BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

通勤途中で寄り道したくなる自転車、エアログラベルロード 3T EXPLORO

自転車で通勤するとなると、遅刻しないために時間やなるべく最短距離を走ろうと考えてしてしまう。好きな自転車とはいえ、忙しい朝やお腹の減った帰路は早く自宅へと帰りたい。ここでは慌ただしくもなりがちな自転車通勤を見直し、ゆったりと写真も撮りながらの自転車通勤生活を送る群馬県前橋市のサイクルショップ店長、下田晋一郎さんを紹介する。その愛車、3Tのエアログラベルロードバイク 「EXPLORO(エクスプローロ)」とともに、ラグジュアリーな自転車通勤スタイルを見ていこう。

ライドの途中でSNS撮影もたのしみ

自転車通勤をはじめて、10年になる下田晋一郎さんはサイクルハウスWISH前橋南店に勤めている。冬の前橋は「からっ風」と呼ばれる突風が吹くほどの自転車通勤にとってはつらい環境だが、楽しさと心地よさから直線で10kmの通勤距離を片道30kmに伸ばして遠回りでライドを楽しんでいる。
その下田さんが今ハマっているのが、自転車での通勤途中に撮るSNS用の写真撮影。個性的なエアロフォルムのダウンチューブを持つエクスプローロは街中のアーティスティックな建造物との相性も良く、映える写真が撮れるという。

歴史的な建造物の多いイタリアで培われたデザインとカラーリングの車体は日本の城下町にもフィットするとの事。モダンな建造物から歴史ある建造物など幅広いシーンの中、エクスプローロでのライド&フォト通勤を楽しんでいる。

朝はグラベルとカフェを楽しんでから出勤

朝、遠回りの自転車通勤にはグラベルも採り入れている。

下田さんはこれまでミニベロ、ロードバイク、ファットバイクと通勤自転車を乗り継いできたが、このエクスプローロに乗ってからというもの独特のエアロデザインによる高速巡行性と走破性のバランスに惚れ河川敷サイクリングロード、グラベルといったバリエーションに富んだ通勤ルートを楽しんでいる。
「自転車通勤をする、というよりもむしろエクスプローロに乗るために会社に行ってるみたいなものです」

朝、時間に余裕のある時はカフェで一息ついてから出勤している下田さん。

ライドを楽しむことでカロリーの収支もコントロールできる

サイクルハウスWISH前橋南店に勤務する下田さんだが、帰路は高崎市にある系列店のサイクルハウスWISH高崎足門店に立ち寄り、その日の振り返りを行ってから帰宅する。

クルマ通勤と比較しても所要時間はさほど変わらないという自転車通勤は、混雑している朝の通勤時間帯に運転席に押し込められるのではなく、アクティブで健康的だ。休日の外食やお酒も好きなので、自転車通勤で運動し、カロリー収支を合わせているらしい。

帰りも自宅へ直接向かわないため、往路と同じように遠回りとなって30kmの距離を走っての帰宅となる。帰路は路面状況を把握しにくい夜道となるものの、走破性の高い650x45Bのタイヤのおかげで疲労感を翌日に持ち越すことはない。

からっ風にも負けない快適なエアロハンドル

からっ風が吹く河川敷を走ることの多い下田さん、エクスプローロのエアロ形状のフレームに組み合わせているのが新製品の3T・ エアロギアイア グラベルドロップバー、そして3T・ディスカス i28 650Bカーボンホイールだ。トップ部分がエアロフラットトップでデザインされたハンドルは、ドロップ部分はフレア形状を持ち悪路での安定性を向上させている。しかもブラケット取付部は垂直にデザインされているので、ブラケットを持った姿勢は一般的なロードバイクとなんら変わりなく巡航時に自然な姿勢が取れる。
またホイールは前面からの空気の流れをスムーズにするテールノーズデザインを採用し、650Bホイールながらエアロ効果が高く、河川敷の向かい風でもラクに走れる。

3Tエクスプローロ チーム

EXPLORO TEAM EAGLE/FORCE eTap 1x12s
価格:640,000円(税抜)
重量:9.2kg

DATA

フレーム:3T EXPLORO TEAM Copper Brown
ステム:3T APTO PRO(S:80mm, M:90mm, L:100mm)
ハンドル:3T SUPERERGO TEAM STEALTH(S:380mm, M:400mm, L:420mm)
シフター/ブレーキ:SRAM FORCE1 eTap
Fメカ:-
Rメカ:SRAM EAGLE XX1 AXS Long Cage
クランク:SRAM FORCE1 eTap D1 Dub 44T (S:165mm, M:172.5mm, L:175mm)
チェーン:SRAM FORCE D1 12s
カセット:EAGLE PG1230 11-50T
ローター:DB G3 センターロック 160mm
サドル:Fizik Antares R7
タイヤ:WTB Venture 650Bx2.0” Tubeless
ホイールセット:Fulcrum Racing 700 DB(650B)

 

下田晋一郎

自転車通勤歴 10年、通勤距離往復60km。使用している3Tエクスプローロ チーム 。3T・ディスカスi28 650Bホイールとスラム・イーグルAXSを組み合わせたグラベルプラス仕様。平日は通勤自転車として、また日曜の朝はお客さんと一緒に前橋市周辺のグラベルを走るパートナーとして、3T・エクスプローラーを使用している。12月より国内販売が開始されている新製品のエクスプローロ レースマックスのフレームも興味深々だ。

DATA

サイクルハウスWISH
WEBサイト http://www.ch-wish.com/
FACEBOOK  https://www.facebook.com/cyclehouseWISH
TWITTER   https://twitter.com/ch_wishcom
INSTAGRAM https://www.instagram.com/cyclehouse_wish/

3T ジャパン WEBサイト
https://3t-bike.jp/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load