BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

2021年注目のロードバイクはこれだ! 日本バイシクルオブ・ザ・イヤーノミネート10バイク決定!

バイシクルクラブ1月号(11月20日発売)で10ベストバイシクルが発表された「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021」。ここではその10台のバイクを発表する!
4回めを迎える日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー。「2021年モデル」のなかから、その年を代表するモデルを選ぶ自転車業界最大のアワードイベントだ。
今年も選考委員の投票による10ベストバイシクルが選定された。この10台のなかから2021年のナンバーワンバイシクルが決まる!

2021 BICYCLE OF THE YEAR JAPAN

早いものでこの日本バイシクル・オブ・ザ・イヤーも4回めとなった。過去3回の受賞車を振り返ってみると、初回の2018年はエアロバイクの雄、プロペル。翌年はエアロを研ぎ澄ませたうえで剛性、軽さのバランスに着目したヴェンジ。そして昨年はそれまでの軽量高剛性というアイデンティティに加え、快適性やエアロ性能までトータルにまとめあげたスーパーシックスエボが栄冠に輝いた。
こうやって見ていくと、受賞車はその年のトレンドを映しだす鏡となっている。そして今年ノミネートされた10台をみると、すべてがディスクブレーキなのは当然として、ケーブル内装モデルがそのほとんどを占めていることに気づく。これが今のトレンドなのだ。
そしてさらに言えば、そのなかに、グラベル的な要素を盛り込んだもの、レースではない楽しみ方に着目したモデルなど、そのトータルインテグレーションによる性能重視の流れから離れ、次のトレンドである個性化への道へハンドルを切ったモデルが見られるのも注目すべき点だろう。

いままでの受賞バイクはこちら

【バイシクルオブザイヤー2020】日本バイシクルオブ・ザ・イヤー大賞決定!!

日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2019受賞モデルを発表!

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2018」初代王者はジャイアント・プロペル

2021年を代表するロードバイクはどれだ!?

ノミネートされた10台、日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021がこのなかから決まる!

選考方法

2020年1月号から12月号までのバイシクルクラブに掲載された2021年モデルのなかで、フルモデルチェンジしたモデル、ブランニューモデルを中心にリストアップ。各選考委員がそのなかから、それぞれ10モデルを選んだ。その集計の結果、得票の多かった10台が、ここで紹介する10ベストバイシクルだ。11月下旬に、これら10モデルを一同に集めた選考会を開催。検証取材や試乗を経て各選考委員が投票、ベストワンが決定する。

BMC・チームマシーンSLR01

BMCの軽量オールラウンダーの最新モデル。フレームやフォーク、ボトルケージの形状を見直して空力性能を高め、専用のステム一体型ハンドルを搭載して軽量化と空力性能向上に成功。チームマシーン史上最高の戦闘力を得た。

キャニオン・エアロードCFR

 

旧モデルに比べ、-7.4Wの空気抵抗減、170gの軽量化、14%のねじれ剛性向上と振動吸収性アップを実現した最新エアロード。ハンドル幅や高さを簡単に変更できるステム一体型のハンドルを採用し、扱いやすさの面でも進化した。

サーヴェロ・カレドニア5

太いタイヤを装着可能でフェンダーなどの拡張性をグラベルロード並みに備え、クラシックレースを走れるほどのポテンシャルを秘める新しいジャンルのロードバイク。舗装路もちょっとしたオフロードも1台でこなすマルチさが魅力。

フェルト・AR FRD

フェルトのエアロロードの3代め。10度以下のヨー角で受ける風に対し、9.6%の空気抵抗削減を実現。最上位グレードのFRDはウルトラハイモジュラスカーボンを一体成形したフレームを採用し、軽さと剛性を最大限に引き出す。

ジャイアント・TCRアドバンスドSL0ディスク

重量剛性比、空力、コントロール性能のアップを実現した9代めTCR。旧モデル比でフレーム重量を140g軽量化。カーボンスポーク採用のフックレスカーボンホイールやパワーメーターを標準装備したトータルパッケージも魅力。

メリダ・リアクト チームE

バーレーン・マクラーレンの選手が駆る最新モデル。空力性能と快適性、剛性バランスに磨きをかけ、フレーム重量も85g軽量化。ディスクブレーキ専用設計でメリダ独自のディスククーラーを搭載。つねに安定した制動力を実現する。

リドレー・フェニックス

クラシックレースでプロ選手が駆るエンデュランスロード、フェニックスの最新モデル。フレーム形状の見直し、ケーブルやシートクランプの内装化など、エアロロードのノアファーストで培った技術を投入し、空力性能を向上させた。

スペシャライズド・Sワークス エートス

しきたりにとらわれず、走る楽しさを追求するというテーマで誕生した市販最軽量ディスクロード。軽量ステム一体型ハンドルやシートポストを採用し、完成車重量は5.9㎏。ヒルクライムだけでなく、ちょっとしたグラベルもこなす。

スペシャライズド・Sワークス ターマック SL7

世界選手権やツール・ド・フランスでのステージ優勝など、2020年のレースシーンで多くの勝利をあげたスペシャライズドが誇る最強のレーシングロード。軽さと剛性だけでなく、空力性能も強化した正真正銘のオールラウンダー。

トレック・エモンダ SLR9

超軽量ロードのエモンダがOCLV800カーボン採用でさらに進化。ケーブル類はフレーム内装とし、フレーム形状も各チューブをカムテール形状にすることで空力性能をアップ。空力性能も上りでの速さも旧モデルを大きく超えた。

ベストワンの発表はバイシクルクラブ2月号(12月20日発売)で!

ベストワンが決定する。選考結果はバイシクルクラブ2021年2月号(12月19日発売)ほかのメディアで発表される。今年はバイシクルクラブ台湾版をはじめとする海外メディアからもその情報が発信される予定だ。

 

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load