BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

関西シクロクロスが開幕! 第1戦 富田林は副島がC1カテゴリーで初勝利

10月31日、関西シクロクロス第1戦 富田林が大阪府富田林市 石川河川公園で開催された。各地でシクロクロスのシリーズ戦が開幕している10月、関西のシリーズである関西シクロクロスの2021-22シーズンが開幕し、全カテゴリー728名のエントリーと大盛況のなか行われた。ここではそのレースレポートをお届けする。

副島達海(Limited Team846)が初めての60分間を制す

カテゴリー1の出走は55名。2週間前に奈良県五條市で行われた五條吉野川シクロクロスでオープン参加ながら60分をトップでゴールした柚木伸元(朝明高校)が今回は40分でのオープン参加。昨年までのジュニアカテゴリーからU23でのエントリーとなった副島達海(Limited Team 846)が後方からスタートを切った。

2週間前の五條吉野川シクロクロスで表彰対象であった腰山雅大(All-City Cycles / 662CCC)、川村 誠(Team36隊)、村田憲治(岩井商会レーシング)を抑え、1周目の前半を終えたのは堀川滉太(NEBcycling)。久しぶりとなったシクロクロスレースだったが、好スタートでリードする。

今回の見どころの一つであるPanaracerポイントのキャンバー区間を終えると、最後列スタートの副島が早くも6番手まで上がってきた。

平地にさまざまなコーナーを組み合わせて形成された1周約2.7kmのコース。午前中のレースでも参加者からの感想は「踏み踏み」で埋め尽くされるパワーコース、U23の副島が同じくU23の堀川に追いついた。

ギャラリーの声援が沸くPanaracerポイント。キャンバーに急斜面の短い上り下りを組みあわせ、テクニカルなセクションだ。滑りやすい急斜面でうまくトルクをかけながら副島がクリア。堀川を置いて、リードを広げていく。

副島がリードを広げ、後方は堀川、川村、村田のパックに。その後方からはオープン参加でジュニアの柚木が迫り、一気に抜いていく。

五條吉野川シクロクロスでも終盤独走で60分を走り切った柚木。優勝の副島には追いつかなかったものの、柚木の最終周回では猛烈な追い上げを見せて副島にプレッシャーを与える走りを見せ、40分の競技時間を終えた。

2位以下を50秒以上突き放し独走を続ける副島。レース後、「伸元が追い上げてきたのがすごく怖くて、伸元がレースを終えてひと安心したところで身体が動かなくなった」とは語っていたものの、Panaracerポイントでも、毎周回力強い走りを見せクリアしていく。

後方パックから堀川が1人先行、川村、村田が堀川を追う形になったものの川村のミスから村田が3番手に。村田曰く、「ラスト2周では脚が攣っていたが、川村くんのミスで助かりました」とライバル関係が続く、川村とのバトルを振り返った。

初めての60分、カテゴリー1でのレースを2位以下に1分以上の差をつけ優勝した副島。

レース後は、「何度か落車もあり、終盤ペースが落ちてしまったが、これからは終盤だんだんとペースが上がるようにレースをしていきたい」と、今季のシクロクロスシーズンへの意気込みを語った。

L1は赤松 綾(Ayabikes)が勝利

カテゴリーL1はチーム体制が変わった赤松 綾(Ayabikes)が、伊藤あすみとの接戦を制した。

C2は、中市昌樹(GSJ-CX)がスプリントで勝利

64名の出走となった大盛況のカテゴリー2。最後、中市昌樹(GSJ-CX)が水谷祐太(シマノドリンキング)との戦いをスプリントで競り勝った。

C3はケガから復帰の和田良平(Team RINGOROAD)

カテゴリー3では、ケガから復帰した和田良平(Team RINGOROAD)が優勝。カテゴリー2への昇格を果たした。

関西シクロクロス、次戦となる第2戦は11月7日に京都府南丹市で行われる。

リザルト 関西シクロクロス第1戦 富田林

カテゴリー1

優勝 副島 達海 Limited Team 846 1:03:01.4

2位 堀川 滉太 NEBcycling +1:03

3位 村田 憲治 岩井商会レーシング +1:07

カテゴリーL1

優勝 赤松 綾 Ayabikes 42:55.7

2位 伊藤 あすみ – +0:12

3位 鵜飼 知春 andmore +1:23

カテゴリー2

優勝 中市 昌樹 GSJ-CX 40:19.4

2位 水谷 祐太 シマノドリンキング +0:00

3位 上中 貴司 ベッキーシクロクロス +0:34

カテゴリー3

優勝 和田 良平 Team RINGOROAD 26:34.4

2位 近藤 晋 チーム大永山 +0:23

3位 大浜 真志 662CCC +0:40

 

大会WEBサイト:関西シクロクロス
https://kansaicross.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load