BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「グレイル」シリーズ新発売!グラベルライドに最適なオリジナルギアも発売|CANYON

「CANYON(キャニオン)」から、新製品が登場。2021モデルのグラベルロードバイク「グレイル」シリーズがラインナップに加わった。また、グラベルライドに最適なオリジナルギアも発売。以下、プレスリリースより。

コンポーネントやパーツをアップデートした2021モデル

業界最先端のコンポーネントやパーツを搭載した、2021シーズンのための新しい「グレイル」シリーズを発売します。グレイルシリーズは、革新的な二階建て構造のグレイルコクピットを装備する軽量カーボンフレームの「グレイル CF」、汎用性に優れるステム別体型のコクピットや3つ目のボトルケージマウントを備える堅牢なアルミフレームの「グレイル AL」から構成されています。どちらも最新のグラベルシーンの動向に対応するために、2021モデルではコンポーネントやパーツをアップデートしました。

軽量カーボンフレームの「グレイル CF」は、スピードを求めるライダーやグラベルレースに必要とされるより細かいクロスレシオに対応するため、SRAM Force eTap AXSコンポーネント完成車を含む全てのモデルでフロントダブル変速を採用しました。グラベルライドに必要なワイドなギアレンジを提供すると同時に、ギア間の細かいステップを確保しており、特にオンロードでの走行がメインとなる日本のグラベルライダーにとっては有用と言えるでしょう。

グラベルレースや舗装路メインのライド、獲得標高の多いロングライドのための軽量フルカーボンバイクが「グレイルCF」。ライダー:ロードレースのワールドツアーチームから、グラベルプロレーサーへと転身したピーター・ステティナ

グレイルCFの代名詞、二階建て構造のグレイルコクピット。振動吸収性を高めたトップ部、通常のドロップハンドルと同じ握りのブラケット、ダウンヒルやコーナーで親指を引っ掛けることにより安定感を高められるドロップ部

SRAMの新型Force eTap AXS Wide 2byコンポーネントを採用

SRAM Force Tap AXS Wideを搭載した「グレイル CF SL 8 eTap」は、ミドルクラスの価格帯ながら、フルカーボンチューブレスレディホイールを装備。完成車平均重量は8.66kg

アルミフレームの「グレイル 7 1by」は、定評を得ているシマノのフロントシングルチェーンリングGRXドライブトレインを搭載しています。40Tのチェーンリングと11-42のカセットを組み合わせることで、381%という大きなギアレンジを実現し、汎用性の高さとシンプルさを実現できるように設計されています。

堅牢なアルミフレームを活かし、毎日の通勤から輪行ツーリング、バイクパッキングを得意とする「グレイル AL」。ダウンチューブ下側には3つ目のボトルケージマウントを搭載

Shimano GRX 1byグループセットを新採用

グラベルアドベンチャー愛好家のために、シマノ GRX RX812を搭載するフロントシングルの「グレイル AL 7 1by」

もう一つの注目点は、ロングライドでの快適性を最大限に高めるためにショートノーズデザインを採用したFizik Argoサドルの採用です。このサドルは「グレイル CF」の7と WMN 7を除くすべての完成車に標準装備されます。

Fizik Tempo Argo。ショートノーズで内側をくり抜いた形状により会陰部の圧迫を軽減し、体重を座骨周辺でより均等に分散します。画期的なリーフスプリング構造を採用したCanyon S15シートポストとの組み合わせは、荒れたグラベル路面の走行に理想的です

グレイル CFシリーズ ラインナップ

グレイル CF SL 7(シマノ GRX RX600/8.88kg)259,000円
グレイル CF SL 7 WMN(シマノ GRX RX600/8.86kg)
グレイル CF SL 8(シマノ GRX RX810/8.91kg)299,000円
グレイル CF SL 8 Di2(シマノ GRX RX815 Di2/8.88kg)379,000円
グレイル CF SL 8 Di2 WMN(シマノ GRX RX815 Di2/8.82kg)379,000円
グレイル CF SL 8 eTap(スラム Force eTap AXS/8.66kg)429,000円

グレイル CF SLX 8 Di2(シマノ GRX RX815 Di2/8.44kg)489,000円
グレイル CF SLX 8 eTap(スラム Force eTap AXS/8.47kg)529,000円
(価格はいずれも税・送料別)

グレイルシリーズのハイエンドとなる、グレイル CF SLX 8 eTap。SRAMの最新コンポーネントであるForce eTap AXS Wide 2-byを搭載

グレイル ALシリーズ ラインナップ

グレイル AL 6(シマノ GRX RX400/9.50kg)159,000円
グレイル AL 6 WMN(シマノ GRX RX400/9.42kg)159,000円
グレイル AL 7(シマノ GRX RX810/9.39kg)189,000円
グレイル AL 7 WMN(シマノ GRX RX810/9.37kg)189,000円
グレイル AL 7 1by(シマノ GRX RX812/9.54kg)189,000円
(価格はいずれも税・送料別)

 

キャニオン公式ストア「グレイル」シリーズページ
https://www.canyon.com/ja-jp/gravel-bikes/all-road/grail/

アドベンチャーライドに最適なさまざなまバイクを展開

最新のグラベルシーンは単にグラベルロードを走るにとどまらず、その楽しみ方は冒険的なアドベンチャーライド、舗装路をメインとするオールロード、軽量なキャンプスタイルのバイクパッキング、そしてグラベルレースと多彩になってきています。その中でもキャニオンのグレイルは最大タイヤ幅を42mmとし、軽量で快適、長距離や山岳をスピーディに走行できる、バイクの走行性能を高めることに注力したモデルになっています。そのためよりアドベンチャー寄りのライドやバイクパッキングなら、クロスカントリーMTBである「エクシード」を、オンロードを主体とするオールロードライドなら軽量なロングライド用ロードバイク「エンデュレース」を、とキャニオンでは「グレイル」だけに縛られることなく自身のライディングスタイルに応じたバイクを自由に選択することが可能になっています。

過酷な山岳エンデュランスレースにも採用される軽量クロスカントリーMTB「エクシード」なら、グラベルアドベンチャーやバイクパッキングに最適

最大タイヤ幅32mmに対応し、完成車重量は7kg台と軽量。オンロードメインのオールロードライドに最適な「エンデュレース」

グラベルを楽しむためのパーツ&アクセサリーも豊富

さらに、キャニオンではグラベルライドを楽しむための豊富なパーツ、アクセサリー、ウェアを発売中です。これらグッズを組み合わせることにより、ライダーの嗜好に合わせたカスタマイズが可能になります。

パーツ&アクセサリー

グレイルAL/CFのために専用開発された、アルミ製マッドガード。軽量ながらグラベルライドに対応する堅牢なつくり。Canyon Grail AL/CF フェンダーセット 6,100円

簡単につけ外しできる、前輪用ミニマッドガード Canyon Mudder Mini Gravel マッドガード 1,200円

サドルレールに装着し、 簡単につけ外しできる後輪用アスセイバー。Canyon Grail Reflective アスセイバー 1,000円

フレームバッグを装着した状態でもボトルの出し入れがしやすい、Canyon Sideloaderボトルケージ(右・左) 1,300円

グレイルのためにTopeakへ別注したフレームバッグ。Topeak Midloader Grail バイクバッグ 5,100円

 

グラベルライド用ギアコレクション
https://www.canyon.com/ja-jp/gear/gravel-ridestyle/

ウエア

グラベルライドのための機能性とカジュアルさ、スタイリッシュなデザインを備えるCanyon Sigunature Pro Gravelジャージ。5,100円

合計6箇所のポケットを備えるCanyon Signature Pro Cargoビブショーツ。14,300円

グラベルライド用ウェアコレクション
https://www.canyon.com/ja-jp/global-collections/signature-pro-gravel-collection/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load