライトは、新たに採用した振動吸収機構「クロスボウファンクション」。前作より12%もの振動吸収性を高めることに成功している。

タイヤクリアランスも拡張し、ワイドな28mm幅のタイヤにも対応する。また、ケーブルラインはメンテナス性を考慮しつつ、最小限の露出に抑えることでエアロダイナミクス性能を高めている。

BOND

チェーンステーをBBのスリーブ(筒)に挿入し両サイドから挟みこむ構造をとる「アトムリンクシステム」とモノコック構造のフロント三角を組み合わせた初代ボンド。重量と剛性のバランスを両立させるための独自構造を開発した

BOND2

前作からチューブ形状を刷新したボンド2は、チューブ後端がフラット面のカムテール形状を特徴とし、整流効果も向上させている。前作と似ているようで、細部の形状を比較すると各部がアップデートされていることを確認できる

SECOND GRADE [セカンドグレード]

ライダーのボディサイズやライディングスタイルに合わせて設計されるフルオーダーフレーム「MCM」。
完全イタリアンメイドの真骨頂ともいうべき、希少価値の高いフルオーダーフレームの魅力を紹介する

カスタムオーダーが生む唯一無二の価値が手に入る

ロードバイクにとってポジション出しは必須だ。同時に見ためのバランスも見逃せない。シートポストが極端に短すぎたり、ステムが長すぎたりすればカッコいいフレームの魅力も半減だ。とくに胴長短足傾向にある日本人体型ではシートチューブとトップチューブのいずれかに合わせると、ほぼどちらかに違和感が生じる。それらを完全に解決してくれるのがサイズオーダーシステムだ。現代においてMCMは希少な存在だろう。

そのMCMの魅力を試乗車のインプレッションで語るのが失礼なのは承知だが、ボリュームのあるパワーラインの期待に応えるように走りはタフで力強い。

ハンドリングは安定性というよりは、クイックさを特徴とするレーシーな仕上がりだ。入力に対するリアクション性能が高く、妥協なきMCMの片鱗を感じとれた。

さて、いつかはオーダーメイドという憧れをもつサイクリストも多いはずだ。オーダーの流れは、ワイズロードの独自の計測システムであるバイオレーサーで測定したデータをもとに、イタリアの技術者たちが世界にひとつだけのバイクを作り上げる。

それでいて、価格は49万円(ディスクブレーキ仕様/税抜)。一生モノのバイクと思えば納得のプライス。しかも、カラーオーダーは4万とおり以上あり、アップチャージも納期の延長もなしだ。

左/シートポストの固定はウス式を採用し、下部からネジを締め付けることで確実に固定する
右/高剛性を確保する六角断面のダウンチューブはカムテール形状でもあり整流効果を高める

左/チューブどうしをつなぐカスタムフレームらしさが漂うBB集合部。好みのBBの選択幅の広いプレスフィットタイプを採用。高いパワー伝達性を約束するマッシブな四角断面チェーンステーが特徴的
右/扁平形状のシートステーは振動吸収性を高めつつ、横剛性を確保する設計

CIPOLLINI・MCM

INFO

チポッリーニ/エムシーエム
フレームセット価格:49万円(税抜/ディスクブレーキ仕様)、44万円(税抜/リムブレーキ仕様)
■フレーム:1K T800カーボン T2Tラッピング
■フォーク:1K T800カーボン
■カラー:カラーオーダー
■サイズ:フルオーダー(最小44〜最大63)
■試乗車実測重量:7.9kg(サイズM・ペダルなし)

問:ワイ・インターナショナル  www.cipollini.jp
 

ハシケンのロードバイクエクスプローラーの記事はコチラから。

「ハシケンのロードバイクエクスプローラー」一覧

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load