BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フリーライドやトライアルで活躍!ニンジャライダー、西窪友海がキャニオンCLLCTVに新加入

日本を代表するストリートトライアル・フリーライドのパイオニア、西窪友海(にしくぼ ともみ)が、キャニオンCLLCTV(コレクティブ)に新加入した。キャニオンCLLCTVは、ダウンヒル、トレイル、エンデューロ、フリーライド、トライアル、あらゆるジャンルのマウンテンバイカーが集まり、お互いに団結し、サポートし、刺激しあうコミュニティだ。以下、プレスリリースより。

西窪友海がキャニオンCLLCTV(コレクティブ)に新加入

Copyright: Canyon Bicycles, Naoki Morita

圧倒的なバイクハンドリング、人を惹きつけるポジティブさ、動画のストーリーのユニークさ、ライディングの魅せ方に非凡なアイデアを持つ西窪友海(にしくぼ ともみ)。フリーライドやトライアルシーンで、今や世界から注目の的となっている新進気鋭のライダーです。YouTubeでの「Ride to Survive」や「Chase Her」などのプロジェクトは何百万人もの人々に視聴され、西窪友海はまさに“ニンジャライダー” としての地位を確立しています。このような大きな才能をキャニオンCLLCTV(コレクティブ)に迎えることができ、これ以上の喜びはありません。

キャニオンのプロトタイプ・トライアルバイクを乗りこなし、そのポテンシャルを引き出す西窪友海。Copyright: Canyon Bicycles, Naoki Morita

キャニオンCLLCTVとは?

キャニオンCLLCTVは、ダウンヒル、トレイル、エンデューロ、フリーライド、トライアル、あらゆるジャンルのマウンテンバイカーが集まり、お互いに団結し、サポートし、刺激しあうコミュニティです。CLLCTVはマウンテンバイクでハードなライディングを魅せる、ライディングスタイルを体現しています。

所属プロライダー

トロイ・ブロスナン(ダウンヒル)
ターニー・シーグレイブ(ダウンヒル)
カオス・シーグレイブ(ダウンヒル)
カイ・エイハーン(ダウンヒル)
ファビアン・バレル(ダウンヒル)
ジャック・モイア(エンデューロ)
ディミトリ・トルド(エンデューロ)
アイネス・トマ(エンデューロ)
トマ・ジェノン(フリーライド)
トマ・ルモワンヌ(フリーライド)
ファビオ・ウィブマー(ストリートトライアル・フリーライド)
ガブリエル・ウィブマー(ストリートトライアル・フリーライド)
西窪友海(ストリートトライアル・フリーライド)

 

西窪友海は、日本のナショナルトライアルチャンピオンに2度(2016, 2017)輝いています。しかし彼が最初のデモリールを編集した2010年当時からすでに、彼のストリートトライアルへの情熱は明らかでした。トライアルという競技の枠を超えて、マウンテンバイクの可能性の限界を超えることに挑戦する、そのことが自身の大きなモチベーションとなっていたのです。ここ数年、西窪友海は自分の限界を探り続け、ライディングを新たなレベルに引き上げてきたが、2021年に向けてもその勢いは全く衰えていません。キャニオンのトライアルバイクのプロトタイプに加えて、スペクトラル(トレイルバイク)、トルク(フリーライドバイク)、センダー(ダウンヒルバイク)などのプラットフォームを有効活用するという、とんでもない計画がすでに進行中です。これらのプロジェクトが実現し、YouTubeで公開される日を心待ちにしています。

その活躍のフィールドは、ストリートトライアルだけにとどまりません。キャニオンのトレイルバイクやグラビティバイクでも、トリックを披露してくれるでしょう。 Copyright: Canyon Bicycles, Naoki Morita

自身のライディングを進化させるだけでなく、西窪友海は日本のストリートトライアルコミュニティの発展にも尽力しています。ライダー同士を結びつけ、新しいライダーをこのスポーツに招き入れることは、まさに素晴らしいことであり、マウンテンバイクの未来をより輝かせるための西窪友海のコミットメントを示しています。

キャニオンと西窪友海は、すでに最初のコラボレーションを成し遂げています。彼とアイデアを出し合って作り上げた、カスタムデザインをご覧ください(彼が小学生以来となる、書道のスキルを発揮したのです!)。ヘッドチューブのダイナミックな運筆による○字は、自筆によるもの。○は円、縁、合格と良い縁起の象徴。ダウンチューブ左側にはキャニオン初の試みとして、カタカナのロゴを配置。仕上げにフォークの肩には、自筆による西窪友海の名を記しています。

キャニオンと西窪友海は、カスタムペイントを創り上げる過程を共に楽しみました。 Copyright: Canyon Bicycles, Naoki Morita
カスタムペイントにライダーの名前を刻むのは定石。それが自らの筆によるものならば、この上なくクール!と言うものです。 Copyright: Canyon Bicycles, Naoki Morita

2021年をスタートとして、今後も長くこのパートナーシップを継続していきたいと思います。ようこそ、キャニオンファミリーへ!

“ニンジャライダー” 西窪友海のコメント

「キャニオンコレクティブの一員になれて最高に嬉しいです!キャニオンは憧れのブランドです。彼らのバイクは非常に洗練されていてかつ機能的で革新的です。そしてチームには世界中の素晴らしいライダーがたくさんいます。今年、すでに次の映像プロジェクトのアイデアは決まっているので、それを新しいバイクで撮影するのが待ちきれません。」

西窪友海ソーシャルアカウント
youtube
Instagram

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load