BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

GIANT/TCR ADVANCED SL 0 DISC【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2021】

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021」にノミネートされたGIANT/TCR ADVANCED SL 0 DISC。その概要と、選考委員によるインプレッションをレポートする。

クラス最高のトータル性能を実現。レーシングバイクの到達点

ロードバイクのスローピングフレームは、ジャイアントを象徴するテクノロジーのひとつ。その命脈を保つTCRシリーズが生まれ変わった。なかでもTCRアドバンスドSLシリーズは、専用に開発された新しい繊維を使ったカーボンシートを、高精度なカッティングを実現するレーザーカッティングマシンで切り出し、積層時もロボットによる高い精度で配置する最新の素材と生産方法を採用。これまで以上に軽く、高剛性なフレームに仕上げた。

さらにCFD解析と風洞実験を併用し、リアルマネキンでライダーが乗車した状態での空力性能を突き詰め、フレーム各部に翼断面の後端を切り落としたカムテール形状を採用、クラス最高の重量剛性比と空力性能を融合させた。パーツも自社ブランドのジャイアントとカデックスの製品でトータルコーディネート。カーボンスポーク仕様のフックレスタイプのTLRホイールや、エルゴノミックなデザインとエアロ性能を追求した新型カーボンハンドルを採用し、パッケージ全体で走りを磨き上げている。

Spec.

GIANT・TCR アヴァンスド SL 0 DISC
●価格:120万円(完成車/税抜)
●フレーム:アドバンスドSLグレードコンポジット
●フォーク:アドバンスドSLグレードコンポジット
●コンポーネント:スラム・レッドeタップAXS
●ホイール:カデックス・42チューブレスディスク
●タイヤ:カデックス・レースチューブレス
●サイズ:XS、S、M、ML
●実測重量(ペダルなし):6.85kg(Sサイズ)
問:ジャイアント www.giant.co.jp

IMPRESSION

圧倒的な走行性能にスキのないパッケージ欲しいと思わせる1台|浅野真則

走行性能に関しては、2021年モデルで最も完成度の高いバイクのひとつだと思う。上りでの軽快さが際立っていて、平坦では流しているつもりでもいつの間にかスピードに乗っている。下りもコーナーもハンドルからヘッドまわりと足まわりがしっかりしていて意のままに操れる。完成車に搭載されるカデックスのカーボンスポークフックレスTLRホイールとタイヤは反則級の走りの軽さをもたらし、パッケージングも申し分ない。レーサーの“欲しい” が結集した一台だ。

ジャイアントというメーカーの底力を改めて感じさせるモデル|岩田淳雄

春に行われたメディア向け試乗会以来、ひさしぶりに乗った。やっぱりすげえなあ、というのが正直な感想だ。持っても走ってもその軽さは際立っている。その軽さと剛性バランスのよさがもたらす走行感は異次元の感覚。軽量バイクらしいパリパリした走り味は少し感じるが、慣れてしまえばかえってトップレーシングバイクに乗っている満足感に変わるもの。ドライブトレインとブレーキをのぞくすべてが自社ブランドで統一され、トータルインテグレーションも高いレベル。

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021 TOPページはこちら

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load