BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

シクロクロス全日本選手権、シクロクロス男子エリートは沢田、女子は今井が勝利

シクロクロスの日本国内の頂点を決める、第26回シクロクロス全日本選手権大会が11月28日-29日の日程で長野県飯山市長峰スポーツ公園で開催された。その最高峰の男女エリートでは、最終回まで結果がわからない激戦となった。その速報をお伝えする。

男子エリートは沢田時が2016年以来、久々の全日本での勝利

トップカテゴリーの男子エリートでは沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が、織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)との接戦を制して勝利した。3位には単独で食らいついた竹内遼(FUKAYA RACING)が続いた。このほか、2017年に全日本選手権で勝利している小坂光(宇都宮ブリッツェン)は続く4位、さらに東京五輪MTBクロスカントリー代表候補の山本幸平は5位、昨年の覇者前田公平は8位でフィニッシュしている。

レースの先頭を行く沢田と織田が常に入れ替わる激しいレース展開となった。最終回、織田がピットにはいったすきを生かした沢田が先行し、最後までラインを譲らずに勝利した。

前二人を追い続けた竹内遼が3位入賞した。

4位でゴールした小坂光

2015年に飯山で勝っている竹之内悠(ToyoFrame)、レース後に引退を表明した前年度日本チャンピオンの前田公平(中央)、MTBクロスカントリー日本チャンピオンの山本幸平(左)

女子は五輪代表候補の今井が意地の勝利

また、女子エリートでは東京五輪MTBクロスカントリー代表候補の今井美穂(CO2bicycle)が、先行していた與那嶺恵理(OANDA JAPAN )を最終周回で逆転し、優勝した。また、好スタートを見せた小林あか里(信州大学)は3位でフィニッシュしている。また、今回勝てば3連覇となる松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN)は5位でフィニッシュし、その座を今井に譲った。

第 26 回 シクロクロス全日本選手権大会2日目のリザルト

男子エリート

1 沢田時 TEAM BRIDGESTONE Cycling 1:00:13.02
2 織田聖 弱虫ペダルサイクリングチーム +0:0031
3 竹内遼 FUKAYA RACING +1:2943
4 小坂光 宇都宮ブリッツェン +1:4457
5 山本幸平 DREAM SEEKER MTB RACING TEAM +2:2766
6 横山航太 シマノレーシング +2:48

女子エリート

1 今井美穂  CO2bicycle  0:43:50.3
2 與那嶺恵理 OANDA JAPAN +0:22
3 小林あか里 信州大学 +2:30
4 唐見実世子 弱虫ペダルサイクリングチーム +3:09
5 松本璃奈 TEAM SCOTT JAPAN  +4:18
6 石田唯 北桑田高校 +4:57

第 26 回 シクロクロス全日本選手権大会

日時: 2020年11月28〜29日
開催地: 長野県飯山市長峰スポーツ公園

JCF公式WEBサイト
https://jcf.or.jp

AJOCC WEBサイト
https://www.cyclocross.jp/

出典

SHARE

PROFILE

山口

BiCYCLE CLUB / 副編集長

山口

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

No more pages to load