BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

R250(アールニーゴーマル)|かゆいところに手が届く人気のツールケース&タフな輪行バッグ

自転車パーツの通販サイトといえばワールドサイクル。そのワールドサイクルがオリジナルブランドとして展開するのが「R250(アールニーゴーマル)」だ。サイクリストの需要を的確に満たしながら、価格面でも懐に優しい。今回紹介するのは、サイクリング時に携行したいふたつのアイテムだ。

携帯ポンプも入る大容量のツールケース

長年の人気商品であるカーボン柄ツールケースは、その収納力や利便性を高めるため、他社モデルより長いサイズのものを作成している。「スリムロング」と「スーパースリムロング」、さらに「ファットタイプ」の3種類がある。いずれのモデルでもパンク修理アイテム&小型の携帯ポンプ両方を収納できる容積になっていて、非常に効率的だ。黒のカーボン柄でどのバイクにもマッチしやすく、サイクリングの際には必ずボトルケージに入れておきたい一品だ。

R250 ツールケーススリムロングカーボン柄

2037円(税抜)
サイズ:225×75 ~ 70mm
カラー:ブラック、レッド、ブルー、チェレステ
重量:95g

携帯ポンプやチューブ、携帯工具などのアイテムが収納可能。内部ストラップ&ポケット付きで使いやすい。

 

 

ジッパー部分のカラー違いバージョンも展開する。自転車のカラーと合わせて選択可能。内部の構造は同じ。

R250 ツールケーススーパースリムロングカーボン柄

2300円(税抜)
サイズ:260×75 ~ 70mm
カラー:ブラック、レッド
重量:145g
付属品:調整可能な仕切り×3

 

また、同シリーズにおいては「ツールケースファットタイプカーボン柄」も展開。スリムよりも外周が長くなった大容量タイプだ。「スーパースリム」と同じ縦幅ながら、さらに多くの荷物が収納できる。通常のボトルケージには収まらないが、3.5インチ径対応のケージにフィットする。

R250 ツールケースファットタイプカーボン柄

3000円(税抜)
サイズ:260×92mm
カラー:ブラック
重量:190g
付属品:調整可能な仕切り×3

初のグラベル専用輪行袋、余裕があるから収納がラク

いっぽうR250のアイテムは、その発想力とオリジナリティーを生かした秀逸さで知られる。そんなR250が最先端グラベルロードバイク用として、ロードバイク用サイズよりひとまわり大きな輪行袋を作成。42Tまで対応するスプロケットカバーやディスクブレーキ用のローターカバーなど、専用規格に応じた付属品を同梱している。もちろんスルーアクスルのエンドに対応するためのパーツも展開し、かゆいところに手が届くタフな輪行バッグとなっている。

グラベルロードに最適化したビッグ&タフな輪行バッグ
「R250 グラベルバイク用縦型軽量輪行袋 ブラック」

上部をヒモで絞るタイプの輪行袋。通常モデルよりもひとまわり大きい。内部にはサドルとリアディレイラーの接触箇所を図で指示している。

グラベルバイク=ディスクブレーキ搭載なので、エンド金具とダミーローターを付属させたバージョンを8000円(税抜)で販売している。

R250 グラベルバイク用縦型軽量輪行袋 ブラック

5700円(税抜)
展開サイズ:1200×1000×300mm
収納サイズ:190×80×80mm
付属品:カバー(フレーム用、スプロケット用、ローター用)
重量:約382g

 

問:ワールドサイクル
www.worldcycle.co.jp

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load