BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

最新マウンテンバイク「スタンプジャンパー」を満喫! 10月31日、11月1日に小田原で試乗会開催|SPECIALIZED

10月31日(土)と11月1日(日)、フォレストバイク拡張フィールド小田原市いこいの森で、マウンテンバイク展示試乗会、「Trail Days 2020」が開催される。最新のMTB(マウンテンバイク)、スタンプジャンパーをはじめ、スペシャライズドの最新バイクに試乗できるほか、アウトドアイベントも楽しめるイベントとなっている。イベントの初日の様子をお届けしよう。

親子でアウトドアも楽しめる

小田原市いこいの森キャンプ場内では、MTBの試乗のほか森林でのハンモック体験や、豪華賞品が当たる⁉ 古タイヤを使った輪投げ、さらにマウンテンバイクの泥除けを作るDIYワークショップも用意されている。さらに焼きマシュマロなども楽しめる。

ENOハンモックフィー

今回はキ小田原市いこいの森キャンプ場内に数十張りのハンモックが張られている。普段体験できない森林のなかでのハンモックでのんびりとした時間を過ごせた。最も軽いハンモックだと300g以下、ということでバックパックにハンモックを入れてライド、出先の森でのんびりなんてことも可能だ。

MTB用泥除けDIY

サイクルボトルをリサイクルして、泥除けを作成するDIYワークショップも開催された。ハサミでボトルをカットして、タイラップで固定すれば完成だ。

注目のスタンプジャンパとスタンプジャンパーEVO

スタンプジャンパーEVO

今回注目のバイクは、スタンプジャンパーとスタンプジャンパーEVO。この2台は当日のみ予約を受け付け、1枠30分のご試乗可能となった。スペシャライズドの原点ともいえるのが、1981年に世界初の量産マウンテンバイク、「スタンプジャンパー」だ。今回生まれ変わった新スタンプジャンパーは、まさにレースとも違うトレイルを楽しむためのバイクだ。

ここでスタンプジャンパーとスタンプジャンパーEVO2台とも試乗したマウンテンバイクライダー、板垣奏男さんにこの2台の違いを聞いてみた。

板垣奏男さん。ライディングとトレイルビルディングを学ぶためにカナダに留学したMTBライダー。

「スタンプジャンパーEVOはNINJAトレイルみたいな縦の動きがあるジャンプも含めて遊べるバイクすね。いっぽうスタンプジャンパーはテクニカルなシングルトレイルが楽しいバイクです。剛性で比べるとスタンプジャンパーEVOのほうが硬くて、スタンプジャンパーのほうがマイルドな感じです。なので、乗り方が若い、飛んだり楽しみたい人はスタンプジャンパーEVO、もっとおとなしく走るならスタンプジャンパーのほうが気持ちいいかもしれません」

スタンプジャンパーとスタンプジャンパーEVOについてはこちら

クラス最軽量のフレーム!究極のトレイルバイク新型『Stumpjumper』

 

高い操作性と走破性を発揮するトレイルバイク!新型「STUMPJUMPER EVO」登場|SPECIALIZED

初めてでも楽しめる! 初級者講習会からガイドライダーも充実

初級者講習にはオリンピアンでスペシャライズド・ジャパンのスタッフ小田島梨絵さんが担当。はじめてでも楽しめるコンテンツが用意されている。

今回の試乗会では初級者講習も開催。通常フォレストバイクおよびアネックスコースを走行する場合は、フォレストバイクの初回講習(A-1講習)の受講が必須となるが、今回は初級者講習会も用意された。さらにコースを楽しむために、アンバサダーとのライドも実施された。

最新バイク40台をゆっくり見ることもできる

今回の展示試乗会では、モデルイヤー21年のバイクを中心に、40台近い数のスペシャライズドの最新マウンテンバイクも展示されているので、ゆっくり見ることができる。

Trail Days 2020 イベント詳細

【日程】
10月31日(土)10時-16時
11月1日(日)10時-16時

【場所】
受付・支払い:フォレストバイク 〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪
展示・試乗:小田原市いこいの森 〒250-0055 神奈川県小田原市久野4294
※フォレストバイクで受付を済ませた後、展示と試乗会場にお越しください。

【展示について】
小田原市いこいの森キャンプ場内 「きつつきホール」にて展示いたします。モデルイヤー21年バイク約40台をご覧頂けます。

【試乗について】
モデルイヤー21年のバイクを含む約40台をいこいの森内フォレストバイクアネックスコース「Ninja Trail」でご試乗頂けます。ご試乗は完全予約制とし、より多くの方にご試乗頂けるように、1時間1枠のご予約で、お一人様3枠(3車種)までとさせて頂きます。ご予約は下記リンクよりお願いいたします。
※発表したばかりのStumpjumpe、Stumpjumper EVOについても試乗車を用意しておりますが、こちらは当日現地でのみご予約制となります。

■Trail Days2日目11.1(日)の試乗予約はこちら(満席)

3車種試乗終了後、ご自身のバイクで「Ninja Trail」をご走行頂けます。なお、通常フォレストバイクおよびアネックスコースで走行される場合、初回講習の受講が必須となります。今回は特別講習20分を最初に受講頂ければ、試乗して頂けます。

※なお、特別講習後に初回講習の受講証明書のお渡しはございません。
※フォレストバイクのA-1初回講習を受講済みの方は特別講習の受講は免除。さらに、受講済みの方は、フォレストバイクのコース利用料をお支払い頂くことで、フォレストバイクのコースもご試乗頂けます。

ご試乗される方は、ライドギア(ヘルメット、シューズ、ウェアなど)をご持参ください。

コースの利用について

【Ninja Trail利用料】 特別価格 1日 2000円 ※フォレストバイク走行の場合は、A-1初回講習の受講が必須となり、フォレストバイクの通常利用料がかかります。

【半日オールフリーライド】¥3,000
【全日オールフリーライド】¥4,000

なお、試乗予約いただきご参加いただいたお客様には参加記念として、特性のスチールパイントカップをプレゼントいたします。カップにはスペシャライズド本社の壁にも刻まれる格言”Klunking is best away from the cops, the cars and the concrete”、クランキング(マウンテンバイキング)するなら警察と車とコンクリートから離れるのが一番!が刻まれております。
まさにうってつけのフィールド小田原フォレストアドベンチャーでマウンテンバイクを楽しみましょう!

アクセス

東名高速道路下り線「厚木IC」にて小田原厚木道路へと乗り換え「荻窪IC」を降りて信号を右折、道なり約800m先「辻村植物公園」手前の右カーブ(両脇が竹林です)の左手に青い鉄門があります。
そちらをくぐるとフォレストバイク専用駐車場があります。通常であれば「荻窪IC」から約2分です。

※小田原厚木道路上り線から荻窪ICは降りる事が出来ません。
※「わんぱくらんど」「辻村植物公園」の駐車場に停めないようにしてください。
※フォレストバイク専用駐車場は基本的に無料(40台ほどで先着順、予約不可)です。
※満車となることがあります。その場合は少し離れた場所の臨時駐車場をご案内いたします。

フォレストアドベンチャー小田原
https://fa-odawara.foret-aventure.jp/

TRAIL DAYS 2020の詳細はこちら
https://www.specialized-onlinestore.jp/contents/blog/detail/679

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load