BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロード乗りも思わず乗りたくなる、ロッキーマウンテンから新型「エレメント」登場!

カナダブランドの「ROCKY MOUNTAIN BICYCLES(ロッキーマウンテンバイシクルズ)」から、2022年最新クロスカントリー用MTBフレーム「エレメント」が登場。同シリーズ歴代でもっとも軽く、さらにシステムも格段に向上させて。上りと下り両方を含むコースで進化を発揮する一台を、新製品発表会が行われたルブリカントアラカワベースからレポートする。

新型エレメント。同モデルを供給される「フカヤレーシング」の竹内遼選手(左)、松本佑太選手(右)とともに

新型エレメントの最大の特徴は、ロッキーマウンテンバイシクルズ独自の機構である「ライド4(フォー)アジャストメントシステム」。アーレンキー1本でシートチューブの角度やサスペンションのポジションを4段階で調整可能。その日のバイクの用途(レースか遊びか)やライドシチュエーション(上りが多いか、下りが多いか)などによって、乗り味を変更できる。

リアショック後部のピボットにアーレンキーを差し込み、アクスル位置を変更できる
中央の四角形を90度ずつ回転してアクスルの位置を変更。サスの可動域やシートステー角度が変わり、ポジションや乗り味を調整できる

またフレームの軽量化も図られ、近年増加するコース傾向(上り下りが複合的かつ困難)に柔軟に対応するスペックを達成。もちろんプロレースで長期使用できるタフネスさも兼ね備え、チューブそのものだけでなく、ピボット部分にも高い剛性と耐久性ももたせている。

小指一本でフレームセットをもつ松本選手。この軽さが上りでの大きなアドバンテージになる

さらにロッキーマウンテンバイシクルズがコンセプトとしているような「レースにも遊びにも一台」を体現するように、ダウンチューブには2カ所のボトルケージ台座を装備。一日を通して山や森を駈け巡る際に「ダブルボトル」あるいは「ボトル&携帯工具バッグ」などの組み合わせで、ライドを楽しめる仕様だ。

ダウンチューブにボトルや工具セット、バッグ収納したウインドブレーカーなどを装着できる

このほかにも、チェーンステー部分には暴れたチェーンがステーに干渉する際、衝撃だけでなくノイズをもキャンセルするよう、波打つデザインのチェーンプロテクションを装備。各種ケーブルやホースの取り回しがスムースになるようフルガイド式の内部構造を採用するなど、小さな点までこだわりを見せる。

ドライブ側のチェーンステーに設けられたノイズキャンセリング機能付きのチェーンプロテクション

すでにエレメントで複数のレースを戦う竹内選手は「これ一台でどんなレース、コースでも対応できる。またリアのディスクブレーキローターに180㎜を採用することで、近年高速化するレースでも微妙なコントロールができる。しかもメカニックがいない海外の現場でも、ライド4アジャストメントシステムのおかげで簡単に調整ができます」とコメント。選手目線で見ても、非常に高いポテンシャルを持っていることを評価した。

ライド4アジャストメントシステムを調整する竹内選手。簡単な操作でセッティングの調整が可能。メカニックなしでカスタムフィットできる
ディスクローター径は180㎜が標準装備。世界のスタンダードとなりつつある規格にしっかり対応している

いっぽうで、これまでロードバイカーだったサイクリストが山林に面白さを見いだし、バイクの「乗り換え」も多く発生している昨今。そうしたMTBのことがよくわからないサイクリストでも、刷新されたエレメントのシステムや性能が、自身のテクニックを補ってくれるのも特徴。ロードで培った体力や脚力を生かしながら新たなフィールドへと漕ぎ出せる。

カナダブランド、ロッキーマウンテンバイシクルズ。今後ショップへの入荷の機会も増えていくことだろう

じつは竹内&松本両選手が所属するフカヤレーシングは、もともとオリジナルフレームでのレース活動を行ってきたが、今期よりロッキーマウンテンバイシクルズブランドの元来の代理店である「A&F」からの機材提供を受けることに。そのつながりからこのエレメントシリーズは2社の併売モデルとなっている。

会場にはロッキーマウンテンバイシクルズのA&F担当柴田さん(中央左)とフカヤの近藤社長(中央右)も同席。同ブランドにおいて新たな繋がりが生まれた

競技や選手を通じて多くのパートナーシップを得たロッキーマウンテン・バイシクルズは、今後ますますレースやショップ、そして日本各地の山々で目にすることが増えていくはずだ。

ロッキーマウンテンバイシクルズ・エレメント カーボン 30

46万9000円(完成車)、39万8000円(フレームセットのみ/フォークなし)

フレーム:カーボン
●コンポ:シマノ・SLX&デオーレミックス ●フォーク:マルゾッキ・Z2フロートエヴォルレール130㎜ ●リアショックサス:フォックス・フロートDPSパフォーマンス ●ホイール:WTB・SLライトi27TCS2.0チューブレス(29er) ●タイヤ:マキシス・レコン2.4WT エクソチューブレスレディ ※撮影モデルと一部パーツ構成異なる

 

問:フカヤ http://fukaya-nagoya.co.jp

A&F https://aandf.co.jp

会場:ルブリカントアラカワベース www.livwiz.jp/lubricant

SHARE

PROFILE

ハマダ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ハマダ

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

No more pages to load