BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

JCL広島戦、ベテラン佐野淳哉がケガから復帰、テレビカメラに向かってアピールを期待

7月10日、11日に広島でジャパンサイクルリーグ(JCL)のシリーズ戦「三菱地所JCLプロロードレースツアー」の第3戦・第4戦が開催される。ここで注目はベテラン3選手、佐野淳也選手(レバンテフジ静岡)、阿部崇之選手(宇都宮ブリッツェン)、中島康晴選手(キナンサイクリングチーム)がJCLシリーズに初参戦することだ。そのひとり佐野選手は2021年3月、JCL開幕直前に練習中の落車で、鎖骨などを骨折し、戦線離脱していた。ここではその佐野選手にシーズン半ばでのレース復帰戦について聞いてみた。

テレビカメラに向かってアピールしたいですね

JCLを観戦してみたいかがでしたか?

JCLの開幕戦、ライブ配信は評判よかったですね。各チームの選手の人数は少ないながらも、レースらしい展開ができていたので、早く自分も参加したいと思いながら見ていました。各チームの人数が揃ったことで、いままで上がってこれなかったチームが積極的な動きを見せたところがあり、それはいいところだと思います。宇都宮2戦は緩い起伏があるだけのフラットなコースだったので、レースが決まるまでは積極的に動くレース展開になるのかなと思っていました。ただ、今回アップダウンのある広島では状況が違ってくると思っています。

テレビカメラについてどう思いますか?

いままで日本で本格的にテレビカメラが入るのはツアー・オブ・ジャパン(TOJ)とツール・ド・北海道、あとはツール・ド・おきなわくらいでした。選手にとってテレビカメラが入ると発奮材料になるので、力になります。海外だと、選手たちは余裕があるときならカメラに向かってアクションしますよね。まあ、僕はそこまで交流がうまいタイプだったわけじゃありませんが(笑)。日本だとそういうことすると「真面目にやれ!」って思われちゃうかもしれません。でも、できるならカメラからの呼びかけには答えていきたいと思います。

レースでは鈴木龍をどこまでアシストできるかがカギ

骨折からの復帰、思ったより長くかかってしまった

まだ、鎖骨にプレートを入れてますが、これ以上やることはないので大丈夫です(笑)。折れた場所がよくなかったんです。鎖骨は2つに折れただけなんですが、遠位端が折れてしまったのと、他にも折れてしまっていたところがあり、思った以上に時間がかかりました。TOJ(ツアー・オブ・ジャパン)は出られればよかったんですが、医師からは再び落車した際のリスクがあるとのことでドクターストップがかかり、断念しました。ただし、トレーニングはかなり早くからしています。

ロードレースではどんな展開を予想されていますか?

この時期の広島は暑さもあり厳しいコース、消耗戦になり難しいレースになると思っています。昔は僕も広島のコースが得意だったんですけど、年々体重増加してきてよろしくないなと思っています。広島は強かったらガンガン前に行けるコースだと思いますし、調子が悪いと後ろに下がって終わってしまうコースです。できるだけ前々の展開をしたいですね。

鈴木龍選手とのはじめてのレースですが、どう考えていますか?

鈴木龍選手とは練習では何度か一緒に走っていますが、レースでは初めて一緒のチームで走ります。普段の実力からするとチーム内では彼が一番強いので、彼が狙いやすいような形になればいいと思います。ただし、いまのうちのチームの実力からして、どこまでアシストできるかが課題です。

2日目のクリテリウムについては?

クリテリウムのコースはいままで数回走ったことがありますが、気温がポイントでしょう。気温が高くなるとオールアウトしていく選手がでてくる思います。クリテリウムでは僕がスプリントになる展開を待つことはないので、そうなる前にまわりをどれだけ疲弊させるかが僕の役割です。もし、スプリントになればチームの隊列引き連れて前に上がるのが僕の仕事だと思っています。

 

佐野淳哉

1982年1月9日、静岡県生まれ。身長178cm、日本のみならず、イタリアでも活躍した経験をもつルーラー。体重83kgという大きな体を生かした独走を得意とする。ニックネーム「インザスカイ サノ」としてSNSでも人気。おもな戦績、2014年  全日本選手権ロード優勝、2017年 ツール・ド・おきなわ 優勝、2018年 全日本選手権ロード2位など。

三菱地所JCLプロロードレースツアー 公式ウェブサイト
https://jcleague.jp/

レバンテフジ静岡
https://www.levantefuji.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load