BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

名古屋市のタリーズコーヒー新店舗にビアンキが内装協力!限定アイテムも販売

国内で「Bianchi(ビアンキ)」を展開するサイクルヨーロッパジャパン株式会社は 、 タリーズコーヒージャパン株式会社が 2020年 9月 18日に オープンする 「タリーズコーヒー RAYARD Hisaya odori Park店」 において、 ビアンキが内装や展示物などで協力したことを発表した。以下、プレスリリースより。

自転車とカフェを融合させたサイクルカフェ

この度オープンする「タリーズコーヒー RAYARD Hisaya odori Park店」 はタリーズコーヒーの『自転車とカフェを融合させたサイクルカフェ 』 という新しい店舗コンセプトにビアンキが賛同し、 協力した ものです。

店舗デザインは、海外のガレージをイメージした開放的な空間 となっています。店内には、ビアンキ がプロチームに供給し、 ツールドフランス などのレースで 使用 されている モデル の 展示 や 、選手のサイン入りサイクル ジャージなど を 展示 する ほか、ビアンキのイメージカラーである 鮮やかな 緑色「チェレステカラ ー」 も 随所に採用 され ています。さらに、外の気持ちよさを感じていただけるテラスや、バイクスタンド、ドッグポール も完備し、公園、自転車、カフェの融合を存分にお楽しみいただける特別な空間となっています 。

コラボのグッズやイベントを展

さらに、タリーズ サイクルカフェでしか手に入らない限定グッズを販売するほか、ビアンキの新製品発表会やスポーツサイクルの乗り方講座など、同店舗ならではのイベントも計画しています。

 

「RAYARD Hisaya odori Park」は、 名古屋の新しいシンボルとしてオープンする、 公園と店舗が一体となった施設です。
タリーズコーヒーでは、地域社会に根差したコミュニティーカフェとなる ことを 理念に、各店がご来店いただく お客様や地域特性に合わせた店舗づくりを続けています。

同店舗も、公園をご利用になるお客様や地元の方々に親しまれるお店をめざして、寛ぎのひと時をご提供いたします。
同店舗に協力をしましたビアンキとしても 、サイクルカフェというコンセプト を通じて、スポーツサイクル文化の発展に寄与してまいります。

 

タリーズコーヒー RAYARD Hisaya odori Park 店

愛知県名古屋市中区丸の内三丁目 18 番 11 号先
席数:66席 全席禁煙
店舗面積:50坪
営業時間:全日 10:00 19:00
www.tullys.co.jp

 

ホームページ:http://www.japan.bianchi.com
直営店ビアンキバイクストア:http://www.bianchi-store.jp
ビアンキオンラインストア:http://www.bianchi-estore.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load