BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

元世界チャンピオンサガンが再始動!「ミラノ~トリノ」は4位、デマールが勝利

8月5日、イタリア北部で自転車ロードレース「ミラノ~トリノ」が開催され、アルノー・デマール(フランス/グルパマ・エフデジ)が勝利した。元世界チャンピオンペテル・サガン(スロバキア/ボーラ・ハンスグローエ)もコロナによる中断以降、久々のレース参加となり4位でゴール。勝利は逃したがこの週末のミラノ~サンレモに向けて調子の良さをアピールした。

平均時速45㎞超えの高速レース

コースはほぼフラットな198㎞で平均速度が45㎞/hを超える高速レースとなった。

レースは予想どおり序盤から逃げが決まり、マヌエーレ・ボア(イタリア/アスタナプロサイクリング)、ハイス・ファンフック(ベルギー/CCCチーム)など6人のライダーが7分を超えるリードを奪う。

これによりドゥクーニンク・クイックステップ、ロット・スーダル、グルパマ・エフデジ、ボーラ・ハンスグローエ、UAEチームエミレーツなどスプリンターを擁するチームの協調により集団は徐々にペースを少し上げていく展開となる。

残り50kmで逃げ集団はボアとサムエル・リヴィ(イタリア/イタリアナショナルチーム)が抜け出すが、最終的に1人となったボアが残り11㎞で吸収され、レースは振り出しに戻った。

最後はエフデジ列車がデマールを勝利に導く

メイン集団では各チームがスプリンターを勝たせるために列車を形成、サガン擁するボーラ・ハンスグローエは早掛けとなってしまい失速、結果的にサガンは4位でゴール。いっぽうデマール擁するグルパマ・エフデジが勝利をもぎ取った。2位にはカレブ・ユアン(オーストラリア/ロット・スーダル)、3位には先日、ストラーデビアンケで勝利しているワウト・ファンアールト(ベルギー/ユンボ・ヴィズマ)が入っている。

この週末8月8日にはミラノ~サンレモが控えており、299㎞という前代未聞の超長距離レースの結果が気になるところだ。サガンもレース後に「スプリントは早く仕掛けすぎたが、体調も感覚も戻ってきたのでミラノ~サンレモが楽しみです」とコメントしている。

最新ペイント技術のカメレオンカラーが魅力!サガンコレクション登場|SPECIALIZED

デマールのコメント

「これまでにないほどのパフォーマンスで競争力のあるチームに仕上がっています。先日のブエルタ・ブルゴスでは合宿での成果が見られ、さらに今日優勝したことはミラノ~サンレモに向けていい兆候です。ミラノ~サンレモの新しいコースではコッレディナヴァ峠を越えますが、その影響はわかりません。もしかしたらスプリントを待つだけでなく、攻める必要がありますね」

イタリア自転車レース「ミラノ~サンレモ」がコロナ禍でコース変更291㎞から299㎞へ

リザルト

距離198 km 平均速度45.878 km / h

1 アルノー・デマール(フランス/グルパマ・エフデジ)4h18’57”
2 カレブ・ユアン(オーストラリア/ロット・スーダル)+ 0’00”
3 ワウト・ファンアールト(ベルギー/チームユンボ・ヴィズマ)+ 0’00”
4 ペテル・サガン(スロバキア/ボーラ・ハンスグローエ)
5 ダニー・ファンポッペル(オランダ/サーカス・ワンティゴベール)
6 ナセル・ブアニ(フランス/チーム アルケア・サムシック

大会WEBサイト
https://www.milanotorino.it/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load