BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ANCHOR・RP9【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

PAGE
2 / 3

TECHNOLOGY

アンカーがトラックバイクで培った最新技術をベースに開発されたRP9。
独自のプロフォーマット開発プロセスとともに、最新鋭のテクノロジーが凝縮される。
その各部をチェックしていく

国内開発を貫いたアンカーの挑戦。沈黙を破り、堂々誕生!

ケーブルのフル内装化を果たし、ディスクブレーキを搭載。カムテール形状のエアロチューブを採用し、エアロダイナミクス性能を強化。大きく変貌を遂げた新型モデルだが、ペダルを踏んだ力をムダなく前へ「進む力」に変える解析技術プロフォーマット(推進力最大化解析技術)は、基本開発技術として継承される。

RP9は、世界を制したトラックバイク開発を通じ、この技術に磨きをかけ、各要素を競技特性に合わせ高次元でバランスさせ誕生した。名の由来は、Propulsive(推進する)にある。

コンピューターシミュレーションから最適形状を定め、それをもとに埼玉県の上尾工場に設置されたカーボンラボで試作。その後、国内の風洞実験施設での計測と、チームブリヂストンサイクリングの選手からのインプレ評価も加味して形にしていく。

オートクレーブ窯でのフレーム形成から計測までのプロセスを早められる自社開発で、試作のサイクルを増やして理想を追求した。

RP9では空力性能の向上を掲げ、重量と剛性のバランスに空力性能を意識。カムテール形状に加え、高性能な東レのT1100カーボンを採用し、前作から大幅な空力改善を実現しつつ、軽さと剛性の強化に成功。その結果、前作RS9sよりも、フレームセットで30g軽量化し、空力性能も大幅な改善を果たしている。

01 プロフォーマットで開発された初の本格派エアロロード

プロフォーマットにより開発。トラックバイクの開発プロセスをベースに、CFDと風洞実験による空力解析と積層FEMシミュレーションを用いて設計。アンカーラボのオートクレーブ窯で成型し試作を繰り返した

02 T1100カーボンの採用とディスクブレーキの実装

アンカーのレーシングライン初となるディスクブレーキ専用設計。ハイパワーに耐えうる高剛性かつ軽量な東レT1100カーボンを採用し、チームブリヂストンサイクリングの選手からの要望も多かった軽くて反応性のいいフィーリングを実現した。また、ディスクブレーキ化と空力性能の追求で増加傾向にある重量課題も解消する

03 エアロコクピットを形成するケーブル内装の専用ステム

ステムとシームレスなコラムスペーサーはケーブルを内装する独自設計。コラムスペーサーの抜き差しも容易でメンテナンス性を考慮。デュラエース完成車仕様にはイーストンのカーボンエアロハンドルEC70を装備

04 カムテール形状を採用し空力、軽さ、剛性バランスを追求

最先端のカムテール形状を各所に採用。対RS9s比でヨー角±0度風洞実験において約20W、±20度実測値で約25ワットの大幅改善を果たし、250Wで5km走行時に約14秒のタイム短縮を達成することに成功した

05 推進力を最大化する左右剛性を整えたコンパクトなリア設計

インプレライダーによる官能評価も検証しながら最適化。左右ペダリングフィールを整えるため、リアセクションの変形量を調整。クランク内側に装着のパワーメーターとタイヤの関係で右チェーンステーが細くなるため、左チェーンステーを太く設計。BBにはPF86を採用するが、剛性確保のためチェーンステーを大径化させるのが目的

06 DTスイス製ホイールと新型コンポーネントを搭載

RP9は電動変速とディスクブレーキ専用設計。新型デュラエースDi2、アルテグラDi2と時期を同じく発表されたRP9。完成車仕様にはそれぞれのコンポーネントを実装。また、ホイールにはDTスイスがアッセンブルされ、デュラ完成車にはARC1100ダイカット50を標準装備

 

100km IMPRESSION

待望のフルモデルチェンジを果たし、完全なる最新鋭のレーシングモデルへと生まれ変わった「RP9」。
新世代をになうレーシングモデルの実力をさまざまなシチュエーションで乗り込みながらインプレッションする。

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load