BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

E-BIKEは走破性バツグン!悪路を攻略するなら「CANNONDALE・TOPSTONE NEO CARBON 4」

いま新しい自転車スタイルとして注目されているのが、Eバイクとキャンプの組み合わせだ。今回は、電動アシストで悪路を攻略したと話題のEバイク、キャノンデール・トップストーンネオカーボン4をベテランライダーの管洋介がインプレッション!

悪路を恐れるな!汚れるほどにガンガン使え!

トップストーンネオカーボン4は、キングピンリアサスペンション搭載のカーボンフレームにバリステックカーボンのリジッドォーク、ボッシュ製電動アシストユニット、そしてシマノ・GRX400シリーズコンポーネントを搭載したEグラベルロードだ。
後輪の路面追従性と衝撃吸収性を高い次元で両立するキングピンサスペンションが、オフロードを含むあらゆる路面で高い走破性をもたらす。さらにEバイク化によって脚力・体力を問わず優れた走りのポテンシャルを誰もが体感しやすくなっているのが、このモデルの最大の特徴だ。
しかもアシストは最大170km持続するので、バッテリー切れを気にすることなく、悪路も坂道もものともせずに1日中笑顔でライドを楽しめるはずだ。
荷物を積載して走るキャンプツーリングでもそのアシスト力を発揮し、ストップ・アンド・ゴーの多い通勤ライドもより快適にしてくれる。森や林を駆け巡ってライドを楽しみ、さらにそのままテントを張ってキャンプ。そんなワイルドな「自転車遊び」を楽しめるのが、このモデルの魅力だ。

一体型のデザインのバッテリーはスマートなだけでなく、外して単体での持ち運びも可能。充電時にマンションの上階へ車体ごと持っていく必要がないなど、その利便性も高い

ヘッドユニットはボッシュのピューリオンで、速度や走行距離が表示されるほか、左側のスイッチでアシストモードの切り替えもできる

電動アシストユニットはボッシュのパフォーマンスラインCX。500Whのバッテリーとの組み合わせで最大170kmアシスト可能

標準装備のタイヤはWTBのリッドラーコンプ700×37C。700Cなら最大40mm幅、650Bなら最大48mm幅のタイヤに対応し、グラベルライドも安心して楽しめる

700C&650Bホイールに対応。汎用性高し!

キャノンデール
トップストーンネオカーボン4

価格:50万円(完成車/税抜)

 

Spec.
フレーム:バリステックカーボン構造
フォーク:フルカーボン
コンポーネント:シマノGRX400シリーズ
リアサスペンション:キングピンサスペンション
シートポスト:プロマックス・SP-2032
ドライブユニット:ボッシュ・パフォーマンスラインCX 250W
バッテリー:ボッシュ・パワーチューブ500Wh
リム:WTB・ST TCS i23 チューブレスレディー
タイヤ:WTB・リドラーコンプ 700×37C
サイズ:SM、ML、LG
カラー:シャンパーニュ

IMPRESSION
バイク側がコントロールをフォロー!新たな爽快感を得られる一台

ボッシュのモーターを積んだ強力な駆動力で、どんなに過酷なフィールドにも屈することなく走り抜けられるパワフルなライディングが可能だ。電動アシストとともにペダリングトルクも絶妙に加わるロードバイクテイストは、スポーツライディングの爽快感を新たな側面で表現してくれる。
軽くクイックなハンドリングと37Cグラベルタイヤで感じる接地トーンは、あらゆる路面情報をライダーに瞬時に理解させてくれる。またキングピンサスペンションシステムのおかげで、悪路でも後輪が地面を確実にとらえてくれるのもいい。
最長170kmを走破できる持久力をもつので、一日中アシスト機能をオンにしたままライドを楽しめる。オンロードではエコモードで低重心の安定感を味方にしながら走っていき、オフロードではスポーツモードに切り換え。泥土にある轍への進入時に、多少雑なクランク位置で踏み込んでも、電動アシストがしっかりとバイクを立て直してくれる。オフロード走行に不安があるライダーでも、バイク側がコントロールをフォローし目的地まで導いてくれるだろう。

インプレライダー:管 洋介
バイシクルクラブお馴染みのベテランライダー。アヴェントゥーラサイクリング代表兼監督。長年の経験を生かした的確なインプレッションが持ち味。身長168㎝

 

問:キャノンデール・ジャパン
www.cannondale.co.jp

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load