BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

石畳の狭いコースを走るベルギーのクラシックレースで與那嶺恵理70位で完走

オランダを中心に活動している、東京五輪自転車競技ロードレース日本代表候補で、現日本チャンピオンの與那嶺恵理(よなみねえり、チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク)が3月14日現地時間、ベルギーで開催されたGPウーティンゲン(UCI1.2)に出場し70位でフィニッシュ、チームメイトのクリステン・フォークナーが4位に入賞する活躍をみせた。

コースは石畳やキツイ上りのある、まさにベルギーのクラシックらしいコースを走る難コースだ。與那嶺はこの3月21日にイタリアで開催されるワールドツアー「トロフェオ・ビンダ」を控えており、それに向けてのトレーニングレースだ。

ここでは與那嶺自身のレポートをお伝えする。

レースが面白くなってきました!
クリステンが4位! むっちゃ強い!

ストラーダビアンケが終わり、中7日目。本当はちょっと休みたかったけど、武井享介(TK)コーチが

「このレースは絶対に出た方が良い、まだレース感が戻ってないし、強度もトップレベルの適応に至ってないから」

ということで、ベルギークラシックの日曜日となりました。

コースは12kmを10周回。細く重く硬い路面、深い石畳、きつい登り、何より道が狭い。これぞベルギーローカルUCIレース。

レースの動画はこちらからどうぞ。ここに170名のライダーが毎周回、突入します。

 

作戦は私は中盤以降の決まる逃げに乗ること。前待ち。自分のコンディションにまだちょっと自信がない。

ナショナルチャンピオンは最前列スタート

UCI2クラスなので選手もたくさん。170名でスタートしました。

最初から位置取りが大変。チームである程度はまとまって、けど他のチームもどんどん入ってくる。落ち着かないまま1、2周とレースは進みます。

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load