BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

石畳で鍛えられたロードバイク、ベルギーの「RIDLEY」からフェニックスSLC Disc登場

ベルギーのバイクブランドRIDLEY(リドレー)の日本総販売代理店ミズタニ自転車がRIDLEYの2021年モデルを発表した。注目はエアロエンデュランスロードの「フェニックスSLC Disc」、さらにグラベルロードの「カンゾー ファスト」などだ。リドレーらしく、石畳の国ベルギーで鍛えられた悪路での安定した走り、さらに風洞実験により築き上げられた高いエアロ性を複合的に仕上げられている。

RIDLEYは長年プロチームにもフレームを供給、いまでも「ロット・スーダル」に提供しているが、軽だだけではなく、その耐久性と剛性にも着目、ベルギーならではの石畳を走るレース「ロンド・ファン・フラーンデレン」をはじめ、過酷なレースを走ることでその性能の高さを証明してきている。

石畳で鍛えられたエアロエンデュランスレーサー
フェニックスSLC Disc

 

エンデュランスレーサーとして石畳のクラシックレースでプロ選手を支えたフェニックス SL Discがアップデートし、エアロなエンデュランスロードとして登場する。

これはノアファストDiscの開発で培ったエアロダイナミクスを採り入れたもので、敷地内に風洞実験施設持つリドレーならではのものだ。シートクランプはフレームに内蔵されているほか、ケーブルをフル内蔵できるF-Steererの採用により空気抵抗の低減している。

フレーム素材には、弾性率の異なる30T/24T HMカーボンを適材適所にレイアップし、Fenix SL Discから見直すことで、ヘッドチューブとBB周りの剛性と全体的な快適性が向上している。さらにダイヤモンドシェイプチューブをトップチューブとダウンチューブに採用、剛性と強度を向上させている。

このほか緩やかに湾曲したトップチューブが特徴で、横方向に扁平し細身にシェイプされたシートステー、左右非対称のチェーンステーを採用しコンパクトに設計されたリアトライアングルと組み合わせることで、快適性と剛性、反応性の調和をとっている。さらに石畳を想定し、長めのホイールベースにすることで直進安定性も向上している。

ケーブルをフル内蔵するF-Steererと専用コックピットの採用によりケーブル類は完全内蔵化を実現。コックピット周りで発生する空気抵抗を低減し、ハンドリング性能を向上させている。さらに緩やかに湾曲したテーパー形状のトップチューブはヘッド周りの剛性と振動吸収性を最適化している。

SPEC

価格:28万円(税抜/フレーム販売)
Bike Craft対応のモデル
シマノデュラエースBike Craft
R9100 DI2 62万6000円(税抜)
R9100 50万2000円(税抜)
シマノアルテグラBike Craft
R8000 DI2 46万4000円(税抜)
R8000 39万1000円(税抜)

サイズ: XS / S / M
カラー:Black-White-Red(FSD30As)
フレーム:30T/24T HMカーボン
フォーク:フルカーボン
フレーム重量 : 980g(XS)/ 1,006g(S)/ 1,029g(M)
フォーク重量 :379g(コラム長300㎜)
ヘッドサイズ :1-1/8 – 1-1/4
BB規格 :BB86
アクスル規格 :(F)12×100㎜ / (R)12×142㎜(ピッチ1.5)
ブレーキマウント規格 :フラットマウント
ローター径: 140㎜ /160㎜ 対応
シートポスト径: 27.2㎜
シートクランプ径:専用(付属)
最大タイヤ幅: 28㎜
ハンドル・ステム: Fast Integrated Cockpit 専用(付属)リーチ:75㎜ / ドロップ:130㎜ / ステム角度:-10°
Fディレイラー:直付
体重制限:110 ㎏

最速のエアログラベルレーサー
カンゾーファスト

 

エアロロードモデルノアファストDiscのテクノロジーを受け継いだエアロ性能を持たせたグラベルレーサー。オフロードを60%、オンロードを40%走ることを想定し、グラベルレースを最速で駆け抜けることを最大の使命に開発されたモデルだ。

インテグレーションされたフォーククラウンとダウンチューブや、内蔵されたシートクランプ、フロントフォーク先端に設けたF-Wingsが乱気流を抑制。ケーブルを完全内蔵できるF-Steererを採用することで空気抵抗の低減と優れたハンドリング性能を実現している。

また、特徴的なダウンチューブとシートチューブはタイヤ幅と同等に横幅を広げることで泥除けの役割を果たしす。さらに湾曲したトップチューブと細身のシートステーを採用してコンパクトに設計されたリアトライアングルにより快適性と反応性を高いレベルで両立させている。

対応タイヤ42㎜と、より太いタイヤが装着できるようにフロントギヤはシングル専用となっている。

SPEC

価格:33万円(税抜/フレーム販売)
Bike Craft対応のモデル
シマノGRX Bike Craft
GRX800 DI2 49万7000円(税抜)
GRX800 42万7000円(税抜)
GRX600 39万4000円(税抜)

サイズ :XS / S / M
カラー:Army Green-Gold(KAF01As)
フレーム :30T/24T HMカーボン
フォークフルカーボン
フレーム重量:925g(XS)/ 941g(S)/ 1,190g(M)
フォーク重量:490g(コラム長300㎜)
ヘッドサイズ:1-1/8 – 1-1/4
BB規格BB86
アクスル規格:(F)12×100㎜ / (R)12×142㎜(ピッチ1.5)
ブレーキマウント規格 :フラットマウント
ローター径:140㎜ /160㎜ 対応
シートポスト径 : Kanzo Fast Aero Seatpost 専用
シートクランプ径:専用(付属)
ハンドル/ステム: Kanzo Fast Integrated Cockpi(付属)リーチ:70㎜ / ドロップ:120㎜ / フレア:16° / ステム角度:-10°
最大タイヤ幅:42㎜
Fディレイラー :1X 専用
体重制限:110 ㎏

フレーム販売でも安心のBike Craft 対応モデル

ミズタニ自転車ではフレーム販売モデルを完成車として組めるように「Bike Craft」を導入する。

Bike Craftは通常の完成車販売とは異なり、好きなパーツやカラーを選び楽しみながら作り上げるパーツキットのこと。シマノの主要パーツのみのキットに合わせ、クランクの長さや歯数、カセットスプロケットの歯数など、体格や使用用途に合わせてサイズが選べるようになっている。なのでフレーム販売でも、パーツを組み合わせて好きなバイクを作ることが。たとえば付属していないホイール、ハンドル、ステム、シートポスト、サドルなどは好みに合わせて用意でき、カスタムバイクを作り上げることができる。

また、必要最小限のパーツキットになりますので、ホイールなど既にお持ちのパーツを使用することができ、
購入予算を抑えられるのが特徴だ。

Bike Craft対応のモデルに利用可能。Bike Craft キット内容はシマノの主要パーツのみとなる。

【メカニカルキット内容】
STI レバー / フロントディレイラー / リアディレイラ― / クランクセット / カセットスプロケット /
ブレーキキャリパー / チェーン / ブレーキローター
【DI2 キット内容】
STI レバー / フロントディレイラー / リアディレイラ― / クランクセット / カセットスプロケット /
ブレーキキャリパー / チェーン / ブレーキローター
ジャンクション A / ジャンクション B / バッテリー / 充電器 ※エレクトリックワイヤーの購入が必要です。
※フロントシングルモデルはシフトアウターケーブルの購入が必要です。インナーケーブルは付属しています。
※リア160㎜ディスクローターを選択の際は、フラットマウントアダプターの購入が必要です。
※FC- R9100P(パワーメーター)は対象外となります。

日本公式WEBサイトオープン! 詳細はこちらをチェック

リドレーの日本総販売代理店ミズタニ自転車による公式サイトがオープン。このほか、フェイスブック、インスタグラム、ツイッターでも情報を発信していくのでチェックしよう!
facebook   @ridleyjapan
Instagram   @ridleyjapan
Twitter   @ridley_jp

問い合わせ:ミズタニ自転車
https://ridley-bikes.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load