BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

赤牛グルメも楽しめる!電動MTBで阿蘇山火口まで上ってみた|阿蘇Day2

九州・阿蘇山では、火口までのヒルクラㇺをレンタルeMTB(オフロードを走れるスポーツタイプの電動アシストマウンテンバイク)で上れる。「eMTB」ならば体力に自信がなくても阿蘇山の火口まで走れるだけじゃない、内牧温泉や阿蘇神社の門前街などの観光地も自分の脚で巡ることもできる。自転車で動けばお腹も空いてくるので、赤牛丼をはじめ、阿蘇のグルメもさらに楽しめる。

今回はバイシクルクラブ編集部員モチが2日間で体験してきた阿蘇eMTBツアーのうちDay2、「火口&街中ライド」の様子をお伝えしよう。

Day1の「草原ツアー」の様子はこちらから↓
https://funq.jp/bicycle-club/article/662696/

中岳火口まで約17kmのアースライド

「道の駅阿蘇」には専用の無料駐車場があるのでクルマで行ってもよし、さらにJR豊肥本線、阿蘇駅に隣接しているのでアクセスも便利だ。

eMTBを「道の駅阿蘇」で借りるところからスタート。中岳火口までは約17㎞。獲得標高は約700mもある。ずっと上りのルートでもeMTBならスイスイと上れる。杉林、放牧中の牛、牧草地など景色がどんどん変化していき、あっという間に山頂に着いてしまう。これは楽々!

阿蘇山は阿蘇五岳(根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳)を中心に外輪山や火口原を含めた総称として使われる名称。現在も活動している火山であり、中岳を頂上ではダイナミックな火口が見られる。

ガスの濃度や風向きによって、天気がいい日でも立ち入り禁止になるので、火口を見れるのは1年に120日くらいだそう。夏に来たときには見られなかったので、今回は火口が見れてラッキー!

帰りは、阿蘇山からのダウンヒルだ。寒くなるので防寒具をお忘れなく!!

左上/火口はかなり硫黄臭が強い 左下/万が一のときのための避難場所らしい 右/火口近くは風が強く、濃い青空にモクモクとあがる煙に、地球の生命力を感じる

内牧温泉ではお湯巡り、そして赤牛丼を堪能しよう

阿蘇山から下ってきたら、麓の観光地をめぐる。道の駅阿蘇近くには観光地もいっぱいだ。今回は内牧温泉、阿蘇神社参りとその門前町などが近くにあるので、eMTBで散策してみよう。

火山の恵みを受けた温泉地「内牧温泉」

世界最大級のカルデラである「阿蘇カルデラ」。カルデラとは火山活動によって、陥没し、窪地になっている地形のこと。阿蘇カルデラは南北約25km、東西約18㎞、外周約100kmで、古くから人が住み(現在は人口5万人もいる!)、火山の恩恵を受けてきた。温泉もそのひとつで、阿蘇には約600の源泉があり、内牧温泉はそのうち130の源泉をもつ。

内牧温泉では気軽で安価に入れる「町湯」めぐりが人気だ。がね政は立ち寄り湯のほか、割烹料理も食べられる。

割烹がね政
熊本県阿蘇市内牧186-1
TEL.0967-32-1563

赤牛丼は絶対食べるべき!

内牧温泉にいったら食べておきたいのが「いまきん食堂」の赤牛丼だ。開店前から並んでいる人気店だ。卵黄がトロっと溶け出し、甘辛タレにからむ。食べ進めると、肉味噌をちょっと足し、さらに食が進む。お腹いっぱいでも、もう少し食べたいと思うほど美味しい! おみやげに肉味噌を買うこともできる。

これがいまきんの赤牛丼。

お店がオススメする「すじポン」。ほろほろのスジ肉にポン酢が絶妙にマッチ。

少し離れたところにある待合室。雑誌やゲームもあり、待ち人数を知らせてくれる。

いまきん食堂
熊本県阿蘇市内牧366-2
TEL.0967-32-0031

内牧温泉のプロショップ「Nao’s BASE」

阿蘇サイクリングでサイクリストの心強い味方になってくれるプロショップ。とくに輪行(自転車を専用の袋に入れて公共交通機関に乗せること)をして、訪れたときに困ったことがあれば、頼りになる。

Nao’s BASE
熊本県阿蘇市内牧255-10
TEL.0967-32-5820
https://www.facebook.com/funride.nao/

阿蘇神社お参りと門前街の食べ歩き

道の駅阿蘇から西へ向かえば、阿蘇神社がある。熊本地震で崩壊してしまった阿蘇神社。現在修復中で完成は5年後だという。門前街では食べ歩きができるほか、路地にはサイクルラック、テーブル&チェアがあるので自転車でゆっくり散策しながら、グルメやショッピングができるお勧めのエリアだ。

馬刺し、赤牛などおみやげを買うなら、ココ!

道の駅阿蘇から0.5㎞ほどという近くに、知る人ぞ知る肉の名店「肉屋の軽木(精肉店カルキフーズ)」がある。都内有名店では数倍にもなるという肉が買え、和牛まで馬刺しまでご主人がおいしい食べ方を教えてくれる。ぜひお土産に!

カルキフーズ
阿蘇市黒川1095
TEL.0967-34-0130

番外編 熊本市内では馬刺しも堪能

今回、道の駅阿蘇を起点にサイクリング楽しんだあと、熊本市内にも立ち寄り、さらにグルメを堪能してきた。おススメは馬刺し。時間があればぜひ熊本のグルメも味わおう。

「たけだや」で馬刺しをメインにした懐石。牛ロース、レンコン、カボチャなど熊本県の食材を満喫!

たけだや
熊本市中央区京町1丁目11番24号
TEL.096-352-4501
https://otemoyan.jp/

阿蘇サイクリングの相談やツアー申し込みは
「とことん満喫!阿蘇サイクリング」へ

「火口&街中」ライドへ出かけてみたい!など、阿蘇を走る際にはぜひ道の駅阿蘇に相談してみよう。サイクルプランナーがWEBサイトで阿蘇サイクリングやオリジナルの自転車旅について、無料で相談に乗ってくれる。さらにDay1で紹介した「草原ライド」など有料のガイドツアーやイベント、レンタルサイクルも用意している。

このほか、事前にWEB予約で以下のサービスも利用できる。

  1. クルマで訪れるサイクリスト向け予約無料駐車場のサービス
  2. 輪行利用者向けに荷物預かり券を発行
  3. サイクリスト専用更衣室

道の駅阿蘇
熊本県阿蘇市黒川1440-1
TEL.0967-35-5088

 

詳しくはこちらへ↓
とことん満喫!阿蘇サイクリング
https://www.aso-denku.jp/cycling/

 

SHARE

PROFILE

もち

BiCYCLE CLUB / 編集部員

もち

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

No more pages to load