BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

BIANCHI(ビアンキ)|自転車だけでなくチェレステのギアも豊富にラインナップ

「BIANCHI(ビアンキ)」のといえば世界最古の自転車ブランドとして知られ、2020年は世界のトップレースシーンで大活躍するなど近年もっとも躍進をとげているイタリアンブランドだ。自転車だけでなく、チェレステカラーのギアも豊富にラインナップしている。

最新軽量バイクとチェレステギアに注目のビアンキ

1885年、ミラノに創設されたビアンキ。以来135年以上にわたりイタリア、そして世界へと「自転車」を発信してきた最古のブランドだ。2020年はロードレース界においての大躍進の年になり、プロ機材としての有用さをあらためて証明した。そんな最古のブランドが生み出す最新バイク、スペシャリッシマディスクはブランド史上最軽量のディスクブレーキレーシングモデルだ。
フレーム塗料にまでこだわった軽さに加え、エアロ性能も前作から見直され、平坦でも山岳でも活躍できるハイエンドモデルに位置づけられる。2021シーズンからも世界のトップチームに供給される予定だ。
またレパルトコルサシリーズとして各種展開される「ビアンキギア」も見逃せない。ジャージやジャケット、アイウエアのようなサイクリング系アイテムのみならず、時計やシャツ、バッグなど、カジュアルシーンにも対応するアイテムも幅広く展開。自転車から離れても、いつでもビアンキを感じられる。

特別なブラックカラーで軽量化!新たなるフラッグシップ
「スペシャリッシマ ディスク」

前面投影面積を減らすころでよりエアロになったフロントフォークまわり。タイヤ幅は28Cまで対応する。軽量オールラウンドモデルとして十分な仕様になっている。

ほかのカラーと比較して、非常に軽く仕上げられたブラックカラー。厳しい山岳のための軽量で特別なカラーリング。シックな高級感も持ち合わせる。

スペシャリッシマ ディスク

58万円(フレームセット/税抜)、73~158万円(完成車/税抜)
フレーム:フルカーボン ウィズ カウンターヴェイル
フォーク:フルカーボン ウィズ カウンターヴェイル
サイズ:47、50、53、55、57、59、61cm
カラー:ブラックカーボンUD /マーメイドスケールほか2色カラーオーダーシステム対応(+3万8000円)
フレーム重量:750g

 

チェレステで魅せるビアンキのギアたち!

ビアンキの製品は完成車やフレームだけではない。チェレステカラーをまとった数々のギアもビアンキらしさで魅せる。高い防寒性をもつジャケットや高品質なレンズを採用したアイウエア。さらにオリジナルの時計は、ビジネススタイルにもカジュアルスタイルにもマッチするなど汎用性が高い。各アイテムは公式のオンラインストアで購入が可能。

イーグルフラッシュウィンド

1万6800円(税抜)
サイズ:S、M、L、XL
カラー:ネイビー、チェレステ、ブルー

 

レパルトコルサ 一眼マスクタイプ サングラス

1万8000円(税抜)
レンズ:調光NXT
バリアカラー:チェレステ、グレー、グレー/チェレステミラー

 

ビアンキ スキューバ TX

3万円(税抜)
カラー:ブラック/チェレステ、ブラック/ブラック、ブラック/ホワイト、シルバー/ブラック、シルバー/チェレステ、シルバー/ホワイト
耐水圧:10気圧防水

 

問:サイクルヨーロッパジャパン
www.japan.bianchi.com

ビアンキオンラインストア
https://www.bianchi-estore.jp/

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load