BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バーチャルサイクリングに生駒里奈さんが応援ゲスト!「MOVING2020」決勝大会をさいたま市で開催

2020年12月12日、13日にeスポーツバイクイベント「MOVING2020」の決勝大会が開催され、13日には元乃木坂46の生駒里奈さん(A.M.Entertainment)がゲスト出演した。さいたま市の特別会場には地元さいたまディレーブの4選手、さらにレバンテフジ静岡の佐野淳哉選手、那須ブラ―ゼンの下島将輝選手、若杉厚仁GMなどが登場。コロナウイスル感染対策ため無観客となったが、清水勇人さいたま市長、衆議院議員の牧原ひできさんなどの関係者やメディアなどに公開されたほか、オンラインで観戦することができた。ここではその2日目の様子をお伝えしよう。

最終レースは元チャリンコ暴走族⁉生駒さんの前で
地元の高木三千成が優勝

この大会は11月11日から予選が行われてきたバーチャルサイクルソフト「ONELAP」を使用した新しいeスポーツイベント。もっとも過酷な”BABEL” コースが決勝大会の最終レースとして行われ、スペシャル応援ゲストとして生駒さんが登場した。その様子はYouTubeでライブ配信され、優勝者には“生駒里奈サイン入りMOVING2020オリジナルジャージ”がプレゼントされた。

レース中、生駒さんが自転車につわるトークを披露、「東京に出てきてからは自転車に乗る機会はありませんが、地元秋田ではチャリンコ暴走族って言われるくらい自転車に乗ってました」といった思い出話も出た。基本運動はしていなかったという生駒さんだが、最近では舞台やドラマに向けた体力づくりをしようとジムに通いはじめたが、このコロナ禍で運動できていないという。今回、レース前にこのeスポーツを体験した生駒さん。200Wを軽々と出していただけに、今後はぜひバーチャルのみならず、サイクリングにもチャレンジ欲しいところだ。

ーテーションで仕切られたなか、各選手たちはタックスのスマートトレーナーを使用した。

最終レースにはさいたまディレーブの小野康太郎、安彦統賀、高木三千成の3選手、そして、ONELAPエンジェルのMIYUKIさん、佐野淳哉選手、下島将輝選手が出走した。スタートからバーチャルレースを得意とする高木選手が先行、そして佐野選手が続くレース展開となった。

佐野選手を見ていかがですか? MC今関さんの振りに対し、生駒さんから「生ハムみたいな脚です」という素直な返しをみせた。

終始先頭を走った高木三千成選手。バーチャルレースを有利に走れるダンシングを多用し、オープン参加とはいえ、地元さいたまでプロの意地を見せた。

レースの最後は圧倒的な強さで高木選手が逃げ切り、場内にはミッチーコールが沸き上がった。さらに続く佐野選手が2位でフィニッシュした。このあと、レースの結果を受けて、生駒さんのサイン入りジャージは一般参加選手のトップ選手に授与される。

さいたま市長も競輪選手、愛あむちゃんとレースを完走

最後には800Wを超えるパワーでその実力を見せた伊藤慶太郎選手。

13日の第1レース、BIGININNGにはさいたま清水市長、地元埼玉から競輪の伊藤慶太郎選手、新井美菜選手、さらにONLAPエンジェルYUMENAさん、AMUさん、YUKARIさんが登場した。伊藤選手が競輪選手のパワーを見せつけ2位でフィニッシュし、場内を沸かせた。さいたま市長は15㎞のコースを最後まで走り切った。「体に負担をかねないようにギヤチェンジを駆使しました。ただ、風景が変わって富士山のようになっていてテンションがあがってきました。でも、きつかったです」と走り終えてその感想を語った。

レース中でも笑顔を絶やさないAMU(愛あむちゃん)さん

憧れの地元出身の新井美菜選手(右)と一緒に走ったYUMENAさん(中央)とYUKAEIさん(左)。

イケメン若杉GMに佐野選手のトークもさく裂

第2レースとなったMOVING ALL AROUNDには那須ブラ―ゼンGMでイケメン担当の若杉厚仁さんが現役復帰、さいたまディレーブの藤田涼平さん、さらにONELAPエンジェルのMIHOさん、MOOMINGさんが会場を盛り上げた。藤田選手がプロの走りで先頭でフィニッシュ、いっぽうONELAPエンジェルの2人も本気の走りで、ゴール後に脚の痙攣が止まらないほどの熱い走りを披露した。また、レース中にはたびたび佐野選手がトークをさく裂し、本気だかボケだかわからないしゃべりで、MC関原さんと大貫彩香さんをタジタジにさせる一幕をみせた。

コメンテイターとして登場した佐野選手は。inthesk⭐︎y佐野という名称だけでトークを続け、レース中にも顔芸を決めるなど、そのキャラクターを十二分に発揮した。生駒さんのサイン入りジャージを着る清水さいたま市長。

今回大会の実況を担当したMC関原さん(左)とグラビアアイドル、タレント、女優として活躍する小貫彩香さん。HORAIZON SPRINTOレースには大貫さんのサイン入りジャージが贈呈される。

バーチャルサイクルソフト「ONELAP」とは?

今回使用したバーチャルサイクルソフトONELAPは、ダウンロードしたソフトと連動する専用ローラーを、自分の自転車に接続することにより、画面内のアバター(人物)が実際に自転車を漕いだ距離だけ進ませることができる。さらに複数人で対戦も可能だ。画面内のコースによって、ローラーに負荷が発生し、山岳コースの厳しさも体験できる。

ソフトダウンロード案内
www.onelapjapan.jp

「MOVING」 とは?

「e-sports BIKE」という競技を使用して、コロナ禍において「withコロナ」でも行えるスポーツイベントとして、日本を初め世界中の方々に少しでも「Enjoy」をお届けすることを目的に、継続的に行っていくプロジェクト。
従来の「サイクルスポーツ」の枠を超え、自治体や企業と協力しながら、オンラインスポーツの特徴を生かし様々な場所での開催、多彩なゲストとともに、参加者も観覧者も楽しめるスポーツイベントとして開催していく。

2日目の様子はこちら

イベントント詳細
https://moving-esb.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load