BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ポガチャルがティレーノ~アドリアティコ総合優勝 最終ステージはファンアールト勝利

ティレニア海とアドリア海「2つの海をつなぐレース」ティレーノ~アドリアティコ(UCIワールドツアー)は、現地3月16日に行われた最終の第7ステージをもって閉幕。この日は10.1kmの個人タイムトライアルが実施され、ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)が最速タイムをマークしステージ優勝。そして、個人総合争いは首位でスタートしたタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)が危なげない走りでトップを守り、リーダージャージを堅守。第56回大会の王者となった。

ファンアールトが平均スピード54.595kmで走破

大会最終日は、近年恒例となっているアドリア海沿いのサン・ベネデット・デル・トロントでの10.1km個人タイムトライアル。途中テクニカルなコーナーも待ち受けるが、オールフラットで高速での勝負となり、スペシャリストたちが上位を占めることが多い。

実際、今回もタイムトライアルを得意とする選手たちが好走した。トップタイムをマークした選手が座るホットシートを長く温めたのは、シュテファン・キュング(スイス、グルパマ・エフデジ)。この種目のヨーロッパチャンピオンが11分12秒で走破し、残る選手たちのタイムを待つことに。

キュングの後にコースへと繰り出したのは、このステージの優勝候補筆頭と見られたフィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)。期待に違わない走りで飛ばしたが、後半にペースを落とし、キュングからは5秒遅れ。このところタイムトライアルで無敵だった男が、久々に優勝を逃す格好となった。

個人総合上位陣が出走してからもキュングのトップは変わらなかったが、同2位でポイント賞では首位のファンアールトが意地を見せた。スタートからキュングとほぼ同じペースを刻み続け、中間計測ポイントではトップタイムを1秒上回る。さらに後半にかけてスピードアップを図ると、最後は6秒更新して1番時計。第1ステージに続くステージ優勝を決定的にした。

最終走者のポガチャルもまずまずのペースで走り切り、ファンアールトには届かなかったものの、4番目のタイムでフィニッシュへ。前日までに十分なリードを得ていたこともあり、ティレーノ~アドリアティコ初優勝を確定させた。

個人総合成績はポガチャルに続き、ファンアールトが2位、ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)が3位と続いた。

個人総合優勝 タデイ・ポガチャル コメント

「今年最初の目標であったUAEツアーから大きな希望をもってシーズンに入っていた。その時からここまで好調を持続できていた。この大会を勝つことのプレッシャーを感じていたが、それが自分自身を鼓舞するものとなった」

個人総合2位・ポイント賞 ワウト・ファンアールト コメント

「このステージ優勝は、この先続くシーズンへの自信になる。個人タイムトライアルに向けては、バイクの装備を変更して臨んでいた。昨日のステージでエネルギーを温存することができていたし、今大会でのパフォーマンス的にも、長いトレーニング期間を経て最高の仕上がりに近づきつつある。今回はできる限りのことをしたいと思っていたし、結果としてツール・ド・フランス王者(ポガチャル)に負けただけで、個人総合2位という結果には満足している。次の目標であるミラノ~サンレモに向けては、回復が最重要になる」

個人総合3位 ミケル・ランダ コメント

「過去にツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアで最終日の個人タイムトライアルで総合表彰台を逃したことがあるので、今日は個人総合3位を守ることができてうれしい。大会開幕前にスタートリストを見たときに、総合系ライダーが20人近くいることを把握していたので、3位という最終成績はとても良い結果であり、この先に向けても自信になる」

ティレーノ~アドリアティコ2021 第7ステージ(10km)リザルト

1 ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) 11分6秒
2 シュテファン・キュング(スイス、グルパマ・エフデジ) +6秒
3 フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアーズ) +11秒

 

個人総合時間賞

1 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 26時間36分17秒
2 ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) +1分3秒
3 ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス) +3分57秒

各賞ライダー

マリアアッズーラ(個人総合時間賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)

マリアチクラミーノ(ポイント賞)

ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)

マリアヴェルデ(山岳賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)

マリアビアンカ(ヤングライダー賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ

 

大会WEBサイト
https://www.tirrenoadriatico.it/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load