BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「デジタルジャパンカップサイクルロードレースうつのみや」にコンタドールが参戦!

2020年10月17日(土)に開催するオンラインレース『デジタルジャパンカップサイクルロードレースうつのみや』に出場する、スペシャルライダーや海外チームの一部選手が決定。2007年ツール・ド・フランス総合優勝から、重ねたグランツールの総合優勝は7回。アグレッシブルな走りに加え、銃を撃つポーズでもファンの心をわしづかみにした英雄アルベルト・コンタドール(スペイン)がデジタルジャパンカップに出場する。以下、プレスリリースより。

英雄が再び宇都宮に!2017年以来となるコンタドールの参戦

コンタドールは2017年8月のブエルタ・ア・エスパーニャを最後に一線を退きましたが、同年のジャパンカップクリテリウムに出場のために初来日しました。当日はあいにくの雨模様でしたがコンタドールの日本で最初で最後の
激走を目に焼き付けようと約4万8000人の観衆が集まりました。自身にとってのラストランとなったジャパンカッ
プ。初めて開催されるデジタルジャパンカップのオファーにも快諾してくれました。リアルからデジタルに変わったジャパンカップに新たな楽しみが増えました。

2017ジャパンカップクリテリウムで花束を受け取るコンタドール
©Makoto AYANO/JAPAN CUP UTSUNOMIYA

2017ジャパンカップクリテリウムでその雄姿を宇都宮の観衆に見せてくれた
©Yuzuru SUNADA/JAPAN CUP UTSUNOMIYA

また、UCIワールドチームからNTTプロサイクリング(南アフリカ)の入部正太朗の出場も決定しました。海外で経験を積んだ2019年の全日本選手権ロードレースチャンピオンの走りから目が離せません。

UCIプロチームからはNIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス(フランス)の日本勢2選手、岡篤志、中根英登がエントリーしました。中根は昨年のジャパンカップで日本人最高位の6位に入った実力者です。ジャパンカップで活躍した日本人選手がオンライン上で再びその走りを見せてくれます。
岡は2017年から3年間、宇都宮ブリッツェンに所属。19年は「ツアー・オブ・ジャパン」の個人タイムトライアルで国際レース初優勝を飾りました。モニター越しになりますが、宇都宮のファンから熱視線が送られそうです。

スペシャルライダー

アルベルト・コンタドール/Alberto Contador
(ESP/2017年ジャパンカップクリテリウム出場)

1982年12月6日、スペイン・マドリード生まれ。
2007年、ツール・ド・フランスで初の総合優勝を飾った。翌2008年、ジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャで総合優勝。グランツール(ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャの総称)の史上5人目の完全制覇者となった。グランツールでの総合優勝はツール・ド・フランス2回、ジロ・デ・イタリア2回、ブエルタ・ア・エスパーニャ3回の計7回。2017ジャパンカップクリテリウム出場。

UCIワールドチーム

入部正太朗
NTT PRO CYCLING(RSA)

UCIプロチーム

岡篤志 / 中根英登
NIPPO DELKO ONE PROVENCE(FRA)

 

問:宇都宮市・ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会
http://www.japancup.gr.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load