BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サイクリングの補食用にカステラ! 文明堂からスポーツ向け「V!カステラ」販売

カステラの老舗、文明堂東京からプロアスリートも認める補給用カステラ「V!カステラ」が販売される。サイクリングの際にも食べやすいバータイプになっている。以下、プレスリリースより。

プロアスリートも認める補食用カステラ! 5月6日からWEBサイトにて先行販売開始

エネルギー補給、集中力向上や疲労回復の促進などを目的に、運動の前後に用いられる補食。カステラも消化の良さや短時間でエネルギー補給できることから補食の候補として挙がることがありました。文明堂では補食としてのカステラの可能性に着目し、本商品を開発致しました。

「V!カステラ」は、「栄養成分はそのまま、バータイプで持ち運びやすく手軽に召し上がれる」新しいタイプの補給食

「カステラを食べることでVitality(元気・持久力)が湧き、掲げた目標にVictory(勝利)していただくことを目指し、カステラを補給しやすい形状にVariable(変容する)させる。」という使命のもと作られたV!カステラは、1本約150㎉、カステラと同じシンプルな原材料のみを使用した、ぎゅっとしっとり感を閉じこめた新食感。スポーツを愛するみなさまのトレーニングの一助を担えれば幸いです。

カステラを補食として活用している
パラカヌー日本代表 瀬立モニカさんコメント

カステラの補食としてのメリットは、卵や砂糖、小麦粉などのシンプルな原材料で作られていること。さらにV!カステラは、片手で簡単に簡単に開けられて、いつでもどこでも食べやすいのが良い点です。アスリートの人たちの補食として、勝利につながる一つの武器として普及していくことを期待しています!

私もこのV!カステラを食べて、大会でも優勝できるように頑張ります!

瀬立モニカ

1997年生まれ、東京都江東区出身、江東区カヌー協会所属の日本を代表するパラカヌー選手。リオ2016パラリンピック女子カヤックシングル8位入賞の実績を持ち、東京2020パラリンピックでも世界に挑むアスリート。

瀬立モニカオフィシャルサイトSeryu Monika Official Site
https://monikaseryu.com

ポイント

・手軽に持ち運べるバータイプ

バッグやウェアのポケットに収まり、開けてすぐに食べられる、コンパクトなフォルム

・1本150㎉(推定値)

糖質・脂質・たんぱく質のバランスが良く、おにぎり1個分のカロリーが摂取可能
150㎉を高糖質・高たんぱくなカステラから!

・カステラ同様 消化は◎

炭水化物が多く、脂質・食物繊維が少なく消化吸収が早いため、おいしいをすぐ力に

利用シーン

​持ち運び便利なV!カステラは、場所を選ばず様々なシーンでお楽しみいただけます。

ランニングやハイキングなどのスポーツシーンはもちろん、ビジネスバッグに忍ばせて小腹が空いたときのエネルギーチャージにもおすすめです。

商品詳細

「V!カステラ」1ケース10本入 税込価格2,000円(本体価格1,851円)

栄養成分(1本当たりの推定値)

熱量150㎉、たんぱく質3.2g、脂質2.5g、炭水化物28.4g、食塩相当量0.1g

原材料

鶏卵、砂糖、小麦粉、水あめ、蜂蜜

賞味期限

商品お届けから3週間前後

購入方法

2021年5月6日(木)より、文明堂東京オンラインショップ特設ページにて販売開始

 

V!カステラ商品ページ
https://www.bunmeido.co.jp/c/v-castella.php

 

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load