BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

プロのサイクリングガイドを目指す「JCGA 2020サイクリングガイド検定講習会 神奈川湘南」開催決定

一般社団法人日本サイクリングガイド協会(以下、JCGA)は、プロの「サイクリングガイド」を志向する全国の上級サイクリストを対象に、公益財団法人日本サイクリング協会(以下 JCA)公認資格である「JCGA 公認サイクリングガイド(JCA認定)」の講習会および検定を、以下の通り実施することを発表した。

近年、スポーツツーリズムの1ジャンルとしてサイクリングが注目されている。特に、北海道や沖縄、広島と愛媛を結ぶ「しまなみ海道」、琵琶湖を周回する「ビワイチ」などのサイクリング好適地には、日本国内はもとより海外からも多数のサイクリストが訪れている。そこでサイクリングを楽しみたい国内外のサイクリストに対し、安全・安心で楽しいサイクリングのサポート業務を担う専門家「サイクリングガイド」の需要が高まっている。

「JCGA 2020サイクリングガイド検定講習会 神奈川湘南」実施概要

開催日程:講習会:2020年11月7日(土)、8日(日)、21日(土) 検定:11月22日(日)
会場(座学): オンライン講座:YouTube録画を期間限定(10/7〜11/22)で公開予定
会場(実技):神奈川県藤沢市内 ※オンライン講座URLおよび実技会場は参加者のみに開示。
講習主催:一般社団法人日本サイクリングガイド協会(JCGA)
検定主催:公益財団法人日本サイクリング協会(JCA)
後 援 :(一財)自転車新文化基金會
運営協力:リンケージサイクリング(株)
費用総額:¥157,300(合格者の総額)※検定合否確定後、不合格者には認定料を返金。
講習受講料 ¥66,000
教材費 ¥5,500
検定受験料 ¥22,000
認定料(合格後) ¥33,000
一般会員入会費 ¥22,000
一般会員年会費 ¥8,800 ※令和2-3年度(2020年10月1日-2022年3月31日)
受講定員:最大6名 ※先着順ではなく、検定受講要件を満たすことが確認できた申込者を優先。
申込期日:2020年10月7日(水)※必要書類および費用総額の完納をもって受講受付完了とする。
申込み:JCGA 代表メールアドレス宛に、別紙の受講申込書類一式を添付してメールすること。
jcga@cycling-guide.or.jp
※検定受講要件が確認できた申込者から費用入金等の諸手続きを順次案内する。

受講資格(検定受験要件)

以下の(1)~(8)をすべて満たすこと

(1) 年齢:2020 年 4 月 1 日時点で満 20 歳以上であること
(2) JCGA 会員規約の同意の上、受講申込をもって JCGA 個人一般会員となり、会期終了以降も JCGA 登録サイクリングガイドとして活動する意思があること。
(3) 申込時に指定された運転免許証の写しや肖像写真などの個人情報の提供に同意し、登録・申込書式の記載事項に虚偽がないこと。
(4) 誓約書への本人署名をもって、記載事項すべてに同意し、契約上の責任を負うこと。
(5) 道路交通での技術と経験:普通自動車運転免許の保有者であり、日常的に四輪車両を運転していること
(6) サイクリングガイドまたはリーダーとしての技術と経験:以下をすべて満たすこと
・100km 以上の距離を、1日で、余裕をもって単独走行できる技術と経験、体力を有する
・10 人以上での集団走行経験が相当数あり、その集団内で他者を気遣うことができる上級者である
・5 人以上の集団サイクリングを引率した経験が複数回ある
・スポーツサイクルのタイヤチューブ交換と、輪行等の組みばらし作業を単独でスムースに完遂できる
(7) 機材:講習参加にあたり、以下のすべてを自身で準備できること
・適切に整備されたスポーツサイクル(ロードバイクまたはクロスバイク等のオンロード向けバイクが望ましい。前照灯/反射板/ベルなどの法定装備は必須)
・ヘルメット、グローブ、サイクルウェア、アイウエア(クリアレンズ)、飲料ボトル等、サイクリングガイドとしての執務に相応しい装備一式
・パンク修理や応急整備に対応できる工具一式
(8) 健康状態と講習意欲:以下をすべて満たすこと
・サイクリングで他者の安全管理を遂行するに相応しい身体状態
※視聴覚障がい者は眼鏡や補聴器等の補助で他者とのコミュニケーションを円滑に行えること
・講習会期を通じ、長時間の講習および検定に無理なく対応できる身体能力および健康状態
・サイクリングガイドを目指す者として相応しい積極的かつ真摯な受講態度

スケジュール・講習プログラム

10月7日(水)〜11月22日(日) オンライン講座

・YouTube 期間限定公開(録画型インターネット配信)
・JCGA公認サイクリングガイド養成テキスト(自宅等に郵送)
第1章:サイクリングガイド概論
第2章:交通法規の理解と応用
第3章:サイクリンクグガイドの技術
第4章:サイクリング事業者の実務
第5章:自転車のメンテナンス

11月7日(土) 講習1日目 日の入り16:30

08:00-08:30 受付 ※実走準備を整えて集合すること
08:30-08:45 オリエンテーリング
08:45-09:15 座学:オンライン講座補足
09:15-10:45 実技:後方確認/ハンドサイン/声かけ(講師模範/受講者)
10:45-12:00 実技:サイクリングガイド走行11km1周(講師模範)
12:00-13:00 休憩:昼食(手配弁当)
13:00-16:30 実技:サイクリングガイド走行2グループ3周(受講者実施)
16:30-17:00 実技:走行前の装備点検
17:00-18:00 実技:ブリーフィング
18:00-18:30 休憩
18:30-20:00 実技:メンテナンス タイヤチューブ交換(講師模範/受講者)
20:00-20:15 総括、諸連絡

11月8日(日) 講習2日目

08:30 集合 ※実走準備を整えて集合すること
08:30-12:00 実技:サイクリングガイド実習走行1グループ3周(受講者が先導)
12:00-13:00 休憩:昼食(手配弁当)
13:00-16:30 実技:サイクリングガイド実習走行1グループ3周(受講者が先導)
16:30-18:00 実技:走行前の装備点検/ブリーフィング(受講者が実演)
18:00-18:30 休憩
18:30-20:00 実技:タイヤチューブ交換(受講者が実演)
20:00-20:15 総括、諸連絡

11月21日(土) 講習3日目

08:30 集合 ※実走準備を整えて集合すること
08:30-09:30 実技:走行前の装備点検/ブリーフィング(確認)
09:30-12:00 実技:検定コースでのサイクリングガイド実習走行 1 グループ 3 周(確認)
12:00-13:00 休憩:昼食(手配弁当)
13:00-16:00 実技:検定コースでのサイクリングガイド実習走行 1 グループ 3 周(確認)
16:00-17:30 座学:交通ルールとサイクリングガイド技術(確認)
17:30-18:30 実技:タイヤチューブ交換(確認)
18:30-19:00 総括、諸連絡

11月22日(日) 検定

07:45 集合 ※実走準備を整えて集合すること
08:00-09:30 検定(座学):筆記試験 90 分
09:15-09:45 検定(実技):タイヤチューブ交換
10:00-12:00 検定(実技):ブリーフィング・サイクリングガイド模擬走行 2 名
12:00-13:00 休憩 :昼食(手配弁当)
13:00-17:00 検定(実技):ブリーフィング・サイクリングガイド模擬走行 4 名
17:00-18:30 総括、閉講式(事務手続きについて)

 

JCGA について

サイクリングガイド認定および育成、講師派遣等を通じて、プロフェッショナルサイクリングガイドを振興する一般社団法人。登録サイクリングガイドは協会 Web サイトで紹介され、様々なジャンルのフォローアップ研修会に参加可能。認定初年度より北海道、富士山エリア、しまなみ海道エリア等で活躍する国内最高水準のサイクリングガイド事業者が会員となっており、一定水準以上のサイクリングガイド業者による業界標準化を目指す。JCA サイクリングガイド検定 登録ガイド団体。
http://www.cycling-guide.or.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load