BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

世界チャンプ、ツール覇者を破るマチュー! グラベル「ストラーデビアンケ」勝利!

3月6日、イタリアトスカーナ地方、シエナで開催された世界最高峰カテゴリーのロードレース、ワールドツアーレース「ストラーデビアンケ」。通称「白い道」と呼ばれる未舗装路を走る184㎞のコースを走った男子エリートではシクロクロス世界チャンピオンのマチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス、オランダ)が世界チャンピオンのジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ、フランス)、そして、2019年のツール・ド・フランスの覇者エガン・ベルナル(イネオス・グレナディアーズ、コロンビア)を抑えて勝利した。

先日ベルギーでのレース「ル・サミン」でエアロロードハンドルバーが折れるアクシデントに遭遇したマチュー。今回はハンドルまわりをCP00010コクピットに変えたエアロロードCFRに乗って優勝した。

トップ集団には世界チャンピオンに歴代ツール覇者という豪華メンバー

PHOTO:LaPresse

レースはシエナからスタートし、シエナに戻ってくる184㎞で行われ、175人のライダーが出走した。

モンテサンテマリーの砂利セクションでファンアールト、昨年の覇者ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィズマ、ベルギー)、アラフィリップ、ベルナル、トーマス・ピドコック(イネオス・グレナディアーズ、イギリス)、ミヒャエル・ゴーグル(ミヒャエル・ゴグル、オーストラリア)、タデイ・ポガチャル(UAEエミレーツ)、クイン・シモンズ(トレック・セガフレード、アメリカ)が先行、その後パンクのため後退したシモンズ、ヤコブ・フルサン(アスタナ・プレミアテック、デンマーク)やペリョ・ビルバオ(バーレーン・ヴィクトリアス、スペイン)、ミヒャエル・ゴーグル(ミヒャエル・ゴグル、オーストラリア)など10人が14秒差で追走する展開となった。

その後170㎞付近でファンデルプールがアタックを仕掛け、これに反応したアラフィリップとベルナルの3人の戦いとなった。

シエナの町に戻り、残り1㎞を切ったカンポ広場への最後の上りでファンデルプールがアラフィリップが仕掛け、ベルナルを圧倒的なパワーで振り切っての勝利、これによりいままで15回あったストラーデビアンケの中で、歴代2番目の若さ、2018年のワウト・ファンアールトに次ぐ、26年と128日で表彰台を獲得した。

マチュー・ファンデルプールのコメント

「ストラーデビアンケは、ポガチャルやベルナルのような強いクライマーを含む非常に多くの優秀なライダーがいるので、勝つのが最も難しいレースのひとつです。ここまで総合系のライダーを含む、多くのチャンピオンがワンデイレースの勝利を目指すことはありません。今日は自信を持って走れ、かなり気分がいいですね。難しいセクションがあることを私は知っていたので、最後に向けエネルギーを節約し、適切な瞬間を待つように努めました。チームとして、今日私たちは自分たちがどれほど優れているかを示すことができました。私はチームメイトに大きな自信を持っています。チームメイトがレースの重要な瞬間に私を正しい場所に連れて行ってくれると信頼していました。来週はティレーノ~アドリアティコを走ります。ミラノ〜サンレモに向けてコンディションを整えながら、ステージを狙うかもしれません」

ジュリアン・アラフィリップのコメント

「私は最善を尽くし、後悔はありません。私は勝利のために戦ったが、マチューが最強だった。ラスト約20kmで加速すると、マシューとファンアールトの差に気づきました。私の調子はそれほど悪くなかったので、集中し続けましたが、最後の上りでは、マチューが明らかに強かった。私の次の目標は、ティレーノ~アドリアティコでステージを勝ち取ることです」

エガン・ベルナルのコメント

「正直なところ、私はワンデイレースのスペシャリストではないので、トップ3に入れたことは少し驚きです。ファンデルプールと世界チャンピオンのアラフィリップと一緒に表彰台に立てたことは、私にとって名誉なことです。それは私に次の目標へのモチベーションになり、自信を与えてくれます。ピドコックと私は独走するには難しすぎたので、集団にとどまろうとしました。でも、マチュー、ファンアールト、それにチームUAEエミレーツのライダーは本当に強かった。フィナーレはただついていくのが精一杯でした」

リザルト
ストラーデビアンケ 男子エリート 184㎞ 平均速度39.361㎞/h

1 マチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス、オランダ)4:40’29’’
2 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ、フランス)+ 0’05”
3 エガン・ベルナル(イネオス・グレナディアーズ、コロンビア)+ 0’20”
4 ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィズマ、ベルギー)+ 0’50”
5 トーマス・ピドコック(イネオス・グレナディアーズ、イギリス)+ 0’54”
6 ミヒャエル・ゴーグル(ミヒャエル・ゴグル、オーストラリア)+ 0’54”
7 タデイ・ポガチャル(UAEエミレーツ)+ 0’54”

 

レース公式WEBサイト
https://www.strade-bianche.it/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load