BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

シマノの信頼性を再認識、雨のなかを走った結果多くのアドバンテージを見つけた!|植竹海貴

新型デュラエースをスペシャリストが独自の目線で語る。今回は、Jフェミニンツアーでリーダージャージを着用する女子ロードレース界の実力者、植竹海貴選手が、実際にデュラエースを搭載したバイクに試乗。雨の試乗で感じたシマノへの信頼と女性レーサーならではの着眼点に注目!

女性の手でも握りやすい新型のSTIレバー!

レバーブラケットの握りを確認する植竹さん。グリップ力や指のかけ方、ポジションとの兼ね合いなどさまざまな点からチェックしてくれた

レバーブラケットの握り心地がすごく良くなったと思います。これまで油圧のSTIレバーブラケットは内側がふくらみがちでしたたが、今回は外側にふくらんでいるおかげで手の平のフィット感が増して握りやすさにつながっていますね。ブラケット下部には中指、薬指、小指の三本が余裕をもって入れられる幅があって、それぞれの指先まで力が入れやすいです。また、STIレバー自体が少し内側に入っているため、ヒジをハンドルに乗せたエアロポジションでも握りやすいです。

こうしたエアロポジションは上体が前乗りになってペダルに加重がしやすいんです。私もよくとるポジションなので、握りやすいのはありがたいです。R9100シリーズのSTIレバーを無理やり内側に傾けてセッティングしているプロ選手もいましたけど、私の好きなスタイルではありません。でもこれならかっこいい(笑)。

私の使用しているリムブレーキ用のSTIレバーよりは少し太くなっていますが、油圧ディスクブレーキレバーとして「太くて握りづらい」ということはないです。

握りやすくなったデュアルコントロールレバー。やや内向きになっているのが正しい状態

12速化のメリットはギヤ比とフロント変速

次に12速になったスプロケットについて。今はフロント52-36Tでスプロケットは11-28Tを使っているのですが、新型デュラエースのスプロケットならここに30Tが増えています。そのため、ほとんど今までどおりのフィーリングで+1枚された状態。このおかげでフロントをインナーに落とすことなく、アウターのまま坂をかけ上がれます。「フロントからチェーンを落とす手間が発生しない」というのがレーサー視点でのアドバンテージです。フロントが大きいほうがトルクをかけやすいので。私にとって12速化した最大のメリットはここですね。

小型化されたフロントディレイラーの変速の速さを絶賛

それとすごくわかりやすい点としてフロントディレイラーの変速が速くなりました。シフトアップもシフトダウンも両方です! フロントメカ本体の動きそのものがよくなった感じです。「ガチャン!」から「カチャ!」でした。それにフロントディレイラーもリアディレイラーも見た目がかっこよくなりましたね。メカメカしい感じが好きです! 正直に言うと、リアの変速速度については特別速くなったという感じはなかったのですが、ワイヤレスになっても変速性能が落ちていないのはさすがシマノですね。今使っているデュラエースと変わらずにスムーズだな、という感想です。わざとフロント&リアで同時に変速したり、スプリントしながら変速してもスムーズでした。そういった点も高評価です。

すべての要素にプラスがあり、シマノの信頼性が光る

あいにくの天気だったが、それでもデュラエースの性能を感じつつ楽しんでテストしてくれた植竹選手。悪条件のなかでもその高い機能性が確認できたとのこと

今回のテストライドは天候に恵まれず雨のなかですることになってしまいしたが(笑)、おかげで雨天時のレバーの握り心地、変速のスムーズさ、ディスクブレーキの効きのよさ、防水性などたくさんのプラス評価ポイントが見つかりました。今機械式やリムブレーキのデュラエースを使っている人に対して、「雨の日も問題なく使えますよ。乗り換えにも不安はないですよ」と伝えられそうです。

これまでの11速コンポーネントと互換性がないのは一部のユーザーにとっては残念かもしれません。これは仕方のないことですね。でも現状の11速用ホイールに12速のスプロケットが使えるのは純粋にうれしいですね。今までのホイールが使えなくなるのは私も困るので(笑)。そして価格についても。デュラエースは最高峰の電動コンポーネントですが、他ブランドの最上位電動コンポと比較すると価格は控えめだと思います。

植竹海貴さんが注目したパーツはこちら

フロントディレイラー
FD-R9250

4万9550円

SPEC.
■対応アウターチェーンリング:46-55T ■平均重量:96g

 

ディスクブレーキキャリパー
BR-R9270

1万8711円(フロント)/ 1万8249円(リア)

SPEC.
■平均重量:120g(フロント)/ 110g(リア)


▼新型デュラエースの製品情報はこちら

デュラエーススペシャリストの証言、新型コンポ「R9200シリーズ」の真実|SHIMANO

デュラエーススペシャリストの証言、新型コンポ「R9200シリーズ」の真実|SHIMANO

SPONSORED

 

植竹海貴 プロフィール

スポーツサイクル専門店「ワイズロード」新宿本館に勤務している女性レーサー。競技歴わずか3年でJBCFポイントリーダーとなった女子ロードレース界の実力者。

 

問:シマノ自転車お客様相談窓口
TEL.0570-031961
https://bike.shimano.com

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load